FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

習近平はどうやって権力を集中させたか

 「法治」という言葉は通常「人治」という言葉との対比で用いられる。「人治」は文字通り「人が治める」ということで、権力を持つ者が自分の判断で善悪を判断して、認めたり罰したりする統治方法だ。こういうことが行われれば人は権力者に擦り寄るようになり、賄賂や情実によって結果が左右されることになりがちだ。こういう統治はいい結果に繋がらないということで、「法治」が大切だということになった。すなわち「法治」とは、...

続きを読む

いわゆる「徴用工」問題について、まずまとめておきたいこと

 いわゆる「徴用工」問題についてはいろんな誤解がある。まず、今回の裁判に出てきた4人は、実は徴用工ではなく、好待遇につられてやってきた出稼ぎ労働者だったことだ。本土の若者たちが赤紙による召集で戦地に送られている中、本土では若い労働力が不足していた。この労働力を補うために、朝鮮半島にいた若い労働力が求められたのだ。日本は朝鮮半島の若者を徴兵に取ることをしなかったから、彼らを戦時労働力として本土の工場...

続きを読む

日産ゴーン逮捕に関して

 日産のゴーン会長が逮捕された。会社のお金の様々な経路での私的流用などが指摘されているが、話をそこだけに限定するとスケールの小さな話になってしまうのではないかと思う。 まず注目したいのは、本来ゴーンが負担しなければならない私的費用を日産側に付け回すために、子会社などを経由した特殊な資金経路があったことだ。つまりこれは、マネーロンダリングの案件に該当する話である。他の取締役に対してあてられていた役員...

続きを読む

左翼思想を超えて

 現代において流布している思想潮流の主流派として近代批判という流れがある。ここでいう「近代」とは、封建制度にかわって出現した資本主義社会のことだ。近代になって成立し、封建領主に代わってブルジョワ市民が主人公となっている社会だという意味合いから、「近代市民社会」のように呼ぶこともある。機械制工業が広がり、こうした産業化に伴って都市が拡大し変容し、家族や人間付き合いのあり方も封建社会の時のあり方と大き...

続きを読む

ソ連のみの国益に資する形となった、第二次世界大戦の結果

 これまで見てきたように、ロシア革命後、特に世界大恐慌発生後の1930年代に、日本においてもアメリカにおいても共産主義勢力は政権中枢にまでも深く浸透するようになり、ロシア共産党の思惑がかなりの程度影響力を発揮できる状態となっていた。これは何も政界のみに限られない。官界、軍部、マスコミ、芸能界などあらゆる分野において、共産主義勢力は大きな影響力を行使できるレベルになっていた。 しかも、共産主義は現実の社...

続きを読む

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。