記事一覧

社会の標準的な思想とは

 共産主義者の人たちは、社会の標準的な思想というものを概ね以下のように考えている。 歴史上どの時代でも、物質的支配者の持つ思想こそが、社会を支配する思想となる。支配者階級は物質的生産を掌握しているゆえに、思想の生産も管理することが可能であるはずだ。資本主義においては、中心的なマスメディアはそれ自体が大企業であり、大資本が牛耳るものであるし、マスメディアに広告を載せてマスメディアを儲けさせるのもまた...

続きを読む

唯物論について考える

 自分の頭の中で明確な整理ができているわけではないのだが、これからしばらく左翼批判を整理してみるつもりだ。左翼がどういう存在なのか、なぜ彼らは有害なのか、左翼に対する適切な批判とはどういうものなのかについて、自分の考えているところを述べていきたい。 まずは左翼の本丸の日本共産党が正しいと考えている「唯物論」という哲学について取り上げてみようと思う。ただ、私は唯物論そのものを攻撃することにあまり意義...

続きを読む

あまりに無節操な希望の党

10月6日に希望の党の小池百合子代表は連合の神津会長を表敬訪問し、連合の支援を要請しました。希望の党から連合への支援要請を報じる産経新聞の記事これは連合に対するしがらみを希望の党の側から自ら求めたというべきもので、同党が主張してきた「しがらみのない政治」を自ら否定してみせた事件でした。そして実際、その直後に同日発表した公約・政策集には「外国人参政権に反対」を盛り込みませんでした。この点について記者か...

続きを読む

希望の党と民進党のペテン

 民進党の前原代表は民進党の希望の党への合流に関連して、「希望者は全員希望の党から立候補させたい」と発言し、民進党の常任幹事会及び両院議員総会でこの前原提案は了承されたという。これに対して小池氏は「全員を受け入れるということはさらさらない」と表面上は否定して見せたが、前原氏や民進党側に対する極度の不信感を露わにすることなどは一切なかった。合流の根幹に位置するこんな重大なことについて、二人での話し合...

続きを読む

加計問題によって浮かび上がった岩盤規制の実態

 今回の愛媛県今治市における獣医学部新設をめぐる議論の中で、完全に無視されている大事なことがあります。それは、日本の獣医学教育のレベルが低くて抜本的な改革が必要だということが長年にわたって論じられながら、なかなか進んでこなかったという現実です。 日本の大学では独立した獣医学部は未だに少なく、農学部などの一学科として獣医学科が置かれていることが一般的です。このような軽い扱いでは専門の獣医学教育を充実...

続きを読む

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!