FC2ブログ

記事一覧

香港デモはどう動いていくのか(2)

 香港のデモについて、さらに議論を深めたいと思う。 前回、今回の法改正が実現してしまうと香港での商売が極めてやりにくくなり、香港で商売をする魅力が大幅に低下してしまうことを書いたが、この点について補足しておく。 中国共産党は国内の主要な民間企業に対して、共産党組織を社内に設置し、経営判断は共産党組織の見解を優先することを会社の定款に記載するように指導している。つまり、中国で商売をしようと思ったら、...

続きを読む

香港デモはどう動いていくのか

  香港でおこった大規模デモについて、簡単にまとめてみたい。  2014年に起きた雨傘革命(催涙弾から防御するために、みんなが雨傘を持って対抗したことから名付けられた。選挙制度の変更に反対。)が完全に敗北したことによって、香港の民主化運動は無力感から下火になっていた。今回の香港のデモは香港で捕まった容疑者を中国本土に移送できるようにするというもので、これができると香港で活動している民主化運動のメンバー...

続きを読む

ロシアゲートでのトランプ「シロ」判定を受けて(2)

 時間があいてしまったが、前回に続いてロシアゲート疑惑について扱うことにする。 今回のロシアゲート疑惑については、1)そもそもトランプ側がロシアとの共謀があったのかどうかに加えて、2)トランプ側がモラー特別検察官によって行われる調査に対して捜査妨害(司法妨害)を行なったかどうかが問われていた。そして1)については、ロシアが選挙干渉してきた事実はあったものの、トランプ側と共謀していた事実は認定できな...

続きを読む

ロシアゲートでのトランプ「シロ」判定を受けて

ロシアゲートの発端となったのは「スティール文書」と呼ばれるものだ。イギリス政府諜報機関の元工作員のクリス・スティールによって書かれたので、こう呼ばれる。 この「スティール文書」には、トランプがモスクワのホテルで売春婦との乱交や放尿というバカ騒ぎを行ったと書かれていた。こうした光景をロシア政府機関に記録され、この弱みをネタにトランプはロシアに脅されていたというのである。その結果、トランプはヒラリー・...

続きを読む

習近平はどうやって権力を集中させたか

 「法治」という言葉は通常「人治」という言葉との対比で用いられる。「人治」は文字通り「人が治める」ということで、権力を持つ者が自分の判断で善悪を判断して、認めたり罰したりする統治方法だ。こういうことが行われれば人は権力者に擦り寄るようになり、賄賂や情実によって結果が左右されることになりがちだ。こういう統治はいい結果に繋がらないということで、「法治」が大切だということになった。すなわち「法治」とは、...

続きを読む

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!