記事一覧

EU崩壊が見えてきたモンテ・パスキ問題

 金融機関が破綻した際に、税金を投入するなどして安易に国家などによる救済を図るのはよくないとの批判が高まったことから、最近は「ベイルイン」ということがよく言われるようになりました。「ベイルイン」というのは、破綻した金融機関の株主とか預金者とかに泣いてもらって金融機関の救済を図るというものです。金融機関の利害関係者=内側にいる人たちの負担で救済を図ることから、「ベイルイン」というわけです。なお、これ...

続きを読む

中国の実際の外貨準備は危機ラインに達している可能性大

 米司法省から最高で140億ドル(1兆4000億円)に達するとみられる莫大な罰金を課されているドイツ銀行は、この罰金を支払うために所有する華夏銀行の19.99%の株式を昨年12月に中国人民財産保険に売却しました。売却金額ははっきりとはしていませんが、35億ドル〜40億ドル(3500億円〜4000億円)程度と見られています。 ところが中国の外貨為替管理局がドイツ銀行に対してこの資金の持ち出しを認めていません。より正確に言えば...

続きを読む

冷静な議論を求めたいイギリスのEU離脱

イギリスのEU離脱に関して思うところを述べます。今回の離脱決定に対して、非合理で感情論に流された離脱論に多くの国民が流されたとの見方がマスコミを通じて流れていますが、それは現実を反映しているとは言えないでしょう。離脱か残留かに関しては数ヶ月にわたって激しい議論を国を挙げてずっと戦わせてきて、離脱派の議論も残留派の議論もどちらにも国民は数多く触れてきたはずです。しかも国営放送のBBCやフィナンシャルタイ...

続きを読む

上海G20は事実上成果なし 

 上海で行われたG20サミットが共同声明を採択し閉幕しました。この共同声明の和訳は財務省がウェブサイトに掲載しており、一応一通りは読んでみたのですが、だらだらといろいろと書いてある割には、大した中身のない文書となっております。 「金融政策のみでは均衡のとれた成長につながらない」こと、「通貨の競争的な切り下げを回避する」こと、「あらゆる保護主義に反対する」ことといった認識で一致したことを今回のG20の特徴...

続きを読む

ドイツ銀行を始めとする欧州の金融機関の抱える危機

 すでに一部で言われているように、ドイツ銀行(ドイツ最大の民間銀行、ドイツの中央銀行ではない)がかなり深刻な状態になっています。2015年度の業績においては日本円に換算して約9000億円の赤字を計上しました。(以下も理解しやすいように、すべて日本円で記述します。)さらに排ガスの不正事件に関連して、フォルクスワーゲンの当面の資金繰りを助けるためにドイツ銀行は1兆3000億円の融資を行わざるをえなくなりました。フ...

続きを読む

プロフィール

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!