記事一覧

地球寒冷化に備えよ!

社会・経済(全般) ブログランキングへ ロシアの学者が「氷河期はもう来年から始まる」と言い始めているということが、ここ数日一部で取り上げられるようになりました。「そんなバカな!」と思われている方もいるかと思いますが、この言い方には若干の誤解があります。ここで言う「氷河期」というのはマンモスが活躍していたような本格的な氷河期のことではないと思って下さい。1645年から1718年までのマウンダー極小期とか、1790...

続きを読む

ビックリ!実は公共事業費は全然増えていない!

社会・経済(全般) ブログランキングへ 今朝の「三橋経済新聞」を読んで、私はショックで倒れそうになりました。 報道によれば、新年度の公共事業予算は、前年度比15.6%増の5.3兆円ということになっています。マスコミは公共事業が大幅に伸びたと騒ぎ立てていましたが、私としてはあまりに小規模な予算に落胆しておりました。「こんなんでデフレが脱却できるわけがないじゃないか」と、アベノミクスの後退ぶりに、実はかなりげん...

続きを読む

中国の大気汚染に対して、もっと積極的な対応を取るべきだ!

社会・経済(全般) ブログランキングへ 中国の大気汚染が拡大し、日本への影響も無視できなくなってきたことは、皆さんも報道を通じてご理解されているところだと思います。 中国環境保護省によれば、大気汚染の濃霧は中国の国土の1/4を覆い、約6億人に影響を及ぼしたそうです。肺がんやぜんそくを引き起こす微小粒子物質PM2.5は、場所によっては1000マイクログラム/立法メートルを超え、世界保健機関(WHO)の基準値(25マイク...

続きを読む

米国の1兆ドルコイン構想から学ぶ、財政のあり方

社会・経済(全般) ブログランキングへ アメリカが「財政の崖」問題で大騒ぎしていたことは、皆さんもご存知ですよね。一応の決着はついたかに見える「財政の崖」ですが、問題の先送りにすぎず、根本解決には至っておりません。この問題が再燃するのは時間の問題です。 アメリカも日本のようなデフレ不況に陥りつつあります。従ってアメリカにおいても、真っ当な経済政策を打つには財政政策が不可欠です。しかし、民主党の積極財...

続きを読む

サマーズ教授の論に耳を傾けよう!

社会・経済(全般) ブログランキングへ ハーバード大学のローレンス・H・サマーズ教授のことはご存知ですか。サマーズ教授は、父方の叔父にポール・サミュエルソン、母方の叔父にケネス・アローと、二人のノーベル経済学賞受賞学者が親類にいる家系に生まれ、彼自身も弱冠28歳でハーバード大学における終身教授資格を得た天才です。世界銀行のチーフエコノミストとか、米国の財務長官や国家経済会議委員長を努めたこともあり、さ...

続きを読む

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!