記事一覧

中国のバブル崩壊へ

政治 ブログランキングへ いよいよ中国のバブル崩壊が本格化し始めたようです。中国系の反体制派の新聞社の大紀元が以下のように報じました。 中国新聞網23日の報道によると、杭州市にある2カ所の分譲マンション、徳信北海公園と天鴻シャンゼリゼは18日と19日にそれぞれ値下げを発表した。 徳信不動産開発公司は同社が開発し販売する徳信北海公園の1平方メートル当たりの販売価格を3000元(約5万1000円)値下げ...

続きを読む

浅田真央のフリーの採点に、日本は抗議の声を上げるべきだ

政治 ブログランキングへ ソチオリンピックでの、浅田真央のフリーの演技に感動した方は非常に多かったと思います。最終的な順位とは無関係に、彼女が最後の舞台で自己最高点を更新する最高の演技ができたことは、彼女自身にとってもよかったという思いは、皆さんも共通してお持ちになられたところではないでしょうか。 しかしながら、それとは別として、採点に関する疑惑は今回も色濃く表れました。浅田真央のフリーの演技が6種...

続きを読む

見苦しい交渉を行うなら、TPP交渉から離脱せよ!

政治 ブログランキングへ 皆さんもご存知の通り、TPPに関して急速な動きが出てきました。以下は東京新聞の記事(一部)です。 環太平洋連携協定(TPP)交渉に伴う日米の関税協議をめぐり、甘利明(あまりあきら)TPP担当相は十七日の記者会見で、日本が関税維持を目指すコメなど農産品五項目のうち、一部の税率を引き下げることなどを含む譲歩案を示す考えを示した。甘利氏は、十八日から始まる大江博首席交渉官代理と米通...

続きを読む

韓国側の攻勢にはアカデミズムを味方につける作戦を展開せよ!

政治 ブログランキングへ 韓国側からの日本への攻撃がさらにエスカレートしているのは、皆さんもよくご存知のことと思います。アングレーム国際漫画祭の韓国ブースのエントランスには、アヘン中毒にした10代半ばと思われる少女を日本兵が次々に犯すアニメーション映像が繰り返し流されていたといいます。自分達の政治的主張のためにはどんな捏造も厭わないその考え方は、全体を丸くおさめるためには自己犠牲も厭わない日本人の心...

続きを読む

「言葉狩り、歪曲を駆使して言論の自由を許さない言論機関」

政治 ブログランキングへ 産経新聞の酒井充記者の、「言葉狩り、歪曲を駆使して言論の自由を許さない言論機関」という記事は、まさに私の言いたいことを明確に伝えてくれるものでした。全文はかなり長いので、やや乱暴になりますが、私なりに要約すると、以下のようになります。 尖閣諸島の中国漁船衝突事件の映像公開を行った一色義春氏の行為に対して、当時の民主党管政権の官房長官である仙谷由人氏は「犯罪行為だ」と罵り、...

続きを読む

首相は建国記念の日のメッセージに沿った行動をとるべきである!

政治 ブログランキングへ 建国記念の日を迎えるにあたって、安倍総理がメッセージを発表しました。右傾化の象徴のようにあしざまに主張される向きもあるようですが、書かれていることは極めて穏当であり、内容的な問題はないと思います。まだ全文をご確認いただいていない方は、以下からご確認下さい。「建国記念の日」のメッセージ全文を報じる時事通信の記事 ところで総理はこのメッセージにおいて、「「建国記念の日」を迎え...

続きを読む

「政治とカネ」に問題のある候補を、都知事選挙で選ばないで下さい!

政治 ブログランキングへ東京都知事選挙はいよいよ明日投票日を迎えました。  私は都民ではありませんから、この話題について深く語るべき立場にはいないと思います。ですから、単純な疑問のみ、ここでは述べさせていただきます。  今さら言うべきことでもありませんが、今回の選挙は猪瀬前都知事の「政治とカネ」の問題が発端となって始まったものです。この前提から考えたときに、この「政治とカネ」の問題がある候補は当然な...

続きを読む

NHK経営委員と新会長に対する適格性の疑問は的外れだ!

政治 ブログランキングへ NHKの経営委員の長谷川三千子氏が、1993年に朝日新聞東京本社内で拳銃自殺した右翼活動家の野村秋介氏を礼賛する追悼文を発表していたということが、NHKの経営委員として不適格ではないかと問題視されています。また同じ経営委員の百田尚樹氏や新会長の籾井勝人氏に対しても、不適格だという声がマスコミでは上がっています。今回はこれらについて思うところを述べようと思います。 まず長谷川氏に関す...

続きを読む

マスコミ正常化へ政府は二の足を踏むな!

政治 ブログランキングへ STAP細胞の作成に成功した小保方晴子さんが、彼女に関する報道を自粛するよう要請する声明を発表されました。声明の全文は以下の通りです。Jan. 31, 2014報道関係者の皆様へのお願いSTAP細胞研究はやっとスタートラインに立てたところであり、世界に発表をしたこの瞬間から世界との競争も始まりました。今こそ更なる発展を目指し研究に集中すべき時であると感じております。しかし、研究発表に関する記者...

続きを読む

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!