記事一覧

英文慰安婦記事掲載での朝日の姑息なアリバイ作りを許すな!

人気ブログランキングへ 読売新聞は8月22日に「朝日新聞は22日、いわゆる従軍慰安婦問題を巡る記事の誤りを認めて一部を撤回した検証記事について、新たに英語版を同社ホームページ(HP)に掲載した。HPに掲載されたのは、今月5日と6日の朝日新聞朝刊で、計5ページを使った検証記事のうち、現代史家の秦郁彦さんら識者3人の見解を紹介した記事を除く全文の英語版。検証記事は、朝刊とHPに日本語で掲載されたが、海外...

続きを読む

総理のゴルフは批判されるべきものか?

人気ブログランキングへ 広島市での土砂災害と関連して、開始一時間ほどで中断したとはいえ、ゴルフをしに行った安倍総理に対して、野党の側からは厳しい意見が出ています。こうした意見は適切なのものでしょうか。 報道によれば広島市でこの災害が起こったのは8月20日の未明(午前3時半頃)とのことでしたが、政府が首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置したのは午前4時20分のことでした。政府の初動対応はかなり迅...

続きを読む

朝日新聞は吉田調書を穿った目で見ていた疑いが濃厚

人気ブログランキングへ 朝日新聞が独自入手した吉田調書をもとにして5月20日に「福島第一の原発所員、命令違反し撤退 吉田調書で判明」との見出しの「スクープ」記事を掲載しました。この記事の中で朝日新聞は「東日本大震災4日後の11年3月15日朝、第一原発にいた所員の9割にあたる約650人が吉田氏の待機命令に違反し、10キロ南の福島第二原発へ撤退していた。その後、放射線量は急上昇しており、事故対応が不十分...

続きを読む

「日本軍による強制連行」があったのかなかったのかが、慰安婦問題の最大のポイントである!

人気ブログランキングへ 今回も引き続き、神奈川新聞の朝日新聞擁護の社説のおかしさを取り上げたいと思います。 もう一度、神奈川新聞の社説の一部を引用してみます。 国際社会から非難されているのは強制連行があったからではない。厳しい視線が向けられているのは、人集めの際の強制性のいかんに焦点を置くことで問題の本質から目を背け、歴史の責任を矮小(わいしょう)化しようとする態度にである。 「国際社会から非難さ...

続きを読む

慰安婦制度をじっくり見ていくと、その先進性がさらに明らかになる!

人気ブログランキングへ  前回取り上げたアメリカの戦争情報局の報告書(Report No. 49: Japanese Prisoners of War Interrogation on Prostitution)から、慰安婦の生活状態をもう少し考えてみましょう。 前回、日本の郵便局を相手取って訴訟を起こした文玉珠さんという慰安婦の例を取り上げて、彼女が慰安婦であった2年半の間に当時のお金で毎月1000円程度、現在の貨幣価値で毎月1500万円程度の貯金を行っていたこと、つまり...

続きを読む

慰安婦が慰安所で性的行為を強要されたなど、噴飯物である!

人気ブログランキングへ  前回に引き続き、神奈川新聞の社説について見ていきます。神奈川新聞は以下のような記述を行っています。 国際社会から非難されているのは強制連行があったからではない。厳しい視線が向けられているのは、人集めの際の強制性のいかんに焦点を置くことで問題の本質から目を背け、歴史の責任を矮小(わいしょう)化しようとする態度にである。問題の本質は、女性たちが戦地で日本軍将兵に性的行為を強要...

続きを読む

吉田証言を否定した以上、日本軍の組織的強制連行は存在しない!

人気ブログランキングへ  朝日新聞の過去の慰安婦報道の誤りを一部認め、報道した記事の削除を行ったことに関して、非常に奇妙な朝日新聞擁護論がマスコミ界に広がっています。その典型が神奈川新聞の社説に見られます。今回から数回はこの神奈川新聞の社説を取り上げて、考えてみたいと思います。今回は日本軍の強制連行はこれで崩れたかどうかです。 神奈川新聞の社説には次のような文言が出てきます。 朝日が誤りだったとし...

続きを読む

韓国政府の非常識な産経叩きを絶対に許すな!

人気ブログランキングへ 産経新聞のソウル支局長が韓国大統領の名誉を毀損する記事を書いたとして、韓国政府は在日大使館を通じて産経新聞社に記事の削除を求めるとともに、加藤支局長に対しては刑事罰の可能性を含めて検討し、12日に出頭を命じるとともに、出国禁止の処置を取りました。 問題とされた産経の記事を読んでも、これがどうして名誉毀損に当たるのか、全く理解できませんでした。 記事はセウォル号の事故当日の大統...

続きを読む

NHKスペシャル「調査報告 STAP細胞 不正の深層」の度し難い悪意

人気ブログランキングへ  理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの笹井芳樹・副センター長の自殺の報道に接した瞬間に、私はマスコミに対する憤りがふつふつと湧いてきました。論文に対する疑惑が生まれて以降のSTAP細胞に関するマスコミ報道に異常なものを感じてきたからです。 死後に、笹井氏が亡くなる10日程前から研究の会話に支障が出るようになったことが報じられましたが、ちょうどこの頃にNHKが NHKスペシャル「...

続きを読む

明らかになった慰安婦ねつ造報道事件を「慰安婦ゲート事件」と呼ぼう!

人気ブログランキングへ 朝日新聞が従軍慰安婦報道について、事実上自社の誤りを認めた記事については、すでに多くの方が議論されているところだと思います。 そこで、私はこの件について、まだあまり議論されていないように思われるところを取り上げたいと思います。私が主張したいのは、この一連の虚偽報道が社会的に正当に指弾を受ける言葉を作るべきだということです。私は米共和党陣営が米民主党陣営に盗聴器を仕掛けようと...

続きを読む

プロフィール

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!