記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

自由貿易絶対論は危険だ!

人気ブログランキングへ 今やグローバリズムの時代なのだから、それにふさわしく自由貿易を推進するのが正しいあり方だという考えが世の中に広がっています。そしてこれに疑問を差し挟むこと自体がすでに何かおかしいと考えている風潮があるように感じます。そのような考えを当然だと思っている人たちには過去のグローバリズムの時代がどういう時代であったかを、ぜひ振り返ってもらいたいと思うわけです。 私たちが頭に浮かべる...

続きを読む

韓国に対する対応を正常化せよ!

人気ブログランキングへ 日韓外務次官協議のために訪韓した斎木事務次官らの車が「市民団体」の妨害を受け、協議が大幅に遅れるという珍事がありました。 当然にもこうした事件が起こることは事前に韓国側には予測できたはずです。予測できたにもかかわらず、十分な対策を講じないでこのような事件を平気で引き起こすことができるという点が、韓国側の異常さを浮き彫りにしているといえるでしょう。 しかしながら、この韓国側の...

続きを読む

トリクルダウンを否定するOECD報告書

人気ブログランキングへ 「先進国クラブ」とも呼ばれることもある OECD(経済協力開発機構)が、収入面での不平等が経済成長を抑制するという報告書を発表したという話が、今月(2014年12月)の初旬にありました。本日この報告書を見つけましたので、読んでみました。A4版4ページの報告書で、分量としては大したことはありませんし、英語もかなりわかりやすいので、よければ実物をご覧下さい。http://www.oecd.org/els/soc/Focus...

続きを読む

青山繁晴「スーパーニュースアンカー」年末SP

人気ブログランキングへ青山繁晴氏の関西テレビ「スーパーニュースアンカー」の年末スペシャルです。お楽しみ下さい。人気ブログランキングへ ...

続きを読む

「沈みゆく大国 アメリカ」が示す、アメリカの医療崩壊の実際

人気ブログランキングへ 堤未果氏の近著「沈みゆく大国 アメリカ」を読みました。この本は主としてオバマケアについて書かれています。...

続きを読む

『日本人の知らない「クレムリンメソッド」 世界を動かす11の原理』を読もう!

人気ブログランキングへ 『日本人の知らない「クレムリンメソッド」 世界を動かす11の原理』(北野幸伯著 集英社インターナショナル)を読みました。この本は繰り返し読む価値のある本だというのが、私の結論です。...

続きを読む

インド独立に大きな役割を果たしたのは、日本が創設に動いたインド国民軍である!

人気ブログランキングへ インド独立の英雄というと、非暴力不服従運動を展開したガンジーの名前がすぐに浮かびますが、ガンジーの非暴力主義こそがインド独立の決定力になったと考えるのは、事実とは随分と違っているのではないかと思います。 1941年12月8日にというと、真珠湾攻撃の日として意識されることが多いですが、実は同じ日に日本軍によるマレー作戦もスタートしました。この日にマレー半島の北端に上陸した日本軍はイ...

続きを読む

離島防衛を抜本的に見直そう!

人気ブログランキングへ 「海底の映像を見ると、まるで砂漠のようで涙が出た」…中国漁船が大挙して押し掛けてとても密漁とは呼べない「密漁」を行ったことに対して、小笠原の漁師がこのように怒りを表現したというのは、皆さんもよくご存知だろうと思います。 今回の小笠原諸島での中国のやりたい放題については、「なぜ積極的に拿捕しないんだ!」という国民の怒りもありました。これもまたもっともなことではありますが、しか...

続きを読む

シェールバブルの崩壊を予期すべき時が来た!

人気ブログランキングへ 原油価格の下落を受けて、産油国でエネルギーの輸出比率が極めて高いロシアの経済状態が悪化するとの見方から、ルーブルの下落が続いています。ロシア中央銀行はルーブルの下落に歯止めをかけるために政策金利を10.5%から17%へ大幅に引き上げましたが、一部の銀行では外貨不足からルーブルから外貨への両替ができなくなる事態も発生し、ルーブル売りの動きは止まっていないようです。 こうして見ると、ア...

続きを読む

日本の経済的なプレゼンスを大きくすることにエネルギーを集中させよ!

人気ブログランキングへ アジアにおけるアメリカのパートナーとして最もふさわしいのはどの国かというのを有識者に尋ねた場合の回答を集めたデータというものを見つけました。やや古いデータですので、ここ5年ほどがどうなっているのかがわからない点はご了承下さい。ちなみに、青色が「日本」という回答をした人の割合、赤色が「中国」と回答した人の割合です。...

続きを読む

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。