記事一覧

トルコ、米、NATOによる包囲網に対するロシアの出方

人気ブログランキングへ 今回は主にロシア系のニュースサイトである「スプートニク日本」の記事に基づいて、シリア・ISに関わる動きを見てみようと思います。 「トルコ政府はISに武器を供与している」と報じたトルコ紙「クムフリイェット」 の編集長のジャン・ジュンダル氏と特派員のエルデム・ギュル氏がトルコ政府によって逮捕されたことが報じられています。http://jp.sputniknews.com/europe/20151127/1237923.html また、...

続きを読む

トルコ軍によるロシア爆撃機の撃墜の背景

人気ブログランキングへ トルコ軍によるロシア爆撃機の撃墜について、輪郭がおおよそ掴めてきました。 トルコ領には天狗の鼻のような形でシリア領の中に突き出ている箇所があります。今回ロシア機が領空侵犯を行ったのはこの天狗の鼻を横切ったタイミングで、秒数にしてわずか17秒だったようです。英国紙のテレグラフがわかりやすい画像を公開してくれていましたので、それを転載しておきます。 わずか17秒とはいえロシア軍機が...

続きを読む

豪州へのそうりゅう型潜水艦の売り込み方針の撤回を!

人気ブログランキングへ オーストラリアがオーストラリア北部のダーウィン港を中国人民解放軍のフロント企業と目されているランドブリッジグループに約5億豪ドル(約450億円)で99年間貸し出す契約を結びました。この件について、オーストラリア政府から同盟関係にあるアメリカに何の相談もなかったことで、オバマ大統領は不快感を表明していますが、もはや後の祭りでしょう。世界中のどの国もアメリカを恐れなくなり、中国にな...

続きを読む

中国の取り込み策に本気で対抗せよ

人気ブログランキングへ クリントン政権期の財務長官を務めたローレンス・サマーズが”Grasp the reality of China’s rise”(中国が台頭している現実を捉えよ)との記事を発表しました。サマーズは中国から帰国してすぐにこの記事を発表しましたが、端的に言って、完全に中国側に取り込まれた内容となっています。http://larrysummers.com/2015/11/09/grasp-the-reality-of-chinas-rise/ 記事を要約すると、ざっとこんな感じです...

続きを読む

G20首脳宣言の実際はマスコミ報道の印象と乖離している!

人気ブログランキングへ トルコのアンタルヤで開かれたG20が首脳宣言を採択して閉幕しました。この首脳宣言については、かなりミスリーディングな報道がなされているように思います。例えば、これを報じた日本経済新聞の見出しは「成長戦略の実施、最優先 G20首脳宣言 」で、「最優先事項は構造改革を含む成長戦略の適時かつ効果的な実施」であるとの紹介をしています。 しかしながら、首脳宣言で使われている「構造改革」は、...

続きを読む

パリの同時多発テロを受け、国内の対テロ立法化を進めるべき

人気ブログランキングへ フランスのオランド大統領は今回のテロ攻撃を受けて、捜索令状なしでの家宅捜索をできるようにし、報道規制・人や車の往来の制限・集会開催や夜間外出の禁止処置・カフェやレストランの閉店などを命じることができる非常事態宣言を発令しました。さらに、危険人物を国外に迅速に追放したり、過激な思想を持つモスクの閉鎖を命じたりすることの検討も始めた上に、非常事態宣言によらなくても強力な治安対策...

続きを読む

パリの同時多発テロに潜む不可解さ

人気ブログランキングへ パリで同時多発テロが発生し、非常に多くの死傷者が出ました。被害に遭われた方々は本当にお気の毒な話で、謹んで哀悼の意を捧げます。 フランスのオランド大統領はISの犯行を明言し、ISも犯行声明を発表しました。フランスがシリア問題に介入してISに対する空爆を実施したことが今回のテロを実行した理由だといいます。 確かに表面的にはこの通りなんでしょうが、どうもすっきりしないものを私は感じて...

続きを読む

旭化成建材データ偽装事件は冷静に考えよう

人気ブログランキングへ 旭化成建材による杭打ちデータ偽装について、冷静ではない議論がどんどん広がっているのではないかと懸念します。 良いことかどうかは置いておいて、まずは事実をしっかりと整理して見るようにしたいものです。まず、こうしたデータ偽装は旭化成建材だけが極端な悪質企業であったから起こったというわけではどうやらないということを念頭において考えるべきです。つまり日本全国にはこうした偽装物件が溢...

続きを読む

プロフィール

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!