記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

ドイツ銀行を始めとする欧州の金融機関の抱える危機

 すでに一部で言われているように、ドイツ銀行(ドイツ最大の民間銀行、ドイツの中央銀行ではない)がかなり深刻な状態になっています。2015年度の業績においては日本円に換算して約9000億円の赤字を計上しました。(以下も理解しやすいように、すべて日本円で記述します。)さらに排ガスの不正事件に関連して、フォルクスワーゲンの当面の資金繰りを助けるためにドイツ銀行は1兆3000億円の融資を行わざるをえなくなりました。フ...

続きを読む

慰安婦に関する外務省の姿勢は未だ後ろ向きだ!

人気ブログランキングへ 国連の女子差別撤廃委員会に外務省の杉山審議官が出席し、慰安婦の強制連行を確認できる資料がなかったことを説明しました。慰安婦の強制連行については吉田清治が捏造話を発表し、これを朝日新聞が事実であるかのように大きく報じたことから大騒ぎになったこと、20万人という数字も女子挺身隊と慰安婦を混同したものであり、これらについては朝日新聞がすでに誤りを認めていることも説明しました。 従来...

続きを読む

高市大臣の放送法に関わる発言を問題視するのは、火のないところに煙を立てる暴論である!

人気ブログランキングへ 高市総務大臣が、放送局が政治的公平性を欠く放送を繰り返したと判断した場合、電波停止を命じる可能性があるということについて言及したことが波紋を広げています。政府が強権的にその意に沿わない番組を流した放送局の電波を停止すると脅しに出たものだと批判する方がいる一方、高市大臣に対して「よく言った」と褒める向きもあるようです。ところが実際の国会の論戦を見ていますと、そうした性質のもの...

続きを読む

鴻海によるSHARPの買収を断固阻止せよ!

人気ブログランキングへ SHARPが台湾の鴻海によって買収されそうになっていますが、これは断固として阻止せねばならないと私は考えます。鴻海がなぜ今回これほど多額の買収資金をちらつかせているのかという点も、我々は冷静に見ておかなければなりません。鴻海は確かに世界有数の巨大企業ではありますが、それでも7000億円という買収資金を用意するのは一筋縄ではいかないはずです。買収資金を支援する勢力が背後に控えている可...

続きを読む

キレイゴトにのみ立脚した甘利氏の追及は無益だ!

人気ブログランキングへ 甘利氏が政治とカネのスキャンダルに巻き込まれ、大臣を辞任しました。この件については、キレイゴトでは片付けられない現実があるということを、タブー抜きで考えるべきではないかと思います。 まず大前提ですが、企業であれ個人であれ、政治家に献金をする側に何らのよこしまな狙いもないとみなすこと自体がそもそもナンセンスです。もちろんそうした意図のないクリーンな献金ももちろんあるでしょうが...

続きを読む

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。