記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無条件のグローバル化賛成論は危険だ!


社会・経済(全般) ブログランキングへ

 前回に引き続いて、グローバル化について考えてみましょう。

 最近スーパーに出かけると、バナナの価格が以前と比べてかなり下がっていることに気がつかないでしょうか。単に価格が下がっているだけでなく、量も以前より増えている感じがあります。これはどうしてだか、見当はつきますか。

 日本に入ってくるバナナのうち、一番多いのはフィリピン産ですよね。日本へ輸入されるバナナの9割ほどがフィリピン産です。そしてフィリイピンは日本に向けてのみバナナを作っているわけでなく、当然ながら日本以外にもいろんな国にバナナを輸出しています。

 ところで、フィリピンも日本と同様に、領土問題で中国から圧迫を加えられていることはご存知ですか。このため、中国はフィリピン産バナナの通関手続きを異様に長くすることで、事実上フィリピン産バナナが中国国内に入らないようにしてしまいました。そのせいで、フィリピンは中国向けに作ってきたバナナを中国以外に売らなければならなくなってしまったのです。それでバナナの供給がだぶつき、価格が下がっているわけです。

 私はスーパーに立ち寄っても鮮魚コーナーには行きませんので、ブラックタイガーエビの値段が最近下がっているのかどうかはわかりませんが、これもひょっとしたら下がっているかもしれません。というのは、ベトナムも日本やフィリピンと同様に、領土問題で中国から圧迫を加えられており、エビなどの水産品の中国への輸出が禁止されてしまったからです。

 日本も尖閣諸島に関する問題で、中国から様々な嫌がらせをされてきましたね。レアアースの輸出停止フジタ社員の身柄拘束、中国共産党の一部勢力が主導した反日暴動などなどです。

 もし中国との経済的な関係が深くなかったら、中国はこうした処置をとることはできなかったはずです。経済的な関係が深まったからこそ、それを悪用することが可能となったわけです。もちろん、経済的な関係が深まったことを悪用するということは、ルール違反です。倫理的には非難を受けるべき行為です。しかしながら、経済的な関係が深くなることが、現実にはそのような力を当事国に与えていくということは、事実として受け入れておくべきではないでしょうか。

 日本はこのような力を現実には使おうとはしてきませんでしたが、中国のあまりの無法ぶりに対して日本も対抗処置をとるべきだという意見を主張する人は、当然いますよね。つまり、そのような力を現実に使うかどうかは別として、日本にもそのような力が備わっているのは事実なわけです。

 このように見たときに、経済的な相互依存関係が深まっていくというのは、必ずしも平和にとってよいこととはいえないということが理解できると思います。中国が異常なのだと見る向きもあるかと思いますが、私はそうでもないと思います。国というものは、あらゆる手段を動員して、自国の権益の拡大に努めるのがむしろ「正常」な姿であって、そういう国のあり方を否定している日本という国こそが、ある意味「異常」なわけです。

 実際、原発事故で苦しみ、急遽天然ガスの輸入を増やさざるをえなくなった日本に対して、割安で天然ガスを売ってくれる国はありませんでした。どうしても天然ガスを入手せざるをえないという日本の足下を見て、従来よりも高値にしないと取引に応じてくれる国がなかったというのが実際です。同盟国のアメリカさえも例外ではありません。シェールガス革命で圧倒的に安価に天然ガスの産出ができるようになったというのに、安価なガスの日本への売却を、オバマ大統領は拒んだのです。安価なガスの流通を国内だけに限ることによって、国内の製造業を有利なポジションに導き、製造業の回帰を図りたいというのが、アメリカ政府の思惑だからです。これが世界のリアリズムというものでしょう。そして、リアリズムの前では空想的理想論は無力です。こうしたリアリズムの中で動いている諸外国とどうつきあっていくかという観点から、私たちは日本の方向性を見ていかなくてはならないはずです。

 グローバル化が進んで経済の相互依存関係が深まると、その相互依存関係を悪用できる力もついていきます。「商売に徹すれば平和になる」というのは、甘美な錯誤にすぎません。鎖国状態が最上であるわけでは当然ありませんし、グローバル化にもメリットはあるわけですが、グローバル化を推進すると、関係国にその相互依存関係を悪用していく力を与えていく側面もあることを、私たちは見過ごすべきではないと思います。

 この点に対する警戒心を欠いたグローバル化賛成論、自由貿易賛美論ばかりが日本では大手を振って語られていますが、この傾向はむしろ危険ではないでしょうか。ご賛同いただける方は、クリックをお願いいたします。


社会・経済(全般) ブログランキングへ
 
 
スポンサーサイト

コメント

1. こんばんは!

なるほど、バナナそうなんです。
このところ安いです。
あれっと思いました。

日本は、したたかにならないといけませんね。つけこまれないようにしないと。

2. Re:こんばんは!

>syo-tenさん
そうですね。日本的な美徳はもちろん大切にしていきたいですが、やられたらやり返すくらいは当たり前ですよね。なぜ、中国や韓国や北朝鮮が無茶なことを言ったりやったりしているのに、日本がそれに対して有効な対処をするのを許さないのでしょう。この国のあり方は変えないといけませんね。

3. Re:Re:こんばんは!

>朝香豊さんへ
そう思います。
甘やかしてはいけませんね。
毅然と、ダメなものはダメとハッキリ言わない結果がコレなんですもんね!

4. 無題

日本そろそろ結末をせまられいますね。
脱特亜して、アジア諸国をどう支援するのか?

5. Re:無題

83128>暁人さん
おっしゃるとおりですね。日本がフィリピンやベトナムやインドネシアやインドと同盟を結ぼうと言えば、大歓迎されますよね。そんな日本にむしろなるべきだと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。