記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーランチオキトリウムに過剰期待はできない


社会・経済(全般) ブログランキングへ

 新エネルギーとして着目されているものの中に、「オーランチオキトリウム」という名前の藻があるのをご存知でしょうか。この藻は油分を作り出す藻ですが、繁殖能力が非常に高いので、効率的に繁殖させれば大量の石油を生み出すことも可能だとされているものです。この藻の繁殖に成功すれば、日本は石油の輸出も可能になるんじゃないかとの期待さえ、一部ではささやかれています。

 しかしながら、私はこのオーランチオキトリウムを高く評価する動きに対しては、かなり冷ややかに見てきました。その理由を以下に記します。

 オーランチオキトリウムは光合成によって増殖する藻ではありません。水中に含まれる有機物を栄養源とする藻です。

 「光が存在しないところでも合成できるのだから、応用性がむしろ高いんじゃないか」と、前向きに考える方もいらっしゃるようです。確かに下水に含まれる余計な有機物をこの藻に処理させながら油を取り出すというは、将来的には可能になるかもしれません。こうなれば、まさに一石二鳥ですね。しかしながら、光合成によらないというところは、逆にこの藻の持つ大きな限界を示しているともいえます。それはなぜか。私たちはエネルギー保存則を乗り越えることができないからです。

 オーランチオキトリウムに石油を作らせるとします。この時、オーランチオキトリウムにどれだけの「エサ」を与えなければならないでしょうか。オーランチオキトリウムは生きているわけですから、その生存に必要なエネルギーがまず必要です。その上に生み出す石油のエネルギー量も必要となります。この二つを合わせたエネルギー量は最低でも投入しなければならないということです。端的に言えば、石油というエネルギー源を取り出すのに、石油が持つ以上のエネルギー量を投入しなければならないということになるのです。これは大きな限界だとはいえないでしょうか。

 では、光合成を必要とする藻の場合には、どうでしょうか。光の持つエネルギーを「エサ」にしてくれるため、私たちが外部からエネルギーを与える必要はなくなります。この点ではオーランチオキトリウムよりは有望だと考えることができます。

 さらに、光合成を行う藻の中でオーランチオキトリウムの40倍の繁殖能力を持つ藻も見つかっています。発見した研究者の名を取って「榎本藻」と呼ばれている藻がその藻です。

 では榎本藻であれば、日本は石油の輸出国になれるのかといえば、それにもやはり無理があるかと思います。それはなぜか。光が届く層にしか藻が繁殖しないために、榎本藻の場合には、どれだけ効率的に増殖させたとしても、面積の割には生産量は少ないということにならざるをえないからです。そして生み出せるエネルギー量も太陽光の持つエネルギー量に規定されます。日本の国土面積に匹敵するくらいの広大な場所が確保できれば、日本が石油の輸出国になることも可能かもしれませんが、この想定がいかに現実離れしているかは、わざわざ説明せずとも明らかでしょう。

 夢のない話で申し訳ないのですが、私たちは現実の制約を飛び越えることはできないという事実を、あらかじめ受け入れておく必要があるのだろうと思います。生の現実はイライラすることばかりですが、それを受け入れてその中で最善を考えるしか方法はないということを確認するのは、案外大切ではないでしょうか。そんなことを思っています。


社会・経済(全般) ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

1. うーん

コストがかかりすぎる様な気がしますね!
これだと、現実的に厳しい気がします。

2. Re:うーん

>syo-tenさん
榎本藻の場合には、一応リッター100円を切るくらいまでのコスト削減はできそうですが、生産できる面積は限られますね。ところで、太陽光発電も太陽エネルギーの転換を利用するために、榎本藻と同じようなことが生じてしまいます。原発の代わりなど務められないのは、こういうところからもわかります。

3. はじめまして!

はじめまして!長谷川里奈と申します。偶然立ち寄らせていただきました。また読みにきますね。よろしくお願いします。

4. Re:はじめまして!

>長谷川里奈さん
長谷川さんは恋愛コンサルタントですか。私の周りの独身族に、長谷川さんのブログを教えておきますね。

5. 無題

石油輸出国になるのは無理でも下水処理には有用だと思います。
ついでに石油の輸入量を削減できると考えれば

6. Re:無題

>mizuさん
おっしゃるとおりだと思います。石油の輸入量の1%の代替も難しいかもしれませんが、それでもエネルギー多様化の一つの可能性としては期待してよいと思います。あくまで「過剰期待」はいけないとの立場です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。