記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍総理はTPPに関する公約の範囲を狭めるな!



 「ブログ祭り2013年春」に、「岐路に立つ日本を考える」は参加いたします。
詳細は上記バナーをクリックしてみて下さい。



社会・経済(全般) ブログランキングへ

 2月28日の、みんなの党の柿沢未途衆議院議員の質問に対する返答として、安倍総理は「自由民主党として国民に対してお約束をしたのは、聖域なき関税撤廃を前提条件とする以上、交渉参加には反対する。これがまさに公約であります。そしてそれプラス、J-ファイル、これは正確にいいますと公約ではなく、そこに様々な目指すべき政策が書いてあります。そこで2番目から6番目までの項目が書いてあるわけでございます。」と述べ、TPPに関する公約は「聖域なき関税撤廃を前提条件とする以上、交渉参加には反対する」だけであり、残りの2番目から6番目までの項目は公約ではないとの姿勢を明らかにしました。(以下の動画の3分から3分40秒あたりをご覧下さい。)



 ところが、安倍総理が公約ではないと口にした「J-ファイル」の表紙には「自民党選挙公約(案) 政権公約 J-ファイル2012」と記載されています。つまり、選挙段階では自民党の位置づけでは政権公約であったわけです。



 挙げ足をとるつもりはありません。安倍総理のこの答弁は、安倍総理の勘違いによって引き起こされたものかもしれません。ただ、だとすれば、この答弁は勘違いだったと安倍総理は撤回すべきですね。しかし、残念ながら安倍総理がこの答弁を勘違いだと認めてこれまでに撤回したという話は伝わってきていません。

 こうした事実関係を並べて考えてみると、何とかTPPへの交渉参加へのハードルを引き下げたいとの狙いが安倍総理にはあり、その背景から出てきた発言であると考えるのが合理的だと判断できないでしょうか。

 「安倍総理は交渉参加について早期に判断するとは発言したが、交渉参加を表明するとは言っていない」との見解がネットでは広がっていますが、こうした流れからみれば、安倍総理がTPPへの交渉参加に踏み切ろうとしているのは明らかだと考えます。

 選挙前は国民的議論が必要だとされていたのに、国民に情報提供はなされないままです。また国民的議論を行うために国会に特別委員会を設置するといったことも行われていません。この段階にあって政府への一任を安倍総理は取り付ける動きに出ました。

 恐らくはアメリカから何らかの圧力があり、それを拒絶できない事情が安倍総理にはあるのだろうと思います。それが何かはわかりませんが、いずれにせよ、この段階になってTPPへの交渉参加を押し止めるには、国民の反対世論が盛り上がること以外にはないはずです。そういう意味で、現段階でのTPP反対運動の盛り上がりの欠如は、大変危機的な状況だと、私は考えます。

 ともにTPPに反対する運動を盛り上げていきましょう。ご協力頂けるのであれば、この運動をぜひぜひ拡散して下さい。

 自民党への抗議TPP参加の即時撤回を求める会への激励は以下から飛べます。
"自民党へのご意見・ご質問"

"TPP参加の即時撤回を求める会"

 TPPへの反対運動を盛り上げるべきだという意見にご賛同頂ける方は、ブログランキングへの投票をお願いいたします。


社会・経済(全般) ブログランキングへ

 ところで自民党は先の衆議院議員選挙において、一部の選挙区では以下のようなポスターを貼っていたのですね。




 こうしたポスターの作成は、自民党の地方組織が勝手にやってしまったことかもしれませんが、それでも安倍総裁の責任は免れないと、私は考えます。


社会・経済(全般) ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

1. こんばんは!!

TPPが危険なのは充分しかいしてます。

日中韓FTAはどうなのでしょうか?

2. このところ“甘い”ですよね。

確かに、この件は良くないですよね。
こういう言い逃れは、前3人の総理を思い出して嫌な気分になります。

でもこの件、騒がれませんね。
客観的に見れば、当然批判されるべき発言なのに。

以前、「安倍総理は超高級カツカレーを食べたっ!キーッ!」と騒いでいた連中が、このところ安倍総理に“甘い”気がします。

「これは<TPPに参加するため>の後押しだ」と考えるのは、疑いすぎでしょうか?

3. Re:こんばんは!!

>syo-tenさん
いつもコメントありがとうございます。
日中韓FTAも推進する意味はないと思います。中国と韓国との間で、人やものや投資の移動が今よりも自由になるなんて、考えたくないですよね。日本の文化と伝統を守ろうというのであれば、自由貿易協定は安易に薦めるべきものではないと思います。

4. Re:このところ“甘い”ですよね。

>3saka 脳腫瘍、顔面麻痺、片耳になったが人生悪くないさん
まさに3sakaさんがお考えの通りだと思います。ところで、マスコミのみならず、保守層も対応が甘いのではないかと、危機感を感じます。今月中にもTPP交渉参加を表明するのが、このままでは確実視される状況なのに、本当に交渉参加しても大丈夫だと思っているのでしょうかね。安倍総理が記者会見で述べたことが出発点になると考えている向きがありますが、これが錯誤であるのは外交上当然のことかと思います。日米共同声明という公的文書が作られている以上、この共同声明で謳われたことしか出発点にはなりえませんよね。ここには保険と自動車の日本市場の開放は謳われていても、日本の掲げた6項目を尊重するとの文言は一切入っていません。総理が安倍氏であったとしても、この事実から目をそらすのはやめなければならないと、私は考えます。

5. 全米自動車労働組合と手を組め

朝香さん

こんばんは。
いつも拙ブログにコメントありがとうございます。

大変遅くなりましたが、先程、コメントへの
返信をupしました。

日本のTPP反対派は、全米自動車労働組合
と手を組んでTPP潰しを成功させるのが、
良いと思います。
又、米国製兵器や武器の購入でも良いです。
今後とも宜しくお願いします。

6. Re:全米自動車労働組合と手を組め

>ロベルト・ジーコ・ロッシさん
そうですね。全米自動車労組と手を組んでもよいですし、兵器の購入でもよいですね。米政府ばかりを見るのではなく、米国民に直接語りかけるのも考えたいですね。米国民にとって利益が大きい提案を打ち出し、日本政府を支持する声を米国民の中からわき上がらせるようにするのも、重要な戦術になると思います。

7. Re:Re:こんばんは!!

>朝香豊さんへ
私のコメント変になってますね(*_*)
TPPが危険なのは充分理解しました。と書いたのに…
やはり、日中韓FTAも要らないですね。

しかし、TVタックルで東国原が安倍首相は今週中にTPP参加すると発表すると言ってます。
TPPの話ちょっとしかなかったです。

8. Re:Re:Re:こんばんは!!

>syo-tenさん
入力間違いはよくありますよね。私はしょっちゅうです。
国民の反対運動が盛り上がらない中ですから、安倍総理は決断しやすくなっているということもあるんじゃないでしょうか。安倍政権への信認とは区別する形で、TPPへの反対運動は急激に盛り上げていかないとまずいですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。