記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TPPは国柄をめぐる戦いであることを理解しよう!



 「ブログ祭り2013年春」に、「岐路に立つ日本を考える」は参加いたします。
詳細は上記バナーをクリックしてみて下さい。



社会・経済(全般) ブログランキングへ

 以下の二人の経営者のうち、どちらの方がまともであると皆さんはお考えになるでしょうか。

 まず一人目です。この経営者は従業員10人を、年収300万円で雇っています。従業員に子供ができたとしても、それによって従業員の働き方に変化が出るとは考えられないため、児童扶養手当の支給は行っていません。今期は売り上げが大きく伸び、それに伴って利益も大幅に増えたのですが、従業員はもともと雇用条件として年収300万円であることを納得して就職しているので、臨時ボーナスの支給は考えていません。増えた利益はすべて会社と経営者の利益として確保することにしています。

 次に二人目です。この経営者も従業員10人を、年収300万円で雇っています。ただ、従業員に子供ができた場合には、今の給料だけでは生活は厳しかろうとということで、児童扶養手当として月額1万円追加することにしています。児童扶養手当のあるなしで従業員の働き方に変化が出るとは考えにくいのですが、それでも児童扶養手当の支給を行っています。今期は売り上げが大きく伸び、それに伴って利益も大幅に増えたので、従業員に臨時ボーナスの支給を行うことにしました。当然従業員に利益を分配することで会社の利益は小さくなりましたが、それなりに会社も利益を増やせたのだから、それでいいかと考えています。

 日本人の常識からいえば、二人目の経営者の方がまともであると考えるのではないかと思います。しかしながら、別のものの見方に従えば、一人目の経営者の方がまともで、二人目の経営者はおかしいということにもなります。そのものの見方とは、市場原理主義的なものの見方です。

 児童扶養手当を付けたか付けないかで労働者の働きぶりに違いが出ないとすれば、こんなものを付けるのは市場原理に反しますね。もともとの雇用条件に納得しているはずなのに、臨時ボーナスで大盤振る舞いをするというのも、会社の利益を不当に減らし、株主利益に反する行為だと言えるはずです。そして実際、二人目のタイプの経営者はこの日本の中でも最近は減ってきているのではないでしょうか。私にはそのことが問題だと感じるのですが、市場原理主義の立場からすれば、二人目のタイプの経営者がまだまだ日本にいること自体が、日本の非効率さと不透明性を象徴しているということになるはずです。

 グローバルな視点から見れば、日本人の給料は圧倒的に高いはずです。そしてこの日本人の高賃金体質が日本の競争力を削ぎ落としていると考える見地からすれば、グローバルな自由競争に日本の労働市場をさらすことは、極めて正しいということになるはずです。

 一方、日本人が日本で暮らしていくのに必要な生活費が大きいことからすれば、発展途上国の人たちと同じ給料にするわけにはいかないという考え方もあるはずです。この見地からすれば、日本の労働市場を安易にグローバルに開放しない方が正しいということになるはずです。

 強者がさらなる強者になっていく自由を邪魔立てする制度や仕組みはけしからんとする立場もあります。もう一方で、強者といえども社会的に害をもたらすような自由や権利の行使は認められるべきではないとする立場もあります。

 TPPを巡る議論の根底にあるのは、こうした価値観の対立です。

 当然ながら、伝統的な日本の価値観は、社会的な害をもたらすような自由は権利はけしからんという立場に立ち、市場原理を超越した、きめ細やかな調整を行ってきました。しかし、こうした調整などは、当然ながら、市場原理主義からすれば不透明で排撃されるべきものだということになります。

 従って、TPPをめぐる問題とは、国柄を決する問題でもあります。TPPに対する態度をどうすべきかは、こういう側面を十分に理解した上でないと決められないものでしょう。

 日本の伝統的な国柄をTPPによって変容させる必要はないと思われる方は、ブログランキングへの投票をお願いいたします。


社会・経済(全般) ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

1. お疲れ様です

議員の方で、TPP賛成している人たちは本当に理解しているのでしょうか?
先日、TVタックル見てましたけど平なんとかさんが、自民党にもかかわらず最初から聞く耳持たんと言う感じでした。
TVタックルもつまらない番組になりましたね。あー朝日でしたね。
議論になってないのですから(*_*)

2. Re:お疲れ様です

>syo-tenさん
おっしゃる通り、理解していないのだろうと思います。自由貿易と保護貿易についても、保護するというのは市場をゆがめる行為だから好ましくなく、自由貿易がよいのは当然だと思い込んでいるのでしょう。学校でも、「自由貿易が失われた結果として第二次世界大戦が起こった」というような説明が当然正しいかのように教えられており、こうした刷り込みの結果として自由貿易を無前提に正しいと思い込んでいるのでしょうね。また、ソ連などの社会主義圏が崩壊したことによって、単純な社会主義アレルギーに陥り、市場原理主義への絶対的な信頼は当然の前提だとも思っているのだろうと思います。その結果、自由貿易とか市場原理主義というものが徹底されるということがどのくらい不道徳なことなのかというが、具体的に想像することができていないのだろうと思います。

3. 初めてコメント致します。

TPP即時撤廃を求める会のブログに何度も激励と怒りのコメントを送っています…恥ずかしくて最初はコメントはしていなかったのですが。 本日の国会答弁で岸田外務相?がTPPにおいて後発国が不利だという件で日本は不利な条件は提示されておりません と答弁しておりました。まだ交渉参加表明してないんだから参加する際の念書とか提示されてなくて当然ですよね…。日本より先に交渉参加表明したカナダとメキシコが不利な条件を突き付けられたのにそれより後から参加しようとする国が不利な条件飲まなくて良いとか…普通に無いですよね。カナダとメキシコが黙ってないですよね… 一体日本の政治家は日本をどうしようとしてるのか…。私もTPP反対メールをしつこくしつこく議員先生方に送りたいと思います。西田昌司先生にもコメントしています…コメント数が少ないので躊躇してますが。人の移動による雇用や治安の問題が自民党のTPP対策委員会の項目に入っていない気がしたのが大きな不安です。 長文失礼しました。

4. Re:初めてコメント致します。

>ふぅさん
勇気ある行動に敬意を表します。ふぅさんが指摘されたように、まだ勇気ある書き込みが少ないのが気になるところです。安倍政権への支持とは切り離して、TPP問題にはやはり主体的に反対運動を展開すべきだと思っています。多くの声が寄せられないと、反TPPで頑張って下さっている多くの自民党議員の力にもならないわけで、私たちは今できるだけのことをやるべきだと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。