記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒田日銀総裁の金融緩和策は、果たして日本人にとって有益か


社会・経済(全般) ブログランキングへ

 黒田日銀総裁の金融政策がスタートしました。その大胆さはイギリスのフィナンシャルタイムズ紙が"BoJ revolution"(日銀革命)と表現するほどで、国内・国外を問わず、極めて高い評価が一般的なようです。

 しかしながら、私は単純にこのことを喜べません。この金融緩和が日本のために使われるお金になっていかない可能性が高いからです。

 円キャリートレードという言葉は記憶にあるでしょうか。非常に金利の低い日本円で資金調達をして、それで外国通貨を買うという手法です。2005年から2007年頃まで、広く見られました。日本円が売られて外国通貨が買われるわけですから、円安になり、日本の輸出企業の追い風にもなることから、黙認されていました。しかしながら、以上の説明でわかるように、日本円で発行されたお金は外国通貨の購入原資として使われるだけで、実質的には外国のためのファイナンス資金として利用されたにすぎませんでした。しかもその資金が欧米の不動産バブルを支える資金としても大いに利用されたのです。

 ここでよく考えて下さい。日本国内で生み出された資金が日本国内では利用されず、海外のバブルを支えるお金として利用されていたというのは、果たして喜べる事態だったのでしょうか。私にはとても喜べる事態だったとは思えません。実際、欧米のバブル崩壊によって円キャリートレードの急激な解消が進み、それは劇的な円高へと転化して、日本の輸出企業の環境を劇的に変化させました。バブル崩壊でマーケットが急激に小さくなった上に、劇的な円高が襲ってきたのですから、輸出企業のショックは尋常ではなかったことでしょう。パナソニックやシャープの経営不振を会社の古い体質のせいにする見解がよく見られますが、こうした劇的な外部環境の変化を視野に入れないで考えるのは、フェアなものの見方とはいえないと思います。

 やや脱線をしてしまいましたが、金融緩和によって生み出された日本円が国内の投資に利用されていく道筋ができていない状態のもとで、金融緩和を行えば、そのお金は海外に利用される道筋を作るだけになりがちです。さらにそのお金がバブルに利用されるということがあれば、バブルの破裂によって一気に逆転した流れが生み出され、それによって翻弄された日本の輸出企業が破綻の淵に追い込まれる危険性すらあるわけです。こうなると、日本の金融緩和が結果としては日本の企業や日本の経済を破壊する作用を果たすこともあるのです。

 実際、現時点において、日本国内では、金融緩和によって生み出された日本円が国内の投資に利用されていく道筋は、まだできていない状態です。これが間違いなく日本国内において使われるようにするには、財政政策が不可欠なのです。ところが日本の財政規模は、実は前年実績よりも縮減されているのが実際です。つまり、国内の投資に資金が流れていく道筋を整えることのないまま、金融緩和だけが大胆なレベルで実施されてしまったのです。

 もちろんここで大胆な財政政策も出動させるのであれば、問題はありません。しかしながら、財政政策の出動がないままに金融政策のみを大胆に緩和してしまったわけですから、危険性を感じないわけにはいかないのです。

 デフレ不況環境下にあっては、財政政策なき金融緩和には危険性があるとの意見に一理あると思われた方は、ブログランキングへの投票をお願いいたします。


社会・経済(全般) ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

1. 円キャリーの可能性

どうも始めまして、興味深く読ませていただきました。

ご心配の円キャリーに関しては
あくまで当面ですが、心配ないでしょう。
円キャリーは日米金利差が大きくなると
増えて、縮小する円キャリーも縮小しますが、
当面はアメリカも緩和を続けるので
過去の例からみて、1~2年は大きな
円キャリーが起こる環境ではないと予想します。

問題はそれより、今は貿易収支が赤字で
円安=国内資源価格の高騰となります。
日本の輸入は輸出はGDP比15%程度ですが
その7割弱が、資源、エネルギー、食料で、
ほぼ為替に関わらず買うしかない物です。
よく円安は輸入物価の高騰になるので、競合する内需産業に有利だから内需の面でも通貨安が良いという意見がありますが、数値的はほんの数%で、大半の業種には円安による
原価高騰のマイナスの方が大きいです。

財政政策は公共事業もですが、出来ればコストプッシュインフレを防ぐいみで、ガソリン税の撤廃や、出来れば消費税”減税”も併せて欲しいところですが、予算をみると寧ろ緊縮傾向なのは
ご指摘のとおりなのでかなり気がかりです。

2. Re:円キャリーの可能性

>容疑者フリードマンさん

 丁寧なご指摘、ありがとうございます。私も実は現在円キャリーが発生するとは考えてはいないのですが、内部留保をどんどん溜め込めるほど資金が潤沢になった国内企業が、金利差や円安トレンドを踏まえて、獲得したドルを円に戻すことをせずにドル建てのまま海外に放置するといったことが進行しているのではないかと懸念しています。結果的には円キャリーの時と同様に、海外のファイナンスに使われることになるとともに、歪んだ資本収支を生み出し、これが将来の壊滅的な円高の原因となって、円高に伴うキャピタルロスと急激な為替変動に伴う打撃が日本にもたらされることに終わるのではないでしょうか。そんなことを懸念しています。

 円安の進行に伴うコストプッシュインフレ防止からのガソリン税・消費税の減税は大賛成です。円安が進行しても輸出入に関して日本が利益を得ないというのも全く同感で,円安を手放しで喜ぶ風潮には賛同できません。ですが、所得収支の円建ての黒字を大いに高めてくれるという点ではプラス要素もあるのかなと、そんなことを思っています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。