記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国からの大気汚染に対して、政府は明確な抗議を行うべきだ!


社会・経済(全般) ブログランキングへ

 朝日新聞に「富士山頂の大気、高濃度水銀検出 市街地の10倍、中国から飛来か」と題する記事が出ました。記事全文を転載します。

 標高3776メートルの富士山頂の大気中から、最大で市街地の平均濃度の10倍を超える水銀が検出された。調査した滋賀県立大などの研究チームは、中国大陸から流れ込む大気に乗ってほかの汚染物質とともに運ばれてくるとみている。
 水銀は人体に有害で水俣病の原因物質としても知られる。滋賀県立大の永淵修教授らは環境省の助成を受け、2007年から毎年夏に専用装置を富士山頂に持ち込んで水銀濃度を測定。07年8月下旬に1立方メートルあたり25・1ナノグラム(ナノは10億分の1)の最高値を記録した。仮に1年間、同じ濃度が続いても大気汚染防止法に基づく指針値(年平均40ナノグラム以下)は下回るが、07年の市街地の全国平均(2・2ナノグラム)の11倍という数字だった。
 気象データを分析したところ、最高値を記録した時は中国東北地方や朝鮮半島を経由してきた大気が流れ込んでいたことが判明。一方、太平洋側からの大気が流れ込んでいた11、12年は2ナノグラム前後だった。
 ほかに、屋久島の黒味岳(1831メートル地点)、滋賀・岐阜県境の伊吹山(1348メートル地点)、北アルプス・乗鞍岳(2876メートル地点)でも、中国大陸から北西の風が入り込むと水銀濃度が高まることが確認された。昨年10月の乗鞍岳での観測では、大陸からの寒波で初雪が降った際に濃度が上がり、半日で0・5ナノグラムから2・5ナノグラムまで5倍に跳ね上がった。
 永淵教授は「大陸からの水銀の越境汚染が裏付けられた。観測態勢を強化して実態を解明することが必要だ」と話している。




 記事のポイントは2つではないかと思います。1つは、水銀が中国大陸から流れ込む大気に乗って運ばれてくることを明確に確認したことです。もう1つは、水銀が他の汚染物質とともに運ばれてくるということです。今回濃度の測定対象としたのが水銀だったというだけで、同様の汚染が他の物質に関しても進んでいると考えるべきだということです。

 さて、ここで改めて考えなければならないことがあります。これから中国はさらに経済成長を遂げ、アメリカを抜く経済大国になるのは確実だから、相手を刺激しないで付き合っていった方がよいという考えをどう思うかということです。財界に根強いこの考え方で行くと、中国の経済成長によって、中国国内の大気汚染がさらに深刻化するだけでなく、日本の大気汚染も深刻化することにつながるということです。

 大気ばかりではありません。海洋汚染の被害も我が国は受けています。直径1メートル、体重100キログラムを越える巨大なエチゼンクラゲは、「エチゼン」という名前は付いているものの、実は日本で名前が付けられたのは1921年になってのことで、かつては日本近海では比較的珍しいクラゲだったようです。本来の繁殖地は黄海および渤海であり、そこで繁殖したクラゲの一部が日本の方にも流れ着くことがあるだけでした。ところが中国沿岸部の海の富栄養化などの環境変化によって、日本近海でも巨大なエチゼンクラゲが大量に見受けられるようになったわけです。エチゼンクラゲは網を破って漁業被害をもたらすだけでなく、火力発電所や原子力発電所の取水口に設けられたスクリーン(取水口に余計なものが入らないようにした金網のようなもの)に大量に張り付くこともあります。この結果として取水量が大幅に下がり、発電所でも操業抑制をせざるをえなくなることも発生しています。

 そして中国は、このような環境問題で我が国を脅かす存在になっただけではありません。尖閣周辺への領海侵犯は日常茶飯事となったばかりか、沖縄の領有権まで公然と主張するようになり、軍事的にも我が国を大きく脅かす存在になってきました。さらに、単純に経済面に限っても、我が国の脅威になっています。例えば、我が国が技術支援して中国でも新幹線が走るようになりましたが、この中国の新幹線を中国政府は「中国の独自技術」といってはばからず、日本の抗議を制止して海外への「独自技術」としての売り込みを行っています。日本のお金を利用して経済成長を実現しながら、さらに日本の持つ高度技術まで国内で吸収してしまうことが中国側の狙いであり、それが済んだら中国に進出した日本企業とて用済みなわけです。

 中国の成長に我が国が大きく貢献していけば、中国は過去のわだかまりを捨て去って我が国と友好的な関係に変わっていくはずだと、私たちは考えてきました。しかし、40年以上もこのような歩みを続けてきた結果が今の両国関係なのだという現実から、私たちは目をそらしてはいけないと思います。中国が発展すればするほど、環境的にも、軍事的にも、経済的にも、我が国に対する脅威が高まっていくという関係がある中で、我が国は中国とどう付き合うべきなのかを、我々はきちんと現実に向き合って考えるべきです。

 我が国は中国との関係を明らかに薄めていかなくてはならないという意見に賛同して頂ける方は、ブログランキングへの投票をお願いいたします。


社会・経済(全般) ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

1. 素晴らしい記事ですが

一点だけ補足したいのはこの中国の大気汚染をマスメディアが煽ったのは安倍政権の意図と関係しています。


「朱鷺の森日記」さんというブログの

安倍総理「中国大気汚染問題、アジア諸国と協力して解決 既に環境大臣に検討指示」

からの転職ですが


「アジア」というフレ-ズで、中国に援助をするというやり方は、国民の対中援助への批判をかわす手口として前々から使われている手口ですね。昨日の国会質疑から。

■衆議院本会議 自民党 小池百合子の代表質問 2013/03/04
http://www.youtube.com/watch?v=wiFUxNLo-Hg
小池氏  中国から飛来する微小粒子状物質(PM2.5)のような大気汚染問題は遺憾だ。中国や周辺諸国と協力して対応すべき。

安倍総理 PM.5についておたずねがありました。
様々な公害問題を克服してきた経験と高度な環境技術を有するわが国が、他のアジア諸国とも協力して、この問題の解決に向けてイニシアチブをとることが極めて重要であると考えます。

これまで中国に対しては、日中2国間や多国間の枠組みを活用した環境分野での協力を進めてきたところであります。
こうしたことを踏まえ、既に私から環境大臣に対してこの問題を解決するためにどのような取り組みができるのか検討するよう指示いたしました。

日本の環境技術を生かした協力をはじめ、アジアにおける様々な環境分野における仕組みを活用した周辺諸国との協力、そうした取り組みを通じて、科学的に検討を進め、問題解決に向けて積極的に取り組んでまいります。


引用終わり

安倍政権の「戦略的互恵関係」に基づく中国への環境援助をてこにした対話を目指した動きです。ちなみにこの大気汚染のための援助はなんと中国人民の抗議によって中止されています。ただ今後環境大臣の会談などがたしか予定されており、再開される可能性は非常に高いです。しかも水質汚染に関する援助はすでに決まっております。

2. Re:素晴らしい記事ですが

>名前はまだないさん

「朱鷺の森日記」というブログを訪問させていただきました。よくもあれだけの情報を拾っていますね。驚きです。

政治リーダーにどれだけ確たる国家観があるかという問題と、そのような国家観を受け入れられるかどうかという国民の意識レベルの問題が、ともに絡んでいるところが、難しいところだと思っています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。