記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍政権の財政政策(後半) チャンネルAJER 登場!


政治 ブログランキングへ

 チャンネル AJER に再び登場です。今回は先週に引き続き、「安倍政権の財政政策」についてです。よければご覧下さい。安倍政権がなぜ緊縮財政の方向に動くのかについて語り、それが良い結果をもたらさないということについて説明しています。

 ブログランキングへの投票にご協力をお願いいたします。






政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

1. ハイパーギャグマシーン

動画を拝見しました。

この男は本当に、どうしてここまでプライマリーバランスの黒字化と緊縮財政が大好きなのでしょうか。

「甘利君たら・・・ハイパーギャグマシーンかよっ」とツッコミたいです。
ハイパーギャグマシーンは甘利君だけじゃないですが・・・。


動画の続きを楽しみにしております。

2. お疲れ様です

朝香さんの2月12日の記事の公共事業費がほとんど増えてない理由がこれだったんですね。
この考え方誰か修正しないとオオコケしないのでしょうか?
オオコケなんてあってはなりませんよ!
今度という今度は。

3. Re:ハイパーギャグマシーン

>3saka 脳腫瘍、顔面麻痺、片耳になったが人生悪くないさん

問題はこの男だけでなく、安倍政権の主要閣僚が同じ考えに取りつかれていると言ってもよく、最近は麻生財務大臣までもが同様になってきているのが非常に残念です。

4. Re:お疲れ様です

>初護ちゃまさん

随分前の記事までお探し頂き、恐縮です。

政府財政の拡大を行わずに、バブルの醸成によって当面の景気拡大を何とかしようとすると、その後の反動が大きくならざるをえません。その意味で非常に危険です。

しかも、麻生財務大臣の中では、2月26日に成立した平成24年度の補正予算が「第二の矢」であり、すでにその矢は放った意識をお持ちですし、マスコミも本年度予算が史上最大だと報道して、大型の財政政策が行われているかのような幻想が世の中には広がっています。

従って、バブルが崩壊して安倍政権での経済政策が失敗を迎えた後では、財政政策は効かなかったと宣伝される可能性が高く、さらに財政政策がとりづらくなることが予測されます。

このため、安倍政権は緊縮財政を採用しており、むしろ緊縮財政が取れない分を補う意識からか、とてつもない金融緩和ととてつもない構造改革によってこれを埋めようとしているかのようにすら見えます。

こうして改革が強化されることで、日本のよき制度は破壊され、バブル発生によって経済構造はさらに弱化され、しかも肝心要の財政政策は採りづらくなるという、最悪のシナリオに向かって走り出しているように、私には思えます。笑えないです。

5. Re:お疲れ様です

>初護ちゃまさん

変な文章になっていることに気がつきました。改めて書き直します。

随分前の記事までお探し頂き、恐縮です。

政府財政の拡大を行わずに、バブルの醸成によって当面の景気拡大を何とかしようとすると、その後の反動が大きくならざるをえません。その意味で非常に危険です。

しかも、麻生財務大臣の中では、2月26日に成立した平成24年度の補正予算が「第二の矢」であり、すでにその矢は放った意識をお持ちですし、マスコミも本年度予算が史上最大だと報道して、大型の財政政策が行われているかのような幻想が世の中には広がっています。

従って、バブルが崩壊して安倍政権での経済政策が失敗を迎えた後では、財政政策は効かなかったと宣伝される可能性が高く、その結果今よりもさらに財政政策がとりづらくなることが予測されます。

安倍政権には積極財政のイメージがつきまとっていますが、実際には積極財政が採用できない分を、とてつもない金融緩和ととてつもない構造改革によって埋めようとしているかのようにすら見えます。

こうして改革が強化されることで、日本のよき制度は破壊され、バブル発生によって経済構造はさらに弱化され、しかも肝心要の財政政策は採りづらくなるという、最悪のシナリオに向かって走り出しているように、私には思えます。笑えないです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。