記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これ以上、安倍政権の性格について、幻想を持つのはやめよう!


政治 ブログランキングへ 
 消費税増税に向けての外堀を埋めるようなことが次々と行われていると思っていたら、ついに麻生財務大臣が予定通りの消費増税を行う意向を明言しました。

 NHKの記事を引用します。

 麻生副総理兼財務大臣は、31日の閣議のあとの記者会見で、来年4月に予定されている消費税率の引き上げについて、「今、この段階で延ばすという考えはない」と述べ、現時点では増税を延期する考えはないという認識を示しました。この中で麻生副総理兼財務大臣は、来年4月に予定通り消費税率を引き上げるかどうかについて、「去年成立した法律の付則で、増税にいくつかの条件を付けているので、その条件に基づいて、ことしの10月にきちんとやらなければならない」と述べ、経済情勢を見ながら、ことし10月に最終的に判断する考えを示しました。そのうえで麻生副総理は、「消費税の増税は、日本の財政がきちっと健全性を保つためのひとつの方法になる。今、この段階で延ばすという考えはない」と述べ、財政健全化の観点から増税はやむをえないとしたうえで、現時点では増税を延期する考えはないという認識を示しました。

 安倍政権が誕生したことで、私たちが期待したことは何だったのでしょうか。強欲なグローバル資本主義に日本経済がかき回されることを阻止して、日本独自の「瑞穂の国の資本主義」を打ち立てることではなかったでしょうか。デフレ脱却と将来の日本の力強さを確保するために、国土強靱化などに思い切った予算を配分して、積極財政を展開することではなかったでしょうか。そして財政の拡大によって資金需要が増大すると金利が上昇する懸念があることから、日銀がこれに適切に介入して金利の高騰を抑えるような金融政策、財政政策の補完としての節度ある金融政策を実行していくことではなかったでしょうか。

 ところが安倍政権はこうした私たちの望む方向とは真逆の方向に動いていないでしょうか。

 まず安倍政権は、TPPにも日中韓FTAにも積極的です。「国際先端テスト」を実施して日本にしかないような規制は全部取っ払うと息巻いています。むしろ、日本的な特徴を極力なくして、グローバル資本が日本で活躍しやすい条件を整えていくことが、日本経済再生の切り札だ考えています。つまり、「瑞穂の国の資本主義」を徹底的に破壊し、強欲なグローバル資本主義に日本を晒すことがよいことだと考えて動いています。

 積極財政はいったいどこに行ったのでしょうか。何だか積極財政をやったかのような印象操作だけは行われてきましたが、その実一般予算と補正予算との合計では実は本年度は昨年度よりも縮小しています。つまり、現実には安倍政権は野田政権時よりも緊縮財政に走っているわけです。経済財政諮問会議の議事録を見ても、国土強靱化のための予算などほとんど話題にもされず、予算をどう削るかという方策にばかり熱心な様が浮き彫りになっています。

 そして、財政政策から切り離して金融緩和だけを突出させ、資産市場には資金が潤沢に回るようにしていきました。お陰で株高は実現しましたが、あぶく銭ばかりが株式市場に流入して荒い値動きになっていることは、皆さんもよくご存知の通りです。そしてそうしたあぶく銭の一部が現物市場にも流れてくることを期待するような政策が、まじめに追求されています。

 さらに、デフレ経済から脱却できていないことは政府もよく理解しているにもかかわらず、消費税増税によってさらに民間の需要力をそぎ落とし、デフレギャップをますます拡大させるような政策が、どうやら本気で行われる状況にすらなってきました。

 このように見てくると、安倍政権誕生に際して私たちが期待したこととは真逆の政策が、安倍政権によって次々と行われていることに気付かざるをえません。

 むろん、この政権に代わる受け皿は何一つありません。民主党がダメなのはいうまでもありませんが、維新の会もみんなの党も、我々の期待に応えてくれるような政策を打ち出してはおりません。それゆえに、参議院選挙でどのように我々の意思を表明したらよいのかははなはだ難しいところです。

 ただはっきり言えることは、安倍政権が我々の願いと真逆の政策を恐ろしいスピードで次々と実行しているという現実があり、これを食い止める動きを示していかないと、日本はとんでもないところに連れて行かれてしまうということです。

 自分たちが選んだ安倍総理だから信じたいなどというのは、私に言わせればもはや寝言です。外交的に対中包囲網を意識している点とか、戦後のタブーであった憲法改正への具体的な取り組みが進められている点など、一部には評価できるところももちろんありますが、大部分においては期待を裏切る政策ばかりが、猛スピードで実行され続けているとはいえないでしょうか。

 「瑞穂の国の資本主義を守れ!」「TPP断固反対!」「国際先端テストなんて冗談じゃない!」「国土強靱化のための思い切った財政出動を行え!」「消費税増税断固反対!」「解雇規制の緩和反対!」「地方と都会の格差をさらに拡大する道州制反対!」などなど、挙げるべき声を次々に挙げていかないと、我々の願いと真逆の政策が凄まじい勢いでどんどん実現していくということに、私たちは気付くべきです。

 安倍総理に遠慮せずに、おかしな政策には断固ノーの声をしっかりと挙げていくべきだという主張にご賛同いただける方は、ブログランキングへの投票をお願いいたします。


政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

1. 無題

こんにちは。

今日の記事、おっしゃる通りだと思います。

2. Re:無題

>まささん

コメントありがとうございます。シャレにならない動きにみんなでノーの声を挙げていかないと、取り返しのつかない事態になってしまいますね。

3. こんばんは!

三橋さんも、AJEAで動画出してましたね。
知らなかった…
「なぜ、緊縮財政を好むのか?」というのみました。
憲法改正、勿論大事ですが経済政策もキチンとやらんと憲法改正どころでは無くなるのではないですかね…
その辺は良く解りませんけど…

4. Re:こんばんは!

>初護ちゃまさん
「日本」という形をどう大切にしていくかという視点で、経済も憲法も見ないといけないと思っています。たとえ憲法改正ができたとしても、「日本」を取り壊す経済政策を推進していたら、意味は薄いですよね。どうもそのあたりもことを、「保守派」の人たちはわかっていないのではないかと思います。

5. 無題

安倍 WJFプロジェクトで検索。

6. Re:無題

>名無しさん

検索のご紹介、ありがとうございました!

自分と同じことを考えている方がいることに、非常に心強く感じました。
http://wondrousjapanforever.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-a5bf.html

私もWJFの活動に参加してみたい、そう思いました。

7. 大賛成です

全て納得です。政権を任せられる政党は自民党しかありませんが、安倍首相には失脚してもらいましょう。拡散します。

8. Re:大賛成です

>ことよさしさん

ご賛同、ありがとうございます!

声が上がっていないことを、何とかしたいですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。