記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薬のインターネット販売解禁の性急な動きに異議あり


政治 ブログランキングへ

 薬のインターネット販売を政府が解禁する方針を固めたことが報道されました。副作用のリスクの高い一部の薬を除き、99%以上の薬についてネット販売を解禁するとの方針だといいます。

 確かに、私たちが薬局で薬を買う場合にしても、副作用のことなど大して気にすることなく購入しているわけですから、薬局でなければ買えないということに大した意味があるとはいえないとは思います。対面販売だと比較的自分に合った薬を選びやすいという側面はあるにしても、それが絶対的な価値にはなりえないでしょう。

 また、近所にすぐ薬局が見つかる都会で生活していることを前提とすれば、薬のインターネット販売に大した意味は見いだせないかもしれませんが、近所に薬局がない過疎地などにお住まいの方たちには、インターネット販売の恩恵が大きいという側面は、実際重要だと思います。

 しかしながら、薬のインターネット販売にはそれでも問題があり、慎重に考えなければならない側面が強いと考えます。その一番大きな問題は、偽薬や不良薬が紛れ込んでくるのを果たしてインターネット販売で防ぐことができるのかという問題です。

 中国では、薬をパッケージごとパクってしまい、中に偽薬を入れて販売することが普通に行われています。例えば、見た目はファイザー製薬の薬で、パッケージを見ても箱を開けても、本物と並べてみても違いが全くわからないほど似ているけれども、肝心の薬の中身だけは全く違うものというのが実際に流通しているわけです。このような偽薬の類いがインターネットを通じて日本国内に入り込んでくる可能性を否定できるでしょうか。

 インターネット販売を、政府自らが責任を持って行い、民間業者を完全に排除するというのであれば、こうした問題が生じることはないでしょう。しかし、現在議論されているのは民間業者がネット上で薬を販売することであり、この手のリスクを完全に排除できる話ではありません。

 こういう点で、結論先にありきの形で薬のインターネット販売が性急に議論されていることについて、懸念を覚えるところです。


政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

1. おはようございます(*^.^*)

これは、ビックリしました!
子供でもネットで買えるということですよね!

なんだかなぁ…

2. これは賛成

私はこの動きには賛成なんですよね。

日本は欧米で当たり前に使われてる薬が
厚生省に認可されて、日本で販売されるまで

ドラッグラグがあり過ぎなんですよ。

欧米で15年も前から使われている薬が、
今やっと厚生省から認可とか・・・・バカげた話です。

私は持病持ちなのですが、
医者からの処方では治せません。

よって海外から個人輸入して治しました。
これは完全に「自己責任」といえます。

厚生労働省については
このドラッグラグについて
規制緩和したほうがいいと

私は考えています。

3. Re:おはようございます(*^.^*)

>初護ちゃまさん
ネット販売の業者を登録制にしたところで、モグリ業者は必ず出て来ますし、その取締も難しいですよね。名前を変えて別サイトを立ち上げれば抜け道もありますし。はじめに結論ありきで議論するのはどうかと思う次第です。

4. Re:これは賛成

>まささん
この点ではまささんと意見が分かれますね。
ドラッグラグの問題は、NET解禁の問題とは別問題ではないかと私は思っています。また、ドラッグラグの問題が発生しているのは、薬に検査に必要な人員も予算ももっともっといるということがわかっていながら、そんな余裕はないと切り捨てている政府のあり方の問題が大きいと思っています。そのゆがみをNET解禁で解消するというのは、筋違いではないかなと思います。
また、ネット通販で購入している薬を正規の薬であると信じるのはかなり危険だと思います。例えばネット通販のバイアグラが正規品であるのは半分に満たないんじゃないかという推計をどこかで見た記憶もあります。

5. Re:Re:おはようございます(*^.^*)

>朝香豊さんへ
なるほど~困ってる方もいらっしゃるんですね!
これは、全面的に解放するのでなくて厳しい管理体制のいくつかの業者とかにする事は出来ないのでしょうか?
何か良い方法があれば良いのに!

6. Re:Re:Re:おはようございます(*^.^*)

>初護ちゃまさん

いろいろと考えるべきことがあるのに、結論をどうして急ぐのかなと思ってしまいます。マーケットの力を過信すると、痛いしっぺ返しが必ずありますから、本当によく考えてもらいたいです。
ところでこんなものを成長戦略に入れるとか、なんか違うなと思わずにいられません。

7. ドラッグラグについて

私も本格的に厚生省のドラッグラグ問題について
調べたわけではないので、

自分の体験談から主観的に言ってます。

ドラッグラグの問題は
きちんと調べて、

厚生省に改善するよう
個別に
声を上げるしかないですかね。

8. Re:Re:Re:Re:おはようございます(*^.^*)

>朝香豊さんへ
そうですね。
次元の違う?
私でも思い付きますねこんなこと…
青山さんが、竹中平蔵の事を言ってましたがその通りになってるのでしょう。
この流れを変えないと、とんでもないことになりますよね!
産業競争力会議のメンバー総入れ替えしてほしいです。


オバマが習と会談するようですし、最近つくづく思いました。政治は金も重要だということ経済の復活なくして、日本はいつまでも真っ黒い渦からは抜け出せないんだと言うことですね!
歴史的に見てもアメリカと中国は仲良しだったという人もいますから。
軍事力が全てだなぁ…結局。
その軍事力を伸ばすにはお金、経済って事になりますもん。
経済政策でコケてる場合じゃないですよー。
次元の違う政策を見せてほしいです。
もはや、民主やその他の党がどうたらこうたらではなくて、自民党の尻をバシバシ叩いていかないと自民党もこのまま変わりませんね。
今は、仕方なくってのがいけないんだと思います。
国民も自民党を支持しながら常に尻を叩かないといけない。
でないと成長はないと思います。

9. Re:ドラッグラグについて

>まささん
TPP加盟で、アメリカで承認された薬は自動的に承認するみたいな感じで、ドラッグラグは解消してしまうかもしれませんね。自国民の安全基準を他国に依存するのはどうかという視点は、四角四面すぎますかね。私はここはこだわりたい派なんですね。

10. Re:Re:Re:Re:Re:おはようございます(*^.^*)

>初護ちゃまさん

そうなんですよね。日本の自立に向けて、国民主権をどうするのか、経済をどうするのか、教育をどうするのか、マスコミをどうするのか、食料はどうするのか、エネルギーはどうするのか、国防はどうするのか、外交はどうするのか…と考えていかないといけないのに、安倍政権はもっとも大切は「日本の自立のため」という部分でぶれているのがこまったところです。私の中では「戦後レジュームからの脱却」と「日本の自立」は同義なのですが、安倍総理の中ではどうもそうではないところに、違和感を感じています。

11. Re:Re:ドラッグラグについて

>朝香豊さん

いえ 全然四角四面ではないと思いますよ。

個人的には、厚生省が怠けているだけ?あるいは既得権益に縛られて動けてない?

そんな状態なんではないですかね。

自国の安全基準を他国に依存する事は、あってはならないことだと私も思いますよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。