記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スマートビエラ」のテレビCM拒否を考える!


政治 ブログランキングへ

 パナソニックが発売した新型テレビの「スマートビエラ」のテレビコマーシャルを、民放テレビ各局が全て拒絶していることがわかりました。スマートビエラでは、画面上に、ある程度目立つ形でネット機能が設定されているため、テレビ番組を視聴しながらインターネットで動画やウェブサイトの閲覧を同時に行ったり、テレビ放送からインターネットへの切替が容易にできる作りになっています。これに対してテレビ局側は「放送局が提供する番組とネットコンテンツが混在すれば、視聴者の混乱を招くから」との主張を行っています。

「ネット」排除ミエミエの民放 スマートテレビCM拒否の裏側

 スマートフォンやタブレットで普及してきた使い方をテレビにも応用し、テレビ局の番組だけでなく、インターネット上にあるコンテンツも同時に楽しむことができるという使い方は、かなり画期的なものだと思います。パナソニックが現在テレビで流すことができなくなっているCMが「Web限定のCM」という位置づけで公開されていますので、それを以下に埋め込んでおきました。使い方の雰囲気をご確認下さい。



 さて、ここで民放テレビ各局のCM放映拒否という対応について考えてみましょう。「視聴者の混乱を招く」という民放側の言い分は、当然ながら取って付けたような理由であって、実質的に理由になっていないのは間違いないでしょう。しかし、だからといって、このようなテレビを大々的に宣伝させ、このようなテレビがどんどん普及する世の中になったとしたら、民放の経営が急激に成り立たなくなっていくこともまた、事実でしょう。それゆえに、民放テレビ各局が建前などどこ吹く風で、このCMを拒絶するという選択肢をとったというのは、当然といえば当然だとも思います。そしてここに、常に自由競争という原理が幅を利かす世の中であってよいのかという、極めて根源的な問いかけが生まれてくると、私は思っています。

 自由競争は、民放テレビ局を含めてマスコミがこぞって礼賛してきたものであり、我が身に降りかかってきたら話は別だというのは、確かに虫がよすぎるともいえます。ではだからといって、民放テレビ局の経営が行き詰まって勝手に潰れていくのが本当によいのかといえば、そうではないでしょう。民放テレビ局の役割が今後どんどん小さくなっていかざるをえず、場合によっては最終的になくなっていくこともやむをえないとしても、社会的なショックはなるべく小さくしていくことが望まれているはずです。そして、市場という単純な仕組みにおいては、このショックを小さくして社会的なコストを引き下げるという役割は果たせないわけです。

 スマートビエラのCMを民放テレビ局を流さなかったからといって、こうしたテレビが普及していくのは、テレビ局にはもはや止められないことでしょう。いくらこのように抵抗してみたところで、せいぜい流れを2年か3年遅らせるのが精一杯なのではないかと思います。またスピードに違いがあるとはいえ、新聞などの経営基盤も年々弱くなってきており、新聞社の破綻もやがては珍しくなくなっていくことが予想できます。

 だとすれば、自由競争だけでものごとが動いていく仕組みが果たしてよいのかどうかについて、民放テレビ局も新聞各社も、建前だけできれいごとを言ってすませる段階にはもはやいないということになるでしょう。経営環境がどんどん苦しくなっていく中で、マスコミのあり方は今後どうあるべきかについて、過去の報道のあり方への反省も含めながら、本音ベースで議論を盛り上げる段階に来ていると私は考えます。

 この問題は、単純な自由競争に基づく市場原理では解決がつくものではありません。公明正大な議論を前提としつつ、その議論に基づいた社会的な調整が行われなければなりませんが、この社会的な調整というものは、結局は政治によって担われることになるはずです。ですから、「政治」というものにどれほど胡散臭いイメージを持とうとも、「政治」以外に解決できるものがないという現実を見据えつつ、「政治」をどうすればより公明正大に機能させられるかについて、まじめに考えるべき時が来ていると考えます。

 テレビ局をはじめとしてマスコミ各社には、これまでの報道のあり方に対して本当に猛省を促しつつ、本来あるべきマスコミのあり方について本音ベースでの議論が展開される世の中になっていくことを、私は期待しています。


政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。