記事一覧

イラクに見える、アメリカの展開するグローバリズムの実際


政治 ブログランキングへ

 今回はイラク戦争後のイラクについて、考えてみたいと思います。

 戦後の日本にGHQが創設されたのと同じように、イラク戦争後のイラクにもCPA(連合国暫定当局)という統治組織が作られました。CPAの指令はイラクの国内法より優先するようになっているところもGHQ占領下の日本と極めて似た状況だと言ってよいかと思います。

 CPAの強い指令に従って、イラクの国営企業は「非効率」を理由に民営化され、しかも民営後の株式を外国企業が100%持てるように制度変更されました。またCPAは外国企業がイラク国内で稼いだ収益の全額をイラクから海外に自由に持ち出してよいことにしました。イラクにおける法人税は最高税率が40%だったのですが、これも15%まで削減されました。こうした「自由」な市場の魅力に惹きつけられて、多くの多国籍企業がイラクに群がったともいえますし、こうした多国籍企業の意向を汲んだ「改革」が、米政府の強い影響力のもとでイラクにおいて進められたともいえます。この結果、状況に応じて「最適」な行動をとる多国籍企業の支配力を強めることになりました。即ち、イラクで事業展開することが最適とはいえないと判断したら、自由に資本を引き上げてしまえる多国籍企業の力がイラク国内で格段に強まり、イラクの経済的な安定性を脆弱にさせたといえるわけです。

 さて、このことと同時平行的に、最新の農業技術とそれを効率的に活用できる農業システムによって、イラクの農業の生産力を飛躍的に引き上げようという運動が展開されました。小規模な農業が否定され、大機規模なアメリカ型の農業が効率的だと奨励されたわけです。農地を巨大化・集約化する動きが始まり、ここにもアメリカのビジネスが食い込んでいきました。さらにここで活躍したのが、収量を2倍に引き上げてしまう魔法の種子です。すなわち、除草剤耐性を身につけたGM種子(遺伝子組み換え種子)です。実際GM種子で栽培された土地では、GM種子が耐性を持つ除草剤と組み合わせることで、収量が一気に2倍に伸びました。しかも雑草を扱う手間も少なくなったわけですから、必要な人手も減り、効率的になったと考えてもよいでしょう。(その一方で農業分野での失業者を大量に生み出したとも言えますが。)

 アメリカのアグリビジネスはここで遺伝子組み換え種子と除草剤と農機具のセットをイラクの農業法人に無償で提供し、農業の技術指導まで細かく行いました。イラクの農業はGM種子を使ったものばかりに切り替わって多様性を失ってしまいましたが、その一方で生産性の高い農業を新たに手に入れたといえるかもしれません。

 ところで、CPAがイラクに課した指令の中に Order 81 と呼ばれるものがあります。「81番目の指令」ということになりますが、この指令によって前年の収穫物から翌年の種子をとっておくということができなくなりました。つまり、農民は毎年種子会社から新しい種子を購入しなければならなくなったわけです。なぜなら彼らが使うようになったGM種子には知的財産権が含まれており、新しい種子を購入しないのは知的財産権の侵害だとされたからです。そして今やアメリカのアグリビジネスは、ターミネーター遺伝子を種子に組み込むことに成功し、収穫後の種子をそのまま播いても発芽直後に枯らせてしまう技術を手に入れました。ですから農民がこっそりと収穫後の種子を利用しようとしても、失敗に終わるような「品種改良」が行われているわけです。

 しかも、すでに農業の形は完全にアメリカナイズされてしまっていますから、好むと好まざるとを問わずに、以前のような農業形態に戻ることは事実上無理です。

 この結果、イラクの農業はアメリカの国家戦略の中に完全に組み込まれてしまいました。アメリカが種子を提供しないといえば、イラクの農業は壊滅するところに追い込まれたともいえるわけです。

 ところで、この農業をめぐる流れについて、報道ではどのように伝えられていたでしょうか。2005年の8月8日のロイター通信には、以下のような記事が出ています。

 "Iraq had a relatively stable and functioning public-sector-controlled seed industry before the war in 2003. After the war, research and seed production facilities have greatly deteriorated," FAO said in a statement. (中略) Iraq can now cover only 4 percent of its demand for quality seeds from its own resources (中略) If no immediate action is taken, serious seed shortages can be expected in the near future, threatening the country's food security …

 「2003年の戦争の前には、イラクには比較的安定的に機能する、公的管理の種子事業が存在した。だが戦争が終わってみると、種子の生産と調査を行う施設は大きく劣化した」と国連食糧農業機関は声明で伝えた。現在きちんとした種子はイラク国内では4%しかまかなえない。すぐさま行動を起こさないと、深刻な種子不足が生じる可能性があり、イラクの食料安全保障を揺るがせている…

 何気なく、施設が劣化したと伝えていますが、この施設の劣化がアメリカの空爆による破壊によってもたらされたということを忘れてはいけないでしょう。そして、こうした一連の流れが統一した意志によって貫かれていることを、私たちは意識的に見ておかなくてはならないのではないかと思います。

 アメリカという国家は、ここまでの戦略を立てて実行できる国なのだということに、私たちは気付いているべきだと思います。そしてそのアメリカが推進しようとしているグローバリズムは、表面的には響きがいいですし、何となく時代の趨勢のようにも感じてしまいがちなものですが、その裏側にはこのような戦略が張り巡らされています。

 TPPへの参加に賛成する立場に立つ人たちが、こうしたリアリティをしっかりと考えた上で、日本の交渉力によって流れを本気で変えていけると思っているのであればよいのですが、こうしたアメリカの戦略のことなどろくに考えることもしないで、「グローバリズム」に踊っているとしたら、非常に危険なことだと思います。

 「グローバリズムについてリアリティを持て!」という主張に賛同して頂ける方は、ブログランキングへの投票をお願いいたします。


政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

1. 無題

一時は三橋さん中野さんらの活躍で、TPPや過度なグローバル化はネット界隈では反対の声の方が大きかったと思いますが…

頭で理解する事と、理解した事を実際に行動出来る事とは違います

理解したうえで実際には矛盾した行動を取る人間を、私ははっきりと軽蔑しますね、まあ安倍信者の事なんですが

今回のエントリーでもアメリカの大企業によるグローバル化の弊害が大変解りやすく説明されてますが、一体何人の人間の頭に本当に入るのかと考えると正直頭が痛いですね

2. Re:無題

>鼻毛《TPP批准議員を許さない》さん
コメントありがとうございます。
グローバル化の危険については、何となくはわかるけれども、実感ができないという方がまだまだ多いのでしょうね。今回のエントリーを読んでも、「でも日本と戦争のあった後のイラクじゃ、状況が違いすぎるよね」とか、「イラクの農業が生産効率が上がったんだったら、いいんじゃない?」という反応に留まる人も多いように思います。背中が本気で寒くなるほどにグローバリズムの恐怖に気付かせるのは、なかなかしんどいことですね。ここに気付かせられるような話をうまく展開できないのは、自分の力不足だとも思っています。

3. やっぱり肝は主権なんですね

主権を喪失したイラクは「国」じゃなくて「地域」でしかありませんからね。
自分達のことを自分達で決める、他国あるいは「国に属さない・半ば属さないもの」に干渉させてはいけません。

今行われている各業界の反対は、そこまでで止まってしまうと不十分です。
今それぞれに掲げられている条件がクリアできればいいのかっていう話になってしまって、ISDSを利用した司法権・立法権への干渉によって、結局は上のイラクと同じ状況になってしまうのは目に見えています。

反対論にも、もう一段の踏み込みが欲しいところですから、今回挙げて頂いた例は大変参考になりました。ありがとうございます。

4. Re:やっぱり肝は主権なんですね

>ねこねこさん
参考にして頂けたということで、嬉しく思います。
それでも自分が腹の底で感じている背筋の凍るようなグローバリズムの実際が、まだ十分に示し切れていないんじゃないかなとも思っています。左翼的な不公正な煽りはないのだけれども、そういう面で訴求力の高い文面が用意できたら、特に政治家に向けてガンガン拡散したいですね。甘いかもしれませんが、安倍総理は根っからの売国なわけではなく、今自分の行っていることがどれだけ危険なことなのか、まだわかっていないだけだと信じたい気持ちもあります。

5. 安倍さんについて、私見

非常に読み応えのある記事だと思います。私にとっては背筋が凍るのに十分で日本にも近い将来同様の事態が起こりうると思います。

最近中国がTPP交渉参加の検討を進めていてしかもかなり積極的なようです。理由は明快で中国経済を支えているのは共産党とつながりを持った大企業だからでしょう。彼らの意見(どんどんグローバル化して巨大化したい)は国内の矛盾をより深める原因になる。しかし彼らこそが中国経済、国家の税収を支える屋台骨でありその大企業の業績が悪化すれば国家経済に亀裂を生じるというジレンマが問題なのでしょう。
おそらくアメリカにとってもウォール街こそがアメリカ社会の歪みを生むガンであると同時にアメリカを支える大黒柱なのでしょう。

で日本に目を移してもある程度状況は似ているのだと思います。米中に比べれば少しはマシでしょうが。
安倍さんの外交姿勢にはよく見ればナショナリストとしての顔がところどころに見えてきます。アメリカから『ナショナリストの安倍』を警戒している様子もあるようです。
私は財界の意見をかなり大幅に飲むことで安倍さんは求心力を得ようと考えたのだと思います。残念ながらまだまだ真正保守一辺倒、国内経済回帰の路線で首相になれるほど日本のナショナリズムは高まっていません。

安倍さんはその経済政策が危険であることをある程度(それがどの程度の深さかは正直分からないのですが)知っていると思います。少なくとも親交のある西部邁さん等をはじめ多くの支持者が竹中平蔵さんの起用などに強い懸念を持っていることはご存知でしょう。
しかし政治家として権力を掌握するにはそれを選ばざるを得なかった。そう思います。(ときどき嬉々としてやっているように見える時もあるのでグローバリズムに対する警戒感は少し足りないのかもしれません。この辺りは微妙です。が、知っていてもやるでしょう。)

長くなりましたが、そういう事情を想像はできるのですが、だからといって批判をせずに黙っておくというのは違うと思っています。何より批判を高めなければブレーキをかけられません。
「安倍さん、それは違うだろ」と言い続けなければならないと思います。それによって支持が下がるとしても。

6. Re:安倍さんについて、私見

>名前はまだないさん
高くご評価下さり、ありがとうございます。安倍総理のお考えが本当のところがどうであるのかはよくわからないところがありますが、第一次安倍内閣でもアジアゲートウェイ構想を積極推進していたことなどから考えますと、グローバリズムへの警戒感のなさはもともとなのではないかと思います。竹中平蔵氏と意見を同一にする菅氏が官房長官を務め、TPP担当大臣でグローバリズム信奉者の甘利氏は総裁選挙の安倍陣営の選挙責任者でした。
安倍総理はグローバリズムへの反対論を、かつての安保反対論と同様なものだと思い込んでいるのだろうと思います。真性保守で行きたいのだけれども、それを許さない環境があるから妥協しているだけのようには思えません。「固い岩盤のような、日本の規制を、私自身がドリルの刃となって突き破ろうと思っています」と、誰から頼まれたわけでもないのに発言されたのが安倍総理なのだということは、重たい真実ではないでしょうか。公営水道の全面解体すら政権は視野に入れているわけで、政権の危険性は楽観できないんじゃないかと、私は考えています。
もっとも「今何をすべきか」については、名前なまだないさんと私は同じ方向を向いていますから、同じ方向を向いた動きをすればよく、細かい相違について議論することは、建設的でなかったかもしれません。不愉快な思いをさせていたら、ごめんなさいね。

7. Re. Re:安倍さんについて、私見

いえ、こちらこそお気遣いありがとうございます。
政治家の内心などなかなかつかめるものではありません。やはり総理の言葉通り「政治は結果」であり安倍さんは政治家として新自由主義者であることは間違いありません。その点で楽観できないというのには全く同意です。
『安保反対論』の例えはすごく的確だと思います。反対論の中には「アメリカに従属すべきでない」という全うなナショナリズムが含まれていますから。

加えて伊藤元重氏や黒田東彦氏など安倍さんが重用する人物が東アジア共同体について非常に積極的なことも気をつけるべきだと思いますね。
どちらにせよ国内経済回帰、内需拡大政策を安倍政権に期待するのは間違いだと思います。経済問題における安倍さんは紛うことなきグローバリストです。

8. Re:Re. Re:安倍さんについて、私見

>名前はまだないさん
再度のコメント、ありがとうございます。まさにおっしゃるとおりですね。グローバリズムとコーポラティズムを、何とか阻止していきたいところです。微力ながら頑張っていきたいです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!