記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反日韓国の動きの背後を考えよう!


政治 ブログランキングへ

 呉善花氏の韓国への入国拒否に関連して、昨日は国内のマスメディアの動きの鈍さについて批判いたしましたが、意外にもフジテレビはかなり頑張りましたね。せっかくなので、報道の動画をご覧下さい。



 さて、韓国の反日が常軌を逸しているのは、今更言うまでもないことでしょう。仏像を盗んだのは明らかなのに返還しない、竹島どころか対馬の領有権まで主張する、日韓首脳会談を拒否する、北朝鮮問題などを話し合う戦略対話に中国とアメリカは呼びながらも日本を外す、朝鮮戦争の休戦協定締結60年の記念式典に、後方支援で重要な働きがあったのみならず、掃海艇の派遣を行って戦死者まで出した日本を招待しないなどなど、挙げればきりがないくらいです。

 一時の感情に流されて動いているだけであれば、冷静になることを期待することはできても、そのようなものではないことはすでに明らかです。ここまで極端な非理性的な動きになれるのかはなかなか理解できないところですが、とにかくこのような一見非理性的な行動が、明確に理性的な国家的な意志として、計画性すら感じられる形で次々に行われている事態から、私たちは目をそらすべきではないと考えます。

 さらに、かつてであればこうした韓国の動きを諌めたと思われるアメリカが、意外にも静かな動きしか見せていないということも、私たちは見逃すべきではないでしょう。朝鮮戦争の記念式典に日本を呼ばないという決定を、韓国がアメリカ抜きで行ったとは考えられません。米中韓戦略対話から日本を外したというのも、アメリカの同意を抜きには考えられる話ではないでしょう。

 ここから浮かび上がるのは、まず、世界は日本人が考えるような理性的な場所では断じてないという事実です。そして、日本を貶めて孤立化させていこうとする世界的な戦略が、我々がよくわからないところで、どんどんと進行している可能性がかなり高いということです。とにかくこうした謀略に対抗する国家的な戦略を考えて、韓国以上の計画性を発揮しながら、粘り強く国際社会に働きかけていく道を切り開いていく能動性が求められているように感じます。

 菅官房長官が、呉善花氏の韓国入国拒否に関して「極めて残念」だと言い、東アジアカップでの政治的主張の横断幕についても「極めて遺憾」だと述べるのは当然でしょうが、綻びを縫うような場当たり的な対応しか行わないとすれば、国家戦略を誤っていることになるでしょう。私たちが立ち向かわなければならないのは、韓国というさほど大きくもなく隣国だというよりは、影でアメリカ(あるいはグローバル資本)が操っている可能性の高い国際的な潮流だと思われるからです。

 我々は真面目に国家的な戦略を考えなくてはならない段階に入っているのだという見解にご同意頂ける方は、ブログランキングへの投票をお願いいたします。


政治 ブログランキングへ
 
スポンサーサイト

コメント

1. 無題

やはり、アメリカの指示ですか。

ということは、慰安婦問題やら雑多な反日工作はアメリカが指示していると考えて良いのでしょうか?

ひょっとして、在韓日本大使館に突っ込んだトラックもアメリカの指示ですか?
なんか、嫌韓を無理矢理作ろうとするような意図を感じますね。安倍政権は嫌韓をうまく利用して政権を取った感じがします。アメリカ(グローバル資本)が指示を出しているとしたら、一連の韓国人の行動は納得できます。

2. Re:無題

>宝船さん
アメリカの指示かどうかはわかりません。韓国側の動きを利用する方向で戦略を考えたのかもしれませんし…。ただ、連動性はあると考えるべきではないかと思っています。魑魅魍魎の世界ですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。