記事一覧

「聖域」の死守など全くできていないことが明らかになったTPP


政治 ブログランキングへ

 7月31日に「TPP年内妥結に「楽観的」 米通商代表が公開討論会で」との記事を産經新聞が報じました。記事の全容な以下です。

 【ワシントン=柿内公輔】米通商代表部(USTR)のフロマン代表は30日、米商工会議所のドナヒュー会頭との公開討論会で、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉の年内妥結について、「楽観的だ」との見解を示した。
 フロマン氏は、マレーシアで今月開かれた交渉会合について「有益だった」と振り返り、実現が危ぶまれている年内妥結の目標へ弾みがついたと強調。関税撤廃を扱う市場アクセスなど「交渉が難航している分野」があることを認めながらも、全体では前進しているとの見方を示した。
 また、マレーシア会合から合流した日本に関しては、TPPの重要性を高めて規模拡大にも貢献すると歓迎する一方、日米間の「自動車や保険などの長年の課題」について平行協議で解決を目指す姿勢を改めて強調した。

フロマンUSTR代表の発言を伝える産経の記事

 さて、日本は「強い交渉力で国益実現に全力を挙げる」「聖域は絶対に守る」と言って交渉に参加したはずです。もしこの言葉に嘘がないのであるなら、フロマン代表は「年内妥結の見通しが立たなくなった」という発言を行うはずでしょう。日本が聖域を断固として守る姿勢を崩さず、強い交渉力で臨むのであれば、TPP参加各国との摩擦が激化するはずだからです。ところが年内妥結については「楽観的」との見解を示したわけです。それどころか「年内妥結の目標へ弾みがついた」と強調しているわけです。

ところで、日本の報道は相手の発言をオブラートに包んで報道することをよくやりますので、フロマン代表がこの公開討論会で日本についてどう発言しているかについては、英文にあたって確認した方がよいと考えました。それで発言内容を捜して確認していましたら、次のような文に出会いました。

 we also think it’s important— and we’ve made it clear to them—that through TPP we must address and resolve the long-standing issues around market access, particularly in areas like autos, insurance, and agriculture(また我々は、市場アクセスをめぐっての長期にわたって立ちはだかってきた問題、特に自動車・保険・農業のような分野における問題に、我々はTPPを通じて取り組まねばならないし、解決を図らなければないということが重要だと考え、このことを日本側にも既に明確にしてきた)

 フロマン氏のこの発言と、弾みがついて年内妥結に楽観的になっている姿勢を組み合わせて考えると、何が見えてくるでしょうか。自動車・保険・農業にはまだ何とか日本側でこれまで頑張って来た「障壁」が残っていたのだけれども、これに決着がつけられるめどが立っているということを、自信を持って述べていると考えるべきではないでしょうか。つまり、日本側のいう聖域など何も守れなかったに等しいということが、間接的に示されているわけです。

 安倍政権は、秘密交渉であることをいいことにして、国民には何も知らせないまま、実質的に聖域は全くと言ってよいほど守れない状態で、TPPの年内妥結に向けて着々と進んでいるわけです。

 日本の国柄をグローバルスタンダードに近づけるなど、保守ではないと思われる方は、ブログランキングへの投票をお願いいたします。


政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

1. これだけは絶対にやめるべき

TPPを拒否出来たら安倍さんは名宰相として名を残すでしょうが、果たしてできますかねぇ 不安で仕方ありません

2. Re:これだけは絶対にやめるべき

>kenさん
普通に考えて、安倍総理がTPPをこの段階からやめることはありえないでしょうね。どういう動きになるかはわかりませんが、倒閣の動きにつながらないと、参加しない方向に動かすことはできないと考えるべきだと私も思います。

3. 無題

日本人はいい加減、アメリカという国を知らないといけません。

聞こえの良い文句を言っては、残虐な植民地支配をしてきた国だということを。
戦後に『アメリカは日本の同盟国で友人』などと洗脳し、オペレーショントモダチと称して、お花畑日本人を騙した挙げ句、自作自演の尖閣紛争を起こしている鬼畜たちです。

インディアンを全滅させ、フィリピンでは20万人を大虐殺し、原爆で殺しを楽しみ、イラク戦争でも同じことをしている悪魔なんだということを日本国民が肌で感じないといけません。


アメリカは日本の味方でもなんでもないことを知るのは20年後くらいでしょうか?

オペレーショントモダチが本当にまずかったです。日本人好みのストーリーで完璧に騙されました。

『アメリカは震災時にいち早く助けてくれた。そんな酷いことする訳ない』

こんな妄想は捨てないといけません。

4. Re:無題

>宝船さん
アメリカに限らず、世界がどれほど残虐なものかということが、まだまだ日本人には見えていないのでしょうね。日本を支配しているアメリカが、どれほど悪どいかも知らねばならないですし、中国や韓国とうまく行っていないのも話し合いがまだ足りないからだなどと思っているのも、リアリティに欠けた考えだということにも気付いてもらわないといけません。半植民地化されないと気付かないという愚かなことは、繰り返したくないですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!