記事一覧

麻生発言のねじ曲げを断固として許すな!


政治 ブログランキングへ

 麻生財務大臣の憲法問題に絡んでヒトラーを引き合いに出した発言が波紋を呼んでいます。マスコミにさんざん叩かれまくっているこの発言に関連して、毎日新聞は「何度読み返しても驚くべき発言である。もちろん麻生太郎副総理兼財務相が憲法改正に関連してナチス政権を引き合いに「あの手口、学んだらどうかね」と語った問題だ。」という文章から始まる社説を掲載しました。

 毎日新聞は「何度読み返しても驚くべき発言」だと言っているわけですが、本当に何度も読み返して麻生財務大臣の真意を真剣に汲み取る努力を行った上で「驚くべき発言」と言っているのだとしたら、それこそまさに驚くべき発言です。私には麻生財務大臣が述べようとした真意と真逆の解釈をマスコミが悪意で行って流したものだとしか考えらません。

 麻生財務大臣の発言の真意を私なりにまとめますと、以下のようになるかと思います。

 ヒトラーは当時最も民主的と言われたワーマール憲法のもとで、民主主義に基づき議会で多数派を握って登場した。民主主義のもとでも落ち着きのない中では、なし崩し的にものごとが進み、ヒトラーの台頭のようなことになる。ドイツでは、憲法は、ある日気づいたら、ワイマール憲法が変わって、ナチス憲法に変わっていた。憲法改正というと何かと大騒ぎを行うマスコミなどの人たちは、あのナチスの手口から教訓を学んだらどうか。憲法改正の問題は静かな議論のもとで行われるべきで、わーっという狂騒の中で行われるべきではない。

 この麻生財務大臣の発言の真意は、発言の全体を読めばわかる話です。発言に幾分わかりにくいところがあったとは私も思いますが、揚げ足をとることに意義を見いださない限り、論旨の取り違えは起こらないでしょう。それなのにマスコミ各社は麻生発言の真意を汲み取ろうとして報道するという姿勢を見せず、毎日新聞に至っては「何度読み返しても驚くべき発言」だと述べる有様です。

 私はマスコミ各社に問いたいです。あなたたちは、こういう発言のねじ曲げを行い、これに対する反論を締め出すようなやり方をファッショ的だと思わないのかと。そしてそんなまさにファッショ的なやり方で、ファッショ的な動きに対する危険性に警鐘を鳴らした人間を抹殺しようとしているのではないのかと。

 しかもこれは今回だけに限った話ではありません。表面的にはファッショ的なやり方を嫌っているような顔をしながら、ファッショ的な一方的な解釈と言論弾圧を平気で行い続けてきたのがマスコミです。事実に常に忠実にあろうとする、マスコミに最も必要とされる態度は、最初から捨て去っていると思わざるをえません。そしてそのようなマスコミの態度が日本の民主主義の危機を作り出すのみならず、日本の世界における信用をなくさせ、日本の国益を大きく毀損させていることに、危機感も恥じらいも感じていないようです。

 また、私は、麻生財務大臣と政府にも問いたいです。安易に発言を撤回してほとぼりが冷めるのを期待するような態度に出るのではなく、真実や真意をねじ曲げる報道をどこまでやっても平気でいるマスコミとの対決を、もはや避けるべきではないのではないかと。真意を汲み取った上での批判はもちろんよいのですが、真意をねじ曲げて否定するのが許されないのは明らかですから、恐れないで、真実をしっかり伝えれば国民に理解してもらえることを信じて、本気でマスコミと対決する道を選ぶべきではないでしょうか。

 さて、この麻生発言に対してどのような態度を示すかによって、政治家としての誠実さが明確に理解できるはずです。私たちはここをしっかりと注目していきましょう。

 マスコミの揚げ足取り的な取り上げ方が許せないと思われる方、政府は真実をベースにマスコミとの全面対決に向かうべきだとの主張にご同意いただける方は、ブログランキングへの投票をお願いいたします。


政治 ブログランキングへ

 なお、麻生財務大臣の発言の全体は、以下です。

 僕は今、(憲法改正案の発議要件の衆参)3分の2(議席)という話がよく出ていますが、ドイツはヒトラーは、民主主義によって、きちんとした議会で多数を握って、ヒトラーが出てきたんですよ。ヒトラーはいかにも軍事力で(政権を)とったように思われる。全然違いますよ。ヒトラーは、選挙で選ばれたんだから。ドイツ国民はヒトラーを選んだんですよ。間違わないでください。

 そして、彼はワイマール憲法という、当時ヨーロッパでもっとも進んだ憲法下にあってヒトラーが出てきた。常に、憲法はよくても、そういうことはありうるということですよ。ここはよくよく頭に入れておかないといけないところであって、私どもは憲法はきちんと改正すべきだとずっと言い続けていますが、その上で、どう運営していくかはかかって皆さん方が投票する議員の行動であったり、その人たちがもっている見識であったり矜持(きょうじ)であったり、そうしたものが最終的に決めていく。

 私どもは、周りに置かれている状況は、極めて厳しい状況になっていると認識していますから、それなりに予算で対応しておりますし、事実、若い人の意識は、今回の世論調査でも20代、30代の方が、極めて前向き。一番足りないのは50代、60代。ここに一番多いけど。ここが一番問題なんです。私らから言ったら、なんとなくいい思いをした世代。バブルの時代でいい思いをした世代。ところが今の20代、30代はバブルでいい思いなんて一つもしていないですから。記憶あるときから就職難。記憶のあるときから不況ですよ。 この人たちの方が、よほどしゃべっていて現実的。50代、60代、一番頼りないと思う。しゃべっていて。おれたちの世代になると戦前、戦後の不況を知っているから結構しゃべる。しかし、そうじゃない。

しつこく言いますけど、そういった意味で、憲法改正は静かに、みんなでもう一度考えてください。どこが問題なのか。きちっと、書いて、おれたちは(自民党憲法改正草案を)作ったよ。べちゃべちゃ、べちゃべちゃ、いろんな意見を何十時間もかけて、作り上げた。そういった思いが、我々にある。

そのときに喧々諤々(けんけんがくがく)、やりあった。30人いようと、40人いようと、極めて静かに対応してきた。自民党の部会で怒鳴りあいもなく。『ちょっと待ってください、違うんじゃないですか』と言うと、『そうか』と。偉い人が『ちょっと待て』と。『しかし、君ね』と。偉かったというべきか、元大臣が30代の若い当選2回ぐらいの若い国会議員に、『そうか、そういう考え方もあるんだな』ということを聞けるところが、自民党のすごいところだなと。何回か参加してそう思いました。

ぜひ、そういう中で作られた。ぜひ、今回の憲法の話も、私どもは狂騒の中、わーっとなったときの中でやってほしくない。

靖国神社の話にしても、静かに参拝すべきなんですよ。騒ぎにするのがおかしいんだって。静かに、お国のために命を投げ出してくれた人に対して、敬意と感謝の念を払わない方がおかしい。静かに、きちっとお参りすればいい。 何も、戦争に負けた日だけ行くことはない。いろんな日がある。大祭の日だってある。8月15日だけに限っていくから、また話が込み入る。日露戦争に勝った日でも行けってといったおかげで、えらい物議をかもしたこともありますが。

僕は4月28日、昭和27年、その日から、今日は日本が独立した日だからと、靖国神社に連れて行かれた。それが、初めて靖国神社に参拝した記憶です。それから今日まで、毎年1回、必ず行っていますが、わーわー騒ぎになったのは、いつからですか。

昔は静かに行っておられました。各総理も行っておられた。いつから騒ぎにした。マスコミですよ。いつのときからか、騒ぎになった。騒がれたら、中国も騒がざるをえない。韓国も騒ぎますよ。だから、静かにやろうやと。憲法は、ある日気づいたら、ワイマール憲法が変わって、ナチス憲法に変わっていたんですよ。だれも気づかないで変わった。あの手口学んだらどうかね。

わーわー騒がないで。本当に、みんないい憲法と、みんな納得して。あの憲法変わっているからね。ぜひ、そういった意味で、僕は民主主義を否定するつもりはまったくありませんが、しかし、私どもは重ねて言いますが、喧噪(けんそう)のなかで決めてほしくない。



政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

1. 無題

国益をかけて マスコミと対立すべき時がきましたね  賛成です 機会を見て、記事紹介させてください

2. Re:無題

>産経応援さん
ありがとうございます。ぜひ記事紹介をお願いいたします。

3. 一番の悪は

毛沢東やスターリンをはじめ、一番人を殺しているのはアカですよね そもそもアカのマスコミや議員がナチスを非難すること自体がちゃんちゃらおかしいです

今回の件は売国奴が如何に多いか再認識させられる事件です

4. 無題

マスコミが自民党の支持率下げたくて下げたくて必死ですよね。反日スパイの毎日朝日なんかはシッポ振って飛び付いてます。

民主党政権のときは静かだったのに(笑)
しかし、なんでもナチス出しゃ悪だと思って貰える時代は終わりました。ユダヤ人の嘘もネットが発達し、嘘をつき続けることが困難になりました。それはユダヤ人も感じていて恐怖でビクビクしてるんじゃないでしょうか?

特にホロコーストなどというものは、このイランの大統領のように科学的倫理的な見地で考えれば、信じるほうが難しいです。ホロコーストについて調べてもいいが、『なかった』という結論は法律で許されないそうですね欧州では。

何を言ってんだかよくわかりません(笑) http://m.youtube.com/watch?v=9SHqh5qKyio

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!