記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異常な米軍ヘリ墜落報道に、政府はしっかりと対応せよ!


政治 ブログランキングへ

沖縄で起こった米軍ヘリ墜落事故に関する報道ですが、明らかに過剰反応ではないでしょうか。

 まず、事故現場は自動車道からわずか1キロほど、住宅地からおよそ2キロしか離れていないなどと、危機を煽るような報道がなされていますが、半径2キロ、直径4キロに住宅地がない場所というのは、実際には極めて安全性の高い場所ではないでしょうか。ちなみに、地図で確認してみますと、事故のあった宜野座村は沖縄本島のほぼ中間に位置していますが、このあたりでは沖縄本島の横幅は6キロメートルほどしかないのです。(地図右下の距離計を参考にしてみてください。)



 そもそも事故が起こったのはキャンプハンセンの敷地内の山林であり、一般の日本国民に危害が加わる場所では全くなかったという点を確認しておきたいところです。

 次に、事故を起こしたヘリはHH60という戦闘救難ヘリであり、単に物資や兵士を運搬するために使われるヘリではないということです。つまり、求められる任務を果たすためには、かなりリスクの高い飛行訓練を普段から行う必要があるわけです。ですから、市街地上空を飛ぶ時には安全度の高い空域を飛びますが、基地の敷地内部に入ってからは、突然急降下して超低空飛行を行ったり、急旋回を行ったりという、実戦型の厳しい演習に使われます。つまり、基地内部では事故が起こる可能性はもともと高かったわけですが、そうした事故が市街地でも同様の確率で起こるかのように報道するのは、明らかに間違っているはずです。

 事故原因がまだわからないので断定はできませんが、事故機と同型のHH60ヘリはすでに20年以上運用されており、機体そのものに明らかな構造的な欠陥があった可能性は非常に低いはずです。

 こうした事実を丁寧にひもといて解説できないのであるならば、マスコミはヘリを利用した取材を行うべきではありません。例えば、朝日新聞の取材ヘリと毎日新聞の取材ヘリとが空中で接触事故を起こしたことさえ過去2回あり、いずれも市街地に墜落しています。(昭和59年の事故では両方とも墜落し、平成6年の事故では朝日のヘリのみ墜落。)「絵になる」アングルが決まってくることから、取材ヘリは常に接近しがちであり、しかも取材場所は市街地であることが多く、こちらの方が遥かに危険なわけです。

 事前の危険を十分に察知できる立場にありながら、敢えて危険に目をつぶる形で取材ヘリを自らは飛ばしておいて、一般国民に対する危害としては大きな心配にはつながらない事故をでも、米軍や自衛隊が関係すると大々的に危険だと喧伝するのは、明白なダブルスタンダードだと考えます。

 ところで、今回の事故に関しても、日本政府の対応は「無難」の域を出ないものでした。私がここで述べたようなことくらいは、政府はきちんと説明して、国民の中に広がる無用な不安を抑える必要があったのではないでしょうか。こういう点でしっかりと筋を通すことのできない現在の日本政府に、戦後レジュームからの脱却の意志があるとは到底思えないのです。麻生発言に対する対応にせよ、このヘリ墜落事故に対する対応にせよ、戦後レジュームに屈服して政権の選択肢をさらに狭めてしまう対応から脱却しようとしないのは、実に歯がゆいです。

 今回の事故に関しては、マスコミ報道の異常さはもちろん責められるべきですが、日本政府のだらしない対応にも問題があると思われる方は、ブログランキングへの投票をお願いいたします。


政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

1. マスコミの本当の大罪

基本的に全く同意です。
しかし気になるのは麻生さんの発言に関する問題にしても今回のヘリの話にしても保守系の言論への牽制以上に目くらましの効果を狙っているように思えてなりません。(放火犯の報道もかなりたくさん見ました。つぎはASKAさんの薬物報道など芸能人ネタでしょうか?)
安倍自民党がねじれを解消し安定政権としての基盤がとりあえず確保されました。北朝鮮を中心として米中の動きも活発化、TPP、靖国参拝に関する米国の要求は厳しく中国経済の底割れも進む、中東情勢も不穏なものが渦巻いているという中で重要な情報を出したくないからこそ事件を大きく見せて情報のかく乱をしたいのではないかと思います。

2. Re:マスコミの本当の大罪

>名前はまだないさん
そういう側面もあるのかもしれませんね。少なくともそう感じられるほど、重要問題が山積みなのだと思うと、気が重くなります。

3. 参院選後

なんだかゆる~い感じを否めませんよね~(@_@)
勝ったら、真っ直ぐ突き進むかと思いきや?アレッて感じを受けます。

またこの事故に群がりますよー
護憲派たちが…

4. Re:参院選後

>初護ちゃまさん
そうなんですよね。筋を通せる環境にあるのに、筋を通した後の報復が怖くて進めないのでしょうね。そこを乗り越えることが戦後レジュームからの脱却なのにと思ってしまうわけです。自ら乗り越えようとしなくても、諸外国が戦後レジュームから脱却できるようにお膳立てしてくれる環境がいつかは来ると思っているのでしょうか。困った話です。

5. 無題

気になるのは、その日、新潟空港で起こった大韓航空のオーバーランについてはマスコミが一切報じないこと。

そして、米軍はなぜこんな偏向報道する日本のマスコミに制裁しないんでしょうか?テレビ局は日本人洗脳のためにCIAが作ったもの。アメリカを操るシークレットガバメントが黙ってるのはおかしい。

さらに、沖縄で米軍でてけと言ってるのは、シナ人と朝鮮人ですが、なぜ朝鮮人がしゃしゃり出てくるんでしょうか?

憲法九条改正反対、核を持たない平和な社会を!などの胡散臭い団体には必ず朝鮮人がいます。

先ほど申し上げたシークレットガバメントに『米軍でてけと騒げ』『憲法九条改正反対と叫べ』と裏で指令を受けているとしか思えません。

戦後、フリーメイソン(金融ユダヤ人)たちが朝鮮人を利用して反日工作をさせる間接統治をやってきたことを考えれば自然な流れです。

ただし、米軍でてけと朝鮮人中国人に言わせることがシークレットガバメントの連中に何の得があるのかは分かりません。

6. 無題

これが日本人削減計画の概要みたいです↓ロックフェラー本当に狂気としか思えません。 http://m.togetter.com/li/377652

7. Re:無題

>宝船(連投)さん
現代においてもなお優生思想が大きく関与しているのかどうかは、私にはわかりませんが、他者を支配している状態を維持したいという思いが支配側にあるのではないかと、個人的には思います。互いを憎しみ合わせてつぶし合いを行わせることが、自分たちの支配に気付かせないようにし、自分たちに対抗する勢力を作らないのに有効なやり方なのだと思っているのではないでしょうか。みんなで幸せになろうとする日本的な価値観が、現在の支配層の価値観にとってかわっていくことが世界的に求められていると、私は思っています。即ち、戦後レジュームからの脱却というのは、我が国だけに関わる話ではなく、全世界を真に平和で幸福にしていくかということとも関わっていると思っています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。