記事一覧

真正面からのプロパガンダ戦・外交戦を展開せよ!


政治 ブログランキングへ

 イギリスのフィナンシャルタイムズが A gaffe-prone Japan is a danger to peace in Asia (ヘマぐせのある日本はアジアの平和に対する脅威だ)というコラムを載せました。簡単に要約すれば、「日本の政治家が靖国を参拝して近隣諸国の反発を強めることで、欧米の友好国をも当惑させている。なんでこんなヘマを日本はやらかすんだ」というような主張です。

 また、先日、オリバー・ストーン監督が「日本はまず中国に謝罪することから始めるべきだ。中国で多くの罪を犯したことや多くの人を殺害したことに対して。そうすれば、中国は自ずとこれまでとは違った目で日本を見るようになる」という発言を行ったことも報道されました。

 幾分前になりますが、春の例大祭に168人もの国会議員が靖国神社を訪問したことに対して、ブルームバーグが How the Past Gets in the Way of ’Abenomics’ (過去がアベノミクスの邪魔をする)というコラムを載せたこともあります。このコラムも、靖国参拝を極めて否定的に捉えた記事です。

 私たちが覚えておくべきであるのは、欧米の知識人の間では、靖国神社や日中・日韓関係を日本の左翼と同じように捉えているのが極めて一般的であるということです。そしてそれは、日本政府が中国や韓国や反日マスコミのプロパガンダに対する対抗策をずっととってこなかったことと、当然つながっていると考えるべきでしょう。彼らは今でもこの種のプロパガンダを積極的に展開しているのであり、これによって欧米のマスコミも政界も、すっかり彼らのプロパガンダを信じるところに至っているわけです。

 さて、この段階で安倍総理が靖国神社に参拝していたとしたら、欧米のマスコミはどのくらい騒ぎ立てたでしょうか。私は一般に日本の保守的な人たちが思っているのと違って、ものすごい大騒動になっていたのではないかと思います。私は今回安倍総理が靖国神社の参拝を行わなかったのは、中国や韓国に対する配慮と言うよりも、欧米の政界やマスコミを刺激したくない意識の方が強かったのではないかと思います。この点では、安倍総理の今回の靖国参拝の回避は、理に適っていたのではないかと思っています。

 さて、私たちがここから得るべき結論はどうなるでしょうか。これまでと違って、日本人の美意識的には極めて不愉快ではありますが、プロパガンダ戦から逃げないことであり、プロパガンダを打ち砕く外交戦略をうち立てることであるのは、明らかではないかと思います。

 さて、政府が韓国のロビー活動に対する対抗策に着手することを決めたと報道されました。学術レベルの英文資料作成や海外シンクタンクへの日本人研究者派遣などを考えているとのことでした。もちろんこの動きは歓迎すべきものですが、なぜ世界の一般人たちに向けてのアピールを第一に考えないのか、今なお不思議です。中国や韓国はことあるごとに大きな声を上げ、その声は毎回マスコミを通じて私たちのところに届いています。当然、日本以外の国の一般の人たちのもとにも同様に届いていることも多いはずです。そういう機会をどうして自ら積極的に打ち出すことをしないのかが、私には非常に歯がゆく感じるわけです。

 今年の8月15日を迎える前に、靖国神社への首相の参拝が米軍占領下においても認められたこととか、A級戦犯とされた人たちの合祀が明らかになった段階では、中国は抗議をしなかったどころか、日本に対してもっと防衛予算を増額するように求めていたことなども、いろんなチャネルを通じて宣伝し、閣僚や国会議員の参拝に対する国際的な反発を和らげておくように気遣っているべきでした。事前に展開できなかったとしても、事後でもこうした情報を積極的に知らしめる努力は当然ながら行っておくべきです。しかし、このような動きは今なお見られません。

 さらに言えば、日本の立場を守るための主張だけでなく、彼らが攻められると困る部分についても、ガンガンと非難をしていくべきでしょう。例えば、チベットでの僧侶の焼身自殺について、日本のマスコミはほぼだんまりを決め込んでいますし、欧米のマスコミもさほど積極的な報道は行っていないようですから、ここに切り込んでいくようなことも、躊躇せずに行っていくべきです。中国や韓国がいかに異常な国かということを、機会を捉えて宣伝していくべきです。

 外交的には、例えばフィリピン・ベトナム・タイ・インドネシア・インドなどの首脳が安全保障問題を巡って一同に日本で会する機会を作り、こうした首脳と一緒に首相が靖国神社に訪問するようにするといったことも考えられるでしょう。「アジア諸国の反発」なるものが、極めて偏ったものでしかないということを、世界に向けて発信できるように、外交を展開してもらいたいものです。

 物おじしないで正論を展開し、物量でも全く負けないだけの宣伝戦を行うと同時に、外交的にも彼らの主張を孤立させる展開を真正面から進めるべきだということに同意頂ける方は、ブログランキングへの投票をお願いいたします。


政治 ブログランキングへ
 
スポンサーサイト

コメント

1. お疲れ様です

確かに、欧米に対しての手回しはほとんどされなかったのでしょうね。
それをするとして、日本のマスコミはあてになるのでしょうか?
もうやって展開していくのかが問題になりますよね。
実は、浅香さんが発信力のお話しをしてくれてますが、そこが一番問題点なような気がします。
ということは、閣僚が足しげく欧米に通い発信するほかないのでしょうか…

2. 理由はいくつか

あるように思います。

1.欧米での知識人層と一般民衆の教育レベルの違いには、依然として「階層構造」が残っている(っていうか日本の一般国民の自発的な教育習得レベルの高さが異常な感じ)為、知識人層に浸透した情報の是正から着手することで無理せず一般民衆にも浸透させることが可能かつ王道だと睨んでいる

2.一般民衆へのプロパガンダ対抗策は、各国の教育方針(戦勝国史観など)を覆すものだという懸念を与えるため、学術方面から事実の浸透を行うことで教育面での「史実」と「政治的見解」の切り分けを図る

3.専門家などの知識人層に事実が浸透しないままでは、中韓がいかに異常であっても、「被害者」の立場を補強するプロパガンダが人権を盾に実績を作ってきたので、欧米も抵抗しにくい上にその異常性を殊更に騒ぎ立てる方向では、「加害者による被害者叩き」の構図となって日本の立場を更に悪化させる言い訳を中韓に与えかねない

こんな感じですかね。

3. 無題

オリバーなんとかさんや、欧米人が韓国人や中国人と同じこと言いますよね。なんか違和感を感じます。今の時代ネットでちょっと調べれば真実なんてすぐ分かるのに、何を言ってんの?と首を傾げたくなります。

私は、著名な欧米人や韓国人、中国人に金融ユダヤ人の指示が入っていて、こいつらに金をもらって言わされてるような気がします。とにかく、日本人に右傾化されたくないのは金融ユダヤ人だからです。


CIAは朝鮮人とタッグを組んで戦後日本人が愛国心を持たず、、右傾化しないようにコントロールしてきました。そりゃ原爆(核)で攻撃した訳ですから、恨まれて仕返しされないよう必死で工作します。

ユダヤ人たちは原発と原爆を無理ヤリ結びつけて日本に核を持たせないように必死に朝鮮人を利用してます。

ユダヤ人も相当焦ってるんじゃないでしょうか?

彼らは日本人が目覚める前に必ず手を打ってくると思います。それはTPPなのか、東南海地震なのか…

4. Re:お疲れ様です

>初護ちゃまさん
いろんなやり方があるんじゃないかと思います。例えば、官房長官がスポークスマンとして活躍する時に、「靖国神社への参拝が今は問題視されていますが、まだ占領体制にあった時分に、時の吉田首相だって参拝してGHQから問題視されていないのは、皆さんご存知ですか。それ以来歴代の首相もずっと静かに参拝することができていたのです。A級戦犯の合祀が問題視されていますが、A級戦犯の合祀が報道されてからも、当初中国は日本に対して非難も懸念も表明することはなく、むしろ日本はもっと軍拡をすべきだと主張しているほどでした。自然な国民感情から反発が起こっているわけではなく、極めてよこしまな政治的な思惑から、靖国参拝への反発を、国家的な運動として押し進めているとしか考えられないのです」と述べるということもできますね。中国の国内で発生している暴動なども、毎日500件ほど発生しているわけですから、日々の会見のたびに犠牲者に対する哀悼の意と暴力的な鎮圧を行う中国政府に対する非難を行うこともできますよね。独自の美意識から、あらゆる機会を見て、届けたいメッセージを繰り返し述べて情報を浸透させる努力を、日本人は汚いことのように考えがちですが、そこを意識的に突破していかないと、プロパガンダ戦に勝利することは難しいのではないかと思います。
「ドキュメント 戦争広告代理店」という本がありますが、これを読むと現在世界で繰り広げられているプロパガンダ戦の恐怖を思い知ることになると思います。そしてこの本に書かれているようなプロパガンダ戦が現実に日本をターゲットにして仕掛けられているという意識が、日本政府の中にはまだまだ希薄なんだろうなと、私は感じています。

5. Re:理由はいくつか

>ねこねこさん
ねこねこさんがおっしゃっていることと私の見解とはさほど矛盾しないように私は思っています。それはそれ、これはこれということで、どちらがより優れているかではなく、同時並行的に行うべきではないかということです。
欧米の知識人層が触れる情報といえども、一般のマスコミの情報が圧倒的に大きく、しかも繰り返し飛び込んでくる情報が「真実」とされてしまいがちな中で、控えめな立場では理解されないのではないかと、私は思っています。
口汚く相手をののしるようなことをしろと言っているのではなく、日本の立場を説明する上で、証拠や論拠を示すことをきちんとやりましょうということです。例えば、尖閣の領有権について日本政府が主張する時に、1960年代の中国や台湾で発行されていた地図を示すとか、中華民国政府から尖閣諸島の住民に出された感謝状を示すとか、尖閣諸島の日本の領有を認めている人民日報の記事を示すとか、やりようはいろいろとあると思います。こういうことをなんで一切やらないんですかね。そういうことをやらずに「我が国固有の領土であることに疑う余地がない」としか言わないのは、情報戦の中であまりに稚拙だと感じざるを得ないです。そしてそのことにメリットがあるとも思えないわけです。
戦争に対する反省は、未だ日本の中では真剣に深められていないのは残念ですが、できればそのような反省にも触れながら、日本が今日目指している方向性が平和な世界建設であるということが伝わるようなメッセージ性を持たせていくことも大切なんだろうとは思っています。

6. Re:無題

>フナミさん
私たちも日本のことはネットで調べて理解していますが、他国のことはやっぱりわからないですよね。そういう点ではオリバー・ストーン監督の発言とかも、現在の情報空間ではヤムをないのではないかと思います。また、このような著名文化人やマスコミ関係者のところまで、きめ細かく情報が行き渡るように、中国政府・韓国政府が情報戦を仕掛けている実態も、よくわかるのではないかと思います。
金融資本は実際には無国籍で、対立を作り出すことを利益の根源としていく戦略のように私には思えます。また、そのことによって自分たちの側に矛先が向かってこないようにしているようにお思えるんですが、違っていますかね。このあたりは勝手な推測をするしかないので、実際のところはよくわからないですが。
今後とも、どうかよろしくお願いいたします。

7. 洗脳

大宅壮一が「テレビを見ると馬鹿になる」と言いました。
所詮その当時の知識人はその程度なのです。

わたしは相当以前から「テレビを見ても馬鹿にはならないが、洗脳される」と言っています。
相当書き込みましたが、誰も広めてくれません。日本人のだめなところでしょう。

オバマだって欧米の知識人だって、テレビで洗脳されているんですよ。

8. Re:Re:お疲れ様です

>朝香豊さんへ
そうですよね~戦後直ぐに幣原首相が秋の例大際に参拝されてるのは驚きですよね!
それから、ほぼ毎年行かれてます。
S61年からH13年の小泉首相まで無かった。

浅香さんのおっしゃるように、世界中に問題視はされていなかったということを知ってもらうこと大切なんでしょうかねー

9. Re:洗脳

>八目山人さん
中国はテレビだけでなく、新聞・雑誌を含むマスコミ全体に資金を提供して情報コントロールに努めていますし、アカデミックの世界にも寄付金を提供したりしながら、コントロールをしかけています。多数のヒューミントを養成して、重要人物とは接触を広げるようにもしています。そうしたことの結果が現在の情報空間ではないかと考えています。

10. 無題

>朝香豊さん

中韓のプロバガンダで洗脳された知識をオリバー氏がドヤ顔で言ってる可能性はありますね。

ただ、中国人や朝鮮人はユダヤ金融資本のオモチャであり、このオモチャたちにプロバガンダをさせているのはユダヤ人たちしか考えられません。


アメリカに慰安婦記念碑とか下品なものを立てまくる韓国人の行動は韓国人のみの力でできるものでしょうか?巨大なバックに支えられてるとしか考えられません。

日本政府がなぜ、誤解を解くための真実を世界に向けて発信しない理由は、安倍晋三を初めとするユダヤCIAスパイたちが、ユダヤ人からストップされてると私は考えています。

我々日本人が生き残る道はユダヤ人と闘うしかないと考えます。

11. Re:Re:Re:お疲れ様です

>初護ちゃまさん
敗戦直後に東久邇宮首相がまず参拝し、その後幣原首相も参拝していますが、GHQから神道指令が発令された昭和20年12月からは5年以上にわたって、首相に限らず公職に就く人間はだれも靖国参拝ができない状態になっていました。その意味でGHQ占領下の昭和21年の吉田首相の参拝が許された意義は非常に大きかったと思います。そこから昭和60年まで普通に続いてきたことなんだということを、欧米のマスコミに教えることは重要でしょうね。

12. Re:無題

>フナミさん
韓国の行動の背後には中国マネーが絡んでいるかもしれませんが、確かに国家の背景にさらなる力を考えないと辻褄の亜合わない出来事は多いですね。「国難の正体」とかを読むと、ここまで不可思議なのかと思わざるをえませんね。

13. Re:Re:理由はいくつか

>朝香豊さん

3.に挙げた理由と「人権」という盾が相手にあるので、戦略的に組み立ててやっていくべきでしょうね。
そういう意味であれば同意です。

日本国民にとっては歯がゆかったり、前進しているか分からなくなったりすることもあると思いますから、国民に向けての意志表示や国民との意思疎通を政治は大切にしてやっていってもらいたいなと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!