記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対米交渉に睦奥宗光ばりの外交交渉を行え!


政治 ブログランキングへ

 1894年に日英通商航海条約が成立しました。この条約改正によって、日本国民の悲願だった治外法権の撤廃が実現しました。当時世界最強の英国を相手にこの条約改正が実現したことで、他の列強諸国とも治外法権の撤廃が一気に進んで行きました。

 この条約改正はどのようにして実現したのでしょうか。日本が何も言わずとも、イギリスが自らの権益を進んで放棄することを申し入れてきたのでしょうか。そんなわけはありませんよね。

 実はこの条約改正の直後に日清戦争が開戦しており、この条約改正は日清戦争開戦と不可分に結びついたものでした。日清戦争が不可避であるとの判断に至った段階で、当時の外務大臣の陸奥宗光は、「これから日本は清と戦争を始めることになるが、我々は清に在住している英国民の生命や財産や利権を守る立場に立つつもりでいる。しかしながらそれは日本が貴国から文明国として認められることが前提であり、文明国として認められていないのであれば、我々が文明的に振る舞う必然性はなくなることになる。我々を文明国として認める条約改正を行ってもらいたい」という話を英国に対して行ったわけです。一見極めて理性的なものの言い方ではありますが、「我が国を文明国として認めないなら、英国民の生命も財産も利権も知ったこっちゃないからな」ということを言っているわけで、端的に言えば脅しのようなものです。現実の開戦が間近に迫っており、自国民の危険が直面するのが避けがたい状況の中で、英国としても陸奥の言うことを飲まざるを得なくなったわけです。

 さすが外交交渉のうまい陸奥だなと感心しますが、こうした陸奥の外交交渉術は現代の日本外交で果たして活かされているのでしょうか。

 中国や韓国を相手にした外交においては、無条件の平和外交が展開されなくなった点において、現在の安倍内閣の外交は評価できます。しかしながら、対米外交についてはどうでしょうか。

 最近になって交渉参加したばかりのTPPにおいては、まだ十分に情報の咀嚼ができていないはずなのに、アメリカのご機嫌を伺うように、年内の妥結の旗ふり役を演じています。仮に真剣に日本の国益を実現するために交渉に臨もうとするのであるならば、むしろ自分たちが情報収集の点でキャッチアップするための時間を確保しようとするでしょう。一見では何気ない文章にしか見えないものの中にどのようなワナが仕掛けられているかの分析も進められる時間を確保しようとするでしょう。その上で国益実現のための戦略を練っていけるだけの時間も確保するように動くはずでしょう。すなわち、何かと理由をつけて当面の交渉が進まないようにするのが、交渉力を発揮するためには絶対に必要となるはずなのに、そのような動きは全く見えないのです。かんぽ生命が日本生命と進めてきた提携を反古にしながら、アフラックのがん保険を販売することまで日本政府は音頭をとることまで行われました。では、これらと引き換えにして日本はいかなる譲歩をアメリカから引き出したのでしょうか。

 アメリカとの関係を意図的に悪くすることには、もちろん全く意味はありません。できるだけ仲良くしておくことは、確かに対中関係などを考えた場合に重要性を持つでしょう。しかし、良好な対米関係を保つことはあくまで手段に過ぎないはずです。諸外国から口を挟まれることなく、日本国政府が日本人の生命・安全・財産の保全と強化に持てる力をフルに活用できる状態を実現することが、我が国が目指すべき目標です。この目標に近づくのにアメリカをなるべく敵に回さない方が賢明であるから、アメリカに対する無用な刺激は避けるべきだということはなりますが、対米融和が仮にこの目標の実現を遠ざけるようであるなら、本末転倒と言わなければならないでしょう。

 尖閣諸島での漁業活動・洋上慰霊祭を、海上保安庁が徹底的に邪魔をしてきたという件で、チャンネル桜の水島社長は海上保安庁に対して強い憤りを表明されておりました。その憤りはもっともですが、ではなぜ日本の海上保安庁はそこまでの妨害活動を行ったのでしょうか。尖閣諸島における現状変更は一切認めないというアメリカ政府の方針に、日本政府が異を唱えていないせいでしょう。これは対米交渉において様々な譲歩をすでに日本が行っているのにも関わらず、尖閣の領有権をアメリカ側に認めさせることすらできていないということを如実に示しています。

 尖閣諸島を我が国の主権の及ぶ領土として、当然の権利を行使することをアメリカに話した際に、アメリカから強烈な反発があったとしましょう。この時に、陸奥宗光にならって「我々が自らが当然持つ主権を行使することを同盟国であるアメリカが仮に容認しないならば、世界はどのような目でアメリカを見ることになるでしょうか。一度試してみる価値はあるかもしれませんね。とにかく私たちは自らの主権を行使するまでです。」くらいのことを言ってやるべきではないでしょうか。実際やる前には、尖閣諸島が日本の領土であることを徹底的に世界にアピールする粘り強い動きを作っておくべきですが、それはともかくとして、そのような主権国家としての当然の主張や動きが、今なお対米的には全く見えてこないのが、安倍政権の決定的な弱点になっていると感じます。

 国際公約(対米公約)だから消費税の引き上げを実施し、国際公約(対米公約)だから目先のプライマリーバランスを重視した財政運営を行い、国際公約(対米公約)だから日本の公共部門まで外資に開放する「成長戦略」を策定するというのでは、我が国が真に独立国になっていこうという「戦後レジュームからの脱却」と全く相反する動きにしかなりません。そしてこの原因は安倍政権が「手段」と「目標」の関係を完全に見失っていることと関係するのではないかと、私には感じられます。そして、「手段」と「目標」の関係を完全に見失っているとすれば、この政権の動きによって、最終的に日本の自立はさらに決定的に遠ざけられることになります。

 睦奥宗光は当時の世界ナンバーワン大国であるイギリス相手に、相手にとって不快な条件を平然と突きつけ、恫喝を加える中でその条件を飲ませました。しかしながら、それによって日本とイギリスの仲はむしろよくなり、日英同盟につながっていくことにもなりました。こうしたやり取りが外交の世界では実際に常に展開していることだという当たり前の事実に、私たちはしっかりと気がつく必要があると考えます。

 今こそ、睦奥宗光の外交交渉術に学んで対米交渉を行うべきだという見解にご賛同いただける方は、ブログランキングへの投票をお願いいたします。


政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

1. おー

出ました!
睦奥宗光!!
凄い方なんですよねー

2. Re:おー

>初護ちゃまさん

本当に凄い方ですね。日本は外交の交渉力がないのが当たり前とされていますが、戦前はなかなかしたたかな交渉を見せています。その中でも陸奥宗光や小村寿太郎というのは、やっぱりすごい人だと思います。

3. Re:Re:おー

>朝香豊さんへ
やっぱり、全て戦後なんですよねー
なんもかも…

4. 無題

戦前はいいですね!日本人による日本人のための政治ができています。

戦後はCIAスパイが日本の政治を牛耳っているため、もう滅茶苦茶ですよね。これが戦争に負けたということなんでしょうが。

インドネシアはオランダ人の狡猾なやり方で350年間支配されました。インドネシア人のトップにオランダ人から指示出しをして、さもインドネシア人が決めた政策のように国民には見えている。それが植民地支配をオランダが続けられた理由だと思います。

今、それが日本で起きてます。日本人の95%は『日本人が日本の政策を決めている』と思っています。
絶望的な予感しかしません。インターネットが唯一の救いでしょうか。

長文失礼致しました。

5. Re:無題

>フナミさん
アメリカの持つすごみというのは、普段はアメリカ批判さえ自由にできるかのように見せつつ、それでも本気でアメリカに逆らったらヤバいと思わせる狡猾さを備えていることなんでしょうね。文化的な性質から、日本人はこのような性質を持つことが苦手ですが、こうした性質を持てないからこそ、日本は「侵略国家」の汚名を却って返上できないのだろうと思います。このあたりの逆説的構造を理解していないジャーナリストが多いのも、日本の悲劇ですね。

6. 消費税増税パフォーマンス

安倍さんは総裁選挙の時、デフレから脱却しない限り増税しないと主張して当選しました。
従っていまの経済状況では来年度からは増税できません。約束どうり事を運べばいいのに、バカバカしい聞き取りパフォーマンスを繰り返しているのは、上記の公約を反故にするためでしょう。TPPも公約を破って参加したし、このアメリカ隷属総理では日本は滅亡します。

7. 無題

>幽玄さん

全くもってやり方が狡猾ですよね安倍も。愛国的な行動を表に出すことで日本人の支持を集めつつ、売国を進めていく。売国一辺倒にしないところが、ユダヤ人支配に似ています。
安倍はA級戦犯の岸信介の孫で、岸がCIAスパイであることを考えれば、安倍がCIAスパイであることは間違いないです。

しかし、安倍がCIAのスパイなら、なぜマスコミ(CIAエージェント)は安倍を嫌うのか?

ひょっとしたら、CIAの力は今はマスコミには届かず、在日朝鮮人たちに権限があるのかもしれませんね。

8. Re:消費税増税パフォーマンス

>幽玄さん
安倍総理は確固たる経済政策を持っているわけではないので、周りの言に翻弄されてしまうところがあるのでしょうね。権力を持つところには当然様々な綱引きがあり、汚い手段を絡ませてくることも多いでしょうから、確固とした考えがないと翻弄されやすいのでしょう。そこが安倍総理の限界ですが、かといって安倍総理に代わって総理になるべき人間がいるかといえば、見つからないのが、日本の限界ですね。

9. Re:無題

>フナミさん

安倍首相はやり方が狡猾というよりも、確固とした哲学のようなものを持っていないので、翻弄されてしまうのだろうと思います。

中国や韓国が引っぱる綱には警戒心を持って臨むことができていますが、米国が引っぱる綱には今でも警戒心が足りないのでしょうね。

アメリカの綱も受け入れつつ、中国や韓国の綱も受け入れている日本のマスコミでは、時々によって安倍氏の扱い方が変わるところがあるのでしょう。

さて、ユダヤ系が黒幕として存在しているとしても、彼らがリモコンを持って自由自在に操っているわけではないと思います。対立を作り出すようにし、安定期が混乱にとって代わり、混乱がまた安定にとって代わられるようなサイクルを作り出すことが、目先のトレンドにしがみつきやすい人を追い落として自らの利益を生み出すのに有益だということを、経験的に身につけているのが実態ではないかと思います。つまり、大筋の流れを生み出すことはやっていても、全てをコントロールしているわけではないので、対立する事象が当然出てくるのではないでしょうか。

10. Re:Re:消費税増税パフォーマンス

>朝香豊さん
これだけ国民にウソをつき、亡国へと導いている人に替る人がいない・・・・理解できないのですがなぜですか。

11. Re:Re:Re:消費税増税パフォーマンス

>幽玄さん
戦後レジュームのなせる技ではないでしょうか。もっともっと多くの国民がこの構図によって大きな損失を被ってきたことに気がつくようにならないと、どうにもならないということだと思います。国民意識と政治状況やマスコミの報道姿勢は連動するものだと思います。地道に頑張るしかないのでしょうね。頑張りましょう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。