記事一覧

消費税増税阻止のために、総理に手紙を出そう①


政治 ブログランキングへ

 消費税増税に反対して、これから連日安倍総理に向けて手紙を送ることにしました。読んでもらえるかどうかは全く未知数ですが、とにかくやろうと思っています。私の書いた文章は、ここにも公開していきます。共鳴して同じような運動にご参加いただける方がいると、心強いです。

--------------------------------------------------

 毎日の激務、ご苦労様です。東京オリンピックの招致にも多大な貢献を頂き、ありがとうございました。日本国民として、本当に嬉しく感じております。

 さて、本日このように手紙を書かせていただいておりますのは、消費税増税について、絶対に避けていただきたいとの思いを、安倍総理に何とか伝えたいためです。

 デフレ脱却と政府財政の健全化については様々な論争があることは承知しておりますが、とにかくこの点で大きな効果を発揮した戦前の高橋財政に倣った経済政策を、まずしっかりと打ってみたらどうかと、私は思っています。

 総理もご存知のように、昭和恐慌期の蔵相は井上準之助で、井上は不況が深刻化する中で、緊縮予算を組むと同時に、不足する税収を補うための大増税まで企図していました。政府の財布を預かる大蔵省・財務省が財政が厳しくなる中で、すぐさま緊縮予算やら増税やらを考えてしまうのは、きっと本能のようなものなのでしょうね。

 井上の後を引き継いで高橋是清が大蔵大臣に就任すると、この「大蔵省の本能」に真っ向から逆らう政策を打っていきました。高橋是清というと、積極財政が有名ですが、井上の増税案を凍結たことも大切なポイントになるかと思います。もちろん積極財政も大胆で、一般会計の歳出総額は昭和6年度の15.0億円から昭和7年度に20.2億円、昭和8年度に23.2億円にまで増えています。現在の予算規模からすれば、来年度の一般会計歳出を130兆円にし、再来年度の一般会計歳出を150兆円にするくらいの積極財政を実施したくらいのイメージです。(なおデフレから脱却してからは、抑制気味の予算に転じました。)日銀引き受けによる公債発行で財源を賄ったわけです。

 さて、昨今では「中央銀行が通貨を増発して国債を買い取ることにより、政府の財政赤字を減らすこと」を「マネタイゼーション」と呼んで、あたかも禁じ手であるかのように言われるのですが、ではこの高橋是清の政策はやってはいけない政策をやってしまった、歴史に残る悪例なのでしょうか。また、財政が悪化する中で、井上の増税策を葬ったのも、天下の愚策だったのでしょうか。「マネタイゼーション」も「プライマリーバランス」も全く気にせずに、デフレから脱却することを最大の目標に置き、増税のストップと大胆な積極財政を同時に行ったからこそ、高橋財政が大きな効果を上げたことを、理解すべきだと思います。

 なお、高橋は増税に関して、以下のような言葉を残しています。
「一方で増税をした。又他方に於ては赤字公債を出して行かなければならぬ。而もそれが減るといふことが確かでなくして、幾らかづつ増えるといふような懸念があり、又何時頃になったらならば、此赤字公債を発行する必要がなくなるであろうといふような見当が凡そ将来つかなければ、私は国民に対して増税すると云ふ事を言ふ理由が立派に立たないと思ふ」

 総理が戦前の高梁財政を高く評価するのであるなら、「マネタイゼーション」とか「プライマリーバランス」といった言葉を全く気にしない立場に立ち、消費税増税を撤回した上で、積極財政を推進する立場に立つべきだと考えます。それが強い日本復活の切り札であり、逆説的ながら、財政再建への道筋だと考えるからです。

 激務の中にあり、しかも対処しなければならないことが山積みでしょうが、健康面に気を配りながら、正しい日本の舵取りを進めていただきたくお願い申し上げます。

--------------------------------------------------


政治 ブログランキングへ
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!