記事一覧

消費税増税阻止のために、総理に手紙を出そう②


政治 ブログランキングへ

 消費税増税に反対して、安倍総理に向けて手紙を送る運動を広げていきたいと思っています。本日もまた新しい手紙文を用意しました。共鳴して同じような運動にご参加いただける方が増えると、大変心強いです。できれば、ご協力下さい。

-----------------------------------------------------------
 毎日の激務、本当にご苦労様です。政権交代を果たして、安倍政権が誕生してから、日本がよりよい方向に変わりだしていることを嬉しく思っています。

 さて、本日は消費税増税を絶対に避けていただきたいことに関しまして、弱小企業の経営者としての見地から、お話しさせて下さい。

 大した資産の裏付けもなく、利益もなかなか出せない弱小企業にとりましては、消費税は実に過酷な税金に見えます。法人として利益が出なくても払わなければならない税金であるためです。

 中小企業の経営者は、赤字決算になると予測されれば、たいていは自分の年収を真っ先に切り下げます。例えば、経営環境の悪化が予想される時に、自分の年収を300万円まで落としたりします。それでも実際の決算が1000万円の赤字であるなどということは普通に起こりうることです。そんな状況下で消費税を500万円払うことを求められている時の経営者の心境というものがどのようなものであるかを、ぜひ考えていただきたいのです。収入が生活費だけで消えてしまう中でも、赤字の1000万円を補填できるキャッシュを何とか確保しなければならない立場なのに、そんなこととは無関係に消費税が500万円乗っかかってきたりなんてことがあるわけです。

 経営の地合いの悪さが1年で終わればまだよいのですが、これが2年とか3年とか続くことになると、本当に地獄になります。

 「消費税がなければ黒字になるのに…」といった思いを持つことも少なくありません。輸出還付金が入ってくる輸出企業には、消費税はメリットの大きな税制だろうと思いますが、内需型の企業、とりわけ価格転嫁のしにくい中小企業には、将来への投資を阻害する役割さえかなり大きく果たしているように思います。消費税によって内需が抑えられている側面は、中小企業の経営者にならないとなかなか実感しにくいのではないかと思います。

 利益が出たら出たで、確かに法人税も重たいと感じたりもしますが、この法人税に感じる重さも消費税さえなければ、実感は随分違うだろうなと思います。そもそも赤字決算後に黒字転換した場合には、損益通算によって黒字も圧縮されることになりますから、法人税に対して感じる重さは、消費税に感じる重さとは随分違うものがあります。

 弱小企業の経営者の立場からすれば、消費税は増税するどころか、むしろ廃止してもらいたいくらいの税制です。デフレから完全に脱却できているわけでもない今の段階での消費税の増税には、到底賛同することはできません。

 中小企業経営者の自殺者をこれ以上増やさないためにも、現段階での消費税増税は何としてでも思いとどまっていただきたいと考えています。

-----------------------------------------------------------


政治 ブログランキングへ
 
スポンサーサイト

コメント

1. 政治家の不可解

消費税増税すれば景気が悪化して税収は
減るのに、自民党のほとんどの政治家が増税に賛成しているのが理解できません。

2. 無題

>幽玄さん

消費税アップは日本ではない、別の組織からの命令と考えると辻褄が合うんじゃないかと思います。
占領政策をしてくれたあの国ですね。

3. Re:無題

>幽玄さん、フナミさん

需要不足経済にあって、需要不足を加速させる政策は愚の骨頂ですが、マクロの視点を持たずにミクロの視点ばかりで考えてしまうと、税収減となること自体が理解できないのでしょうね。高橋財政を採用した時も、周囲はほとんど無理解であった中で「強行」されたものでした。高橋に対する高い評価は結果的な評価にすぎませんでした。そんなことすら、歴史の彼方のことゆえに、もはや記憶から遠のいているということなんでしょうね。高橋財政にさえ学べないというのが、日本の悲しい姿だと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!