記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緊縮病から脱出できない日本


政治 ブログランキングへ

 政府純債務が平成24年末で639兆円に達し、すでに名目GDPの475兆円を上回るところ(政府純債務対GDP比134%)まで緊縮財政をやり続けた愚かな国家日本は、このたび緊縮財政をさらに強化する政策を打ち出しました。まったくもってアホの極みです。財政を拡大して普通に必要なところに必要なお金を投入していれば、こんな愚かなことに陥ることはありえませんでした。

 単純な算数で考えてみましょう。仮に525兆円分の国債を発行して、従来を525兆円上回る財政政策を打ったとします。この財政政策に民間投資を促進するといった波及効果(乗数効果)を一切持たなかったとしても、名目GDPは525兆円分は増えて1000兆円(475兆円+525兆円)に達するはずです。政府純債務も1164兆円に達しますが、この時政府純債務対GDP比は116.4%となり、現在の134%と比べると大きく低下します。

 もちろん、現実の世界では、これほどの財政政策を打ち出したら国内の供給能力が追いつきませんから、猛烈なインフレに悩まされることになります。ですからもちろん非現実のもとでの単純な算術でしかありませんが、ただ財政を普通に拡大してGDPを最低でもその分だけ増やし続けるという政策を採用していれば、ここまで政府純債務が対GDP比で積み上がることはなかったということが、こういう点から推察できるのではないかと思います。つまり、日本の財政問題の元凶は緊縮財政策にあるということです。

 そして緊縮財政を行った結果として、国家的な研究開発プロジェクトの予算を採用できなくなり、国際競争力を落とすことにもつながりました。スパコン世界ランキングにおける日本の凋落、ルネサス・エルピーダ・東京エレクトロンに見られる半導体分野における日本の凋落は、官民一体となって日本に対する巻き返しを図ってきた欧米と明らかな対比を描きます。

 日本を緊縮財政病にかからせて、国家的な援助がないとなかなか進められない最先端研究を行わせないように導けば、日本の産業力を削ぐことができます。アメリカ・中国・韓国といった国々はこのことに気付いた上で、この流れの実現にエネルギーを注いできたはずです。その意味で、この消費税増税に代表される緊縮財政策からの転換ができるかどうかは、戦後レジュームからの脱却ができるかどうかの一番の鍵を握るところではなかったかと、私は思っています。ここでの政策の転換ができなかったことで、日本はさらなる苦境に陥ることは避けられません。今回の消費税増税の決定の持つ意味の大きさを、我々の力で社会の共通認識になるように広げていくことが求められています。

 地元選出の国会議員のもとなどに出向き、こういう実情について理解をさせる戦いが、今後も続きます。皆様のご協力をお願いいたします。


政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

1. あー

もう言葉も無い状態です

2. 無題

安倍の狙いはやはり日本潰しですね。

一般国民は政治無関心にさせて、政治家たちは日本弱体化に向けて好き放題やる。日本人は『政治家が決めたことだから仕方ない』と真面目に言うことをきく。
この繰り返しをず~っとしてる。国民が暴動起こして死傷者が出るくらいにならないと、国難は回避できないのかもしれませんね。

3. Re:無題

>初護ちゃまさん、大国男児さん
大変な事態になりましたね。安倍総理には意図的に売国に走っている意識はないとは思いますが、意図していないから罪が軽いということにはなりませんものね。
ただ、今回の件で一番問題だったのは、我々の側だと私は思っています。安倍総理を静かに見守るべきだと言って、大きな運動を展開してこなかったわけですから。衆議院選挙の終盤に秋葉原に集まったくらいの人数で、首相官邸を包囲していたら、状況は違っていたかもしれません。
とにかく運動をしないと動かないということを、本気で学ぶ機会となってくれなければ、日本は変わらないと私は思います。

4. 無題

>朝香豊さん

私は、安倍は確信犯だと思ってます。この前の9/25にアメリカで『国境という概念は無くなりました。TPPの流れは当然です。』と安倍は講演してます。日本国内では保守を装い、日本人を騙し、海外では明確な売国発言をしています。本当の保守なら、北朝鮮拉致被害者奪還や竹島問題が最優先でしょうに、全くやる気なし。私は安倍はCIA工作員と考えています。TPP締結でお役御免かと。

5. Re:無題

>大国男児さん
この件に関して、ブログ記事を新しく書きました。ぜひご覧下さい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。