記事一覧

安倍晋三をどう考えるか


政治 ブログランキングへ

 安倍総理をどういう人物としてみるかという点への関心が高いように思います。そこで今回は、私が安倍晋三という人物をどう考えているかについて、簡単にまとめさせていただきました。

 私は安倍総理は、極めて普通の人なのであって、一貫した確固とした哲学などをお持ちの方ではないと思っています。ましてや日本の国を救うスーパーマンなどではさらさらないと思っています。ですから、彼が「戦後レジームからの脱却」を口にするとき、彼は本気でそう思っているのだろうと思います。ただ、彼の言う「戦後レジームからの脱却」とは、戦後の日本を覆い尽くしている体制そのものの否定などではなく、自国の歴史に誇りを持てない教育を何とか改めたいといったレベルの、実に小さいものでしかないように感じます。このあたりの勘違いがあるために、彼の政策について理解できないということが普通に起こるのではないでしょうか。

 さて、安倍総理は日本をデフレから脱却させる鍵が過小投資にあると考えているのでしょう。そしてその問題意識は間違っているわけではありません。そしてその前提にあるのは、日本企業だけに頼ってみても、国内投資が不十分である状況があります。ここから彼は、日本経済の復活のためには外資にも日本に投資しやすい環境を整備していくことが重要だと考えているわけです。国際化が避けられないという認識は、第一次安倍内閣の時のアジアゲートウェー構想の時からのものでもあります。これは「戦後レジームからの脱却」と矛盾するじゃないかと突っ込みたくなりますが、この「戦後レジームからの脱却」という言葉の持つ意味が、先ほど述べた程度に小さいものであるならば、実は矛盾もしないわけです。

 もちろん、外交における対中政策の重要性から、またマスコミ対策の面からも、アメリカを絶対に敵に回せないとの意識も働いていると思います。そのためにはアメリカの支持が絶対に必要なんだと考えているのだろうと思います。彼は戦後体制を総否定するつもりなどさらさらないわけですから、彼の中ではアメリカべったり主義と「戦後レジームからの脱却」が矛盾だなどとは全く思っていないのでしょう。

 このようにしか考えられないところに彼の限界があると思っています。「戦後レジームからの脱却」を唱えながら、思考方法は完全に「戦後レジーム」そのものでしかないわけですから。

 日本という国に誇りを持てないことには、彼は忸怩たる思いを持っているのは確かでしょう。「あれはあくまでもポーズでしかない」と言って、そこまで否定することはないと思います。端的に言えば、彼は小泉純一郎的な人物ではないのかと考えるのが適切だと思います。小泉氏も靖国神社への参拝にこだわった首相だったところも共通していますよね。だから竹中平蔵氏を重用し、竹中氏直系の菅氏を官房長官に据えたのでしょう。自民党総裁選挙における安倍陣営の選挙参謀が、バリバリのグローバリズム派の甘利氏であったのも、そういうつながりで理解すべきものだと思います。

 このような安倍氏をスーパーマンのように勘違いした側面は、私たちの側にもあったのではないでしょうか。菅氏や甘利氏を主要閣僚に抜擢しているのは、党内バランスを考えてのことだなんて思っていた人も多かったと思いますが、決してそんなことはなかったわけです。

 私は安倍氏が本当に「戦後レジームからの脱却」を目指す政治家だったとしても、政治を信頼する安倍氏に静かに委ねるという方針は間違っていると思っています。どんな為政者が政治についているにせよ、様々勢力との綱引きで政治が決まっていく現実は変わりようがないですから、国民運動を常に強めていかないとうまく回らないと思っています。

 さらに、安倍氏は我々が思い描いたような、真の「戦後レジームからの脱却」を目指した政治家ではなかったわけですから、我々が大きな運動を展開しない中で、我々が思ったように動いてくれないのは当然だったというわけです。

 安倍総理をどう見るかの頭の整理になってくれればと思います。



政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

1. 納得です

偏った評価が多々ある中、非常に的確な分析だと思いました。

2. 無題

自民党議員に詳しくは無いんですが、竹中を起用している時点で気付くべきでした

反省m(__)m

3. ご無沙汰しております

そうかもしれません。
一人一人の戦後レジュームの脱却とは、捉え方が違いますし思い込んでしまううところかありますね。

他の政治家居ますでしょうか…

4. 無題

つまり、安倍は悪いことしてるという感覚で政策を決めているのではなく、単純に天然馬鹿ということですかね。確かに、『成長』の成の字が書けなかったり、カンペには漢字に全部ルビが振ってあったり、馬鹿なのは確かだと思います。成蹊高校→成蹊大学という学歴も疑問符です。大丈夫なのこの人の知性で?と思ってしまいます。

私が、安倍に恐怖しているのは
①海外と国内で発言が酷く異なること
②消費税アップを参院選勝利直後にやらかしたこと。

②は参院選勝ったら即実行すると決めてたんでしょう。なぜそんなどうでもいいことを最優先でやる?側近の西田議員は民主党政権時代の野田に『増税意味ない』と言ってた訳ですし。

愚痴が多くなりましてすいません。

5. 重箱の隅をつつくようですが

レジームという言葉をレジュームと書く方が大勢いますけど、regimeの発音記号は【rəʒíːm】です。

6. 無題

化けの皮が剥がれた・・・・のではなく、
我々のほうが「誤解」をしていたのだと
よくわかりました。

彼はあれでも「国のため」にやっている、という意識なんでしょうね。
グローバリズムも、それが日本のために「良い」と
思い込んでるんですね。
多分。

悪気がない分、
指摘されても「何で?」って思うんでしょうか?、
説得しにくいタイプなのかなあ?

こうして冷静に分析していただくと
腑に落ちて、これからどうすればいいかが
少しは前向きに考えられそうです。

「戦後レジームの脱却」なんて
言うからさあ~
てっきり
真性保守かと思ってしまってさあ~・・・・
ブチブチ・・・・・。

消費税増税にしても、
デフレ解消されてない時には
増税しない!と
彼は判断してくれるだろうと
楽観的に考えていましたが
こうして振り返ると、
そんなのん気にしてる場合じゃなかった、って
ことで、こちらの警戒が不足していました。

仰るようにどんな人でアレ、国民が
常に注視し、声も上げていかないと
駄目ですね。

鋭い分析有難うございました。
大変、参考になりました。

7. 公約無視

戦後レジームからの脱却以前の問題として、
TPPも消費税増税も公約を破り、国民を不幸に
していくのは政治家としては失格でしょう。

8. Re:納得です

>ことよさしさん
ご同意いただけて、嬉しいです。ありがとうございます!

9. Re:無題

>鼻毛《TPP批准議員を許さない》さん
なかなか気付かないですよね。私も主要閣僚に加えて、竹中氏、伊藤元重氏、高橋進氏などの重用に違和感を感じながら、安倍総理の真相に気付くまでにかなり時間を要しました。

10. Re:ご無沙汰しております

>初護ちゃまさん
いつもありがとうございます。
安倍総理が、西田議員や三橋貴明氏や中野剛志氏らと近い位置にあると思ったのが、私たちの大きな勘違いだったのでしょうね。
政治家として筋が通っているのは、西田議員くらいしかいないのが実際だと思います。ですが、西田議員は参議院議員ですから、首相候補にはならないですから、自民党にしても他に選択肢がないというのが、頭の痛い実際だと思います。

11. Re:無題

>大国男児さん
海外と国内で発言が異なる点は、海外では海外の投資家向けへのアピールが、彼の中での重要課題であるからではないですかね。国内ではそのような発言をする必要がないので、落差があるように感じてしまうということではないかと思います。
西田議員が近い立場にあると思ったのが、そもそも私たちの勘違いだったのでしょうね。
私も愚痴りたくなりますから、おあいこですね。

12. Re:重箱の隅をつつくようですが

>violetさん
全くもってその通りです。高校時代に「アンシャンレジューム」と覚えたのが今でも引き摺っていますね。訂正いただき、ありがとうございます。

13. Re:無題

>翡翠(ひすい)さん
私も同じ思いを共有しています。少なくとも、自民党総裁選挙の頃は、彼の経済政策はまともに聞こえましたしね。今からすれば、経済のブレインにマネタリストの浜田氏を選んだ段階で違っていたということなのですが、後からじゃないとわからないことって多いですからね。

14. Re:公約無視

>幽玄さん
おっしゃる通りですね。
彼は祖父の岸信介の安保改定の時の姿も頭に思い浮かべながら、結果的に国民の利益になることであれば、筋を曲げることもやむをえないと思っているのだろうと思います。
我が国民もものわかりがよく、政治とはそういうものだと理解しているところがありますよね。実際政治にはそういう要素もつきものですし、このものわかりのよさも実に日本的であり、うまく機能する時にはすばらしい形になりますが、逆に歪められると酷いことになりますね。難しいところです。

15. Re:Re:納得です

>朝香豊さん いつもブログ拝見してます。今後とも鋭い分析期待しています。

とにかく、打倒新自由主義で諦めずに頑張っていきましょう。

16. 無題

トップである以上、安倍さんが最終責任者であり
彼の名を挙げて批判されるのは仕方ないことですが、
誤解してはならないのは
(そのように誤解してるとしか取れない批判は巷に溢れていますが)
彼は独裁者でもなんでもなくて、彼の政策のすべてを
彼の思うがままに独断実行できるわけでも何でも無いという前提の部分です。

おっしゃるとおり、党内外の「様々勢力との綱引きで政治が決まっていく現実」があって
最終的に結果として現れて来るのです。
だとすれば、結果を見て「有能」とか「無能」とか評価するのが政治というものですが、
別にその結果から安倍さんの本音本心までわかるというわけでもなんでも無い。
彼が真に愛国者なのか新自由主義者なのかは、誰にも知り得ないことなんであって、
「TPP交渉参加、消費増税を決断したから、安倍さんは新自由主義者である」
は理屈としては通らない。というか本音がどうとかいう問題自体、あまり意味が無い

わたしはもっと単純に考えていて、第二次安倍政権の生い立ちまで遡れば、
昨年末の衆院選、民主党政権下のあの暗黒の3年間を経験した我々有権者も必死でしたが
党代表選を勝ち、その後選挙でも大勝した安倍さんも死力を尽くして戦われていたわけですが
あのときは、いわゆる旧来の(超えるべき戦後体制に属する)自民党内外の勢力の協力も得て
成立した政権であることを思い起こせば、
スタート時点から大いなる矛盾を孕んだ存在であることはむしろ当然でしょう。

だから、安倍さんの人事(新自由主義者、グローバリストが目に付く)を見て
そこに彼の本心が見て取れるではないかという批判をする人々もいますよね。
これについてもわたしは懐疑的というか無意味だなと思っています。
協力だけとりつけておいて論功行賞なし…そんなウマい話ってあります?

ついでに言っておくと
安倍さんより期待できる人物を立てて応援できる状況を作れるのであれば良いのですが
対案も無いうちからひたすら安倍バッシングする人々も「なんだかなー」と冷めた目で見てます

17. 安倍の挙動

たびたびすみません。大国男児です。なんか安倍の行動を見てると、『これやると支持されなくなる』とか分かってて立ち回ってるような気がしてなりません。なんか、計画性をもの凄く感じます。単なる天然バカではなくて狡猾な手法で増税まで持って行ったような
気がしてなりません。なんというか、国内国外であまりにも言動が明確に区別されているし、国外向けのやらかし発言を安倍揚げ足取り御用達マスコミがほとんど取り上げないことも胡散臭さが凄いです。私は、これから先の日本は絶望的だと思っています。安倍の爺さんが岸信介の時点で、もっと疑いを持つべきでした。

18. 皇国史観(薩長史観)の見直し

朝香様。
以前にも議論を致しましたが、大日本帝国が
素晴らしい国だったという、皇国史観の見直しをお勧めいたします。

安倍は皇国史観では愛国者です。
安倍は明治維新を最高の価値として考えています。
つまり日本を開国し外国勢力と手を結び海外に進出し、低賃金で労働者を酷使し、経済格差の拡大を助長して、経済的果実を華族、財閥エリートがその手中に独占する。
これは大日本帝国で公然と行われて来たことです。
皇道派が決起した経緯を想起してください。
あれは行き過ぎた日本の英米化、アングロサクソニズムへのアンチテーゼでした。

19. 連投すいません。

国内発言→棚田を守ります!美しい日本を取り戻します!
国外発言→日本の硬い岩盤にドリルで穴を空けます!

取り戻してないし、むしろ日本をあらぬ方向に変えようとしてますよね。ニュアンスどうこうの話じゃないです。小学生が聞いたって目が点になります。それが普通の反応です。これは寛容できるレベルじゃないし、時代が時代なら百姓一揆が起きて、安倍は民衆に吊るしあげられてますよ。もし、安倍がこの国内発言と国外発言について矛盾していないと思っているなら正真正銘のバカが確定しますし、それならそれでバカなんだから首相は辞めないといけません。もう私はこの男を許すことはできません。ただし、CIAの犬でしたと正直に言うならば許します。

汚い発言ばかりで申し訳ありませんが、これから生まれてくる子供たちに暗い未来しか用意されていないとか、あり得ませんよ。

20. Re:Re:Re:納得です

>ことよさしさん
そうですね。諦めたら何も生まれませんものね。ともに頑張りましょう。

21. Re:無題

>とおりすがりさん
安倍さんは独裁者というわけではないから、思うがままに独断実行できると勘違いするなという意見に、全面的に賛同します。また、その本心も知り得ないとの立場も、私は基本的に賛同します。政治の結果は綱引きの中で決まってくるものであり、最大の反省材料は我々の中で静かに安倍さんにお任せしようという雰囲気が広がったことだと考えます。
ただ、安倍さんの人選は、新自由主義者、グローバリストが単に目に付くというレベルを超えていたとはいえないでしょうか。論功行賞でバランスをとるというレベルをはるかに超えていたとは思われませんか。国民経済派の人など、経済財政諮問会議にも産業競争力会議にも規制改革会議にも一人も入っていなかったのではないでしょうか。私も批判される安倍否定派だったかと思いますが、こうした人選や、そういう会議での実際の議論の進み方を見れば、政権の性格が推測できるというのは、間違ったことではないとも思います。
TPPについては、党内の多数派に寄り添ったのではなく、むしろ安倍総理のイニシアティブでひっくり返した話であったことも、思い出すべきではないでしょうか。
とにかく、甘利氏から「TPPに反対する動きは今やもうない」と言わしめた状況を、私たちは完全に覆す必要があります。その観点からも、政権の性格を明確にしておくことは重要なことだと私は思っています。

22. Re:連投すいません。

>大国男児さん
私のことを皇国史観の持ち主だと思われているのですね。私は大日本帝国にはよい面もあったし、ダメな面もあったと思っているたちでして、皇国史観の持ち主とはちょっと違うかなと、自分では思っています。そもそも完敗を強いられる戦い方をしたこと自体が、大きな弱点を抱えていたことの例証になるんじゃないでしょうか。
安倍総理は金融資本が暴れまくる経済はよくないとは思いつつも、例えば水道事業を民営化して外資に参入を許したとしても、それは金融資本が暴れ回っているとは違うという認識かもしれません。棚田を守る前提は強い経済の復活だという考えをしているのかもしれません。
私たちが「当然」と思うような認識を、そもそも世間は共有していないとは思いませんか。人間とは矛盾したことをいっぱい言ったりやったりしでかすのが普通の姿であり、安倍総理もそういう方ではないですかね。
自分の行動の一つ一つの意味を、自らの哲学の一貫性に照らして考えるようなことは、恐らくやっていない方だと思うのですが、違いますかね?

23. 残念です

「デフレから脱却しない限り消費税増税はしない」という公約を、これほどあっさりと破ってしまったのには驚きました。
安倍総理は、それほど重要なことだとは思っていないのか、本当に消費税増税とデフレからの脱却を同時に出来ると思っているのか・・・。

私は過大評価していたようです。
「来春からの消費税増税」にくわえ、「TPPにも参加する気満々」とあっては、もう安倍総理を応援できません。

少し無力感と虚しさを感じていますが、嘆いてばかりでは何も改善しませんよね。
また地道に頑張ります。

24. Re:残念です

>みさか明さん
嘆いていても始まらないですが、嘆きたくもなりますよね。これでいながら安倍首相に代わって総理を任せられる人物がいないということに、日本の悲しい現実がありますが、そこから出発するしかないということなんでしょうね。
厳しい戦いですが、ともに頑張りましょう。

25. 最も危険な人物にしか見えません

朝香様
>これでいながら安倍首相に代わって総理を任せられる人物がいない

そうでしょうか?
この嘘つき首相は、私には最も危険な人物にしか見えません。
ある意味、この人以外なら誰でもいいくらい危険な気がします。
あまりにめちゃくちゃな矛盾に満ちたことを平気でいい、
そして傍若無人に、暴走していく。
美しい棚田を守りたいと言いながら
それをブルドーザーで潰す準備をしている。

気持ち悪くて吐きそうです。

26. Re:最も危険な人物にしか見えません

>JSKさん
私の書き方が誤解を招くような感じだったようですね。私が言いたかったのは、それでも安倍総理がNo.1だということではなく、この人が総理をやるべきだと押したい人がいないということだとご理解下さい。

27. 無題

我々日本人は一度、その人物を信頼してしまうと、中々否定するのが難しい気質を持ってますよね。

ですが、マズいものはマズいと判断できる能力が必要だと思います。マスコミの安倍さん叩きも少なくなった気がして不気味です。

こうやって、国は壊れていくのかもしれません。

共産主義化が進められ、外国人が日本に入ってくることが素晴らしいことと洗脳されてきた日本人にTPPを強く拒否する知識もモチベーションもありません。

28. Re:無題

>フナミさん
「TPPに関して守り抜くべき国益」として、政権公約に記された6項目が、いつしかそのうちの一分野の「農林水産品における関税」の話のみにすり替えられ、しかもそのうちの5品目の「聖域」のみに絞られ、さらにはその5品目についても関税化を受け入れると言い始めていますよね。断固とした反対運動を作り上げていくようにしないと、本当にまずい事態になりましたね。

29. 無題

>朝香豊さん

ご返信ありがとうございます。聖域5項目も全然聖域じゃないみたいですね。安倍政権のやり方は少しずつ条件を変えていく新手の詐欺フェストだと思います。 民主党の時となんら変わってません。

30. Re:無題

>フナミさん
おっしゃるとおりです。ですが、安倍政権に幻想を持っている保守層が多いために、抗する動きが弱いわけですね。これを何とかしないといけませんね。

31. 普通の人ではないと思います

随分前の記事ですが思うところがあったのでコメントさせて頂きます。

政治家は往々にして嘘をつくものですから、彼等を評価する際には彼等の言葉ではなく行動から判断する必要があります。

その観点から見ると第二次安倍政権がやってきたことは、河野談話見直しの後退、TPPの強引な推進、消費増税、シリアに対しての「アサドは道を譲るべき」との発言等、米国(正確にはユダヤだと思います)にとって都合の良い行動が目につきます。

なので決して普通の人ではなく米国(ユダヤ)に非常に忠実な傀儡と見るべきではないかと私は考えます。

32. Re:普通の人ではないと思います

>プラモデル工作員さん
「傀儡」という言葉には、2通りの意味合いがあるかと思います。一つは受けた命令を進んで実行すること自体を使命のように感じて、実際にその通り実行しているというタイプの傀儡で、もう一つは国家のリーダーとなるには頭が弱い「普通の人」であるために、外国からの工作を工作だとも思わずに、それが正しいことだと思ってしまって実行してしまうタイプの「傀儡」です。私は後者だと思っているのですが、それでも私と見解は異なるでしょうか。
また、安倍政権を傀儡だと認識することを前提としなければならないとするならば、安倍総理に対する幻想を捨てきれない人たちは、TPP反対などのこれから盛り上げなければならない運動に関わらなくてもよいということでしょうか。私はなるべくそういう人たちにも受け入れられるように、話を進める必要があると思っています。
この点で「傀儡」という過激な言葉を我々の側で用いてしまうと、まさに私の書いた一番目の意味の傀儡を想像してしまう多くの人たちは、その決めつけに違和感を感じて、運動を一緒にやっていこうという気持ちが削がれてしまうことにはならないでしょうか。そういう情報の受け手の心情を考えた場合には、誤解を招きそうな言葉は、なるべく使わない方がよいのではないかと、私は思っています。

33. 無題

安倍首相の行為は文字通りの意味での傀儡、他者の手先と判断出来るものです。

朝香豊さんのいう後者の意味の傀儡、普通の人だけど周囲に影響されて悪い方向に進んでしまっている、という認識は今チャンネル桜水島氏が広めようとしています。
現段階でも安倍首相を支持する人には心地よい考え方ですが、果たしてそれでTPP反対の声は大きくなるでしょうか?

私達は現実を見据えなければ今の国難に立ち向かうことは出来ません。
安倍首相にTPP反対の陳情をしてもTPPを止めることは叶いません。安倍内閣倒閣を訴える必要があります。そうでなければ庶民の声が届くことなどあり得ません。

34. Re:無題

>プラモデル工作員さん
人間はもともと不完全な存在ではないでしょうか。水島社長も不完全な人でしょうが、だからダメなんでしょうか。完全な理解ができていない人とは手を組めないのでしょうか。私はTPP反対では、共産党とも社民党とも手を組むべきだと思っています。

35. 私はあの宰相を許しません

もうご存知かも知れませんが。

一昨日の衆院予算委員会後、安倍晋三首相はTPPについて質問を行った篠原議員に対して、悪びれもせず 「いいネクタイですね」、「JA関係者に怒られましたよ」と苦笑したそうです。
http://www.asahi.com/articles/TKY201310210538.html

私は怒りしか覚えません。

ことTPPに関しては左翼勢力との協力も必要というお考えには賛成です。
嫌韓にうつつを抜かしてる自称愛国者より余程まともです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!