記事一覧

小泉発言をきっかけに、日本政府は原発政策の無策ぶりを転換せよ!


政治 ブログランキングへ

 小泉元首相の原発即時ゼロ発言に、政界が揺れています。既に政治の世界から引退した身であるとしても、日本では近年まれに見る長期政権を担った首相でもあり、自民党に対して与える影響力も極めて大きいために、政権側も対応に苦慮しているようです。

 さて、問題の根底はどこにあるのでしょうか。私は核の問題について正確な説明を政府が行ってこなかったことにあると考えます。

 原発事故後から2012年の3月まで、日本の水道の暫定的な安全基準値は大人が300ベクレル/リットルでした。これがアメリカの基準値の実に2700倍だなどといって大騒ぎしている人たちがいました。では、飲用や調理にこの300ベクレル/リットルの水を1年間使い続けたとしたら、どのくらいの被爆量にあたるのでしょうか。年間で2~3マイクロシーベルト程度の被爆量にあたりますが、胸部CT検査1回でおおよそ7マイクロシーベルトの被爆があることと照らして考えた時に、大した数値ではないことがわかります。

 ところで、福島第一原発での汚染水の排出基準はどうなっているでしょうか。これが何と10ベクレル/リットルとなっているのです。つまり私たちが飲む水道水に設定された暫定基準値の1/30であり、この濃度を超えると「汚染水」と呼ばれ、「汚染水が漏れた」といって大問題とされているわけです。実に馬鹿げているとは思われないでしょうか。

 こうした事実を知った上で、例えば11月10日に毎日新聞に掲載された記事を読むと、マスコミ報道のばかばかしさがより一層明確になります。以下、毎日新聞を引用します。

 東京電力は9日、福島第1原発の汚染水貯蔵タンクを囲うせきにたまった水が、せきの外側に漏れ出たと発表した。水量は不明で縦約80センチ、横約1メート ルの範囲にたまっており、ベータ線を放出するストロンチウム90が東電の暫定排出基準(1リットル当たり10ベクレル)を上回る140ベクレル検出された。排水弁周辺に隙間(すきま)が生じ、漏れた可能性があるという。東電は「近くに排水溝がなく、海に出た可能性はない」と説明している。
毎日新聞の記事

 この一事実を取ってみても、何とばかばかしいほどの「安全基準」によって縛られ、これによって原発処理の収束を酷く困難にしているかがわかります。こうした「汚染水」が仮に海水に流入したところで問題が起こるはずがないどころか、さらに急激に希釈されていくことにも冷静に目を向けたいところです。

 もちろんこの問題の最大の原因は、先の毎日新聞の記事にあるように、こうした問題に対する冷静な議論をリードすべきマスコミが、徹底的に意図的に汚染水問題が大問題であるかのようにミスリードしてきたことにあるといえます。

 しかしながら、これに対して政府の側から正しい情報について繰り返し説明を行い、国民的な理解が広がるように努めてきたでしょうか。これについてはほとんどやっていないといった方がよいのではないでしょうか。

 小泉氏の即時原発ゼロは、冷静に考えれば無責任きわまりない議論だと思います。しかし、最終処分場ができない以上は核のゴミを増やすことができないという主張にはそれなりに納得できる筋があり、それゆえに国民的な共感も得られやすい側面があります。

 もちろん、原発を継続するという立場でものを考えた時には、小泉氏ほどわかりやすい議論はできないでしょうが、だからといってマスコミがめちゃくちゃなミスリードを行うのに逆らおうとはしないで、それでも何とかものごとを解決しようという姿勢は問題のあるものとして捉えられるでしょう。

 安倍首相に求められるのは、小泉氏のように議論をリードする正しい説明を行うことではないでしょうか。別に首相自らである必要はないとも思います。所轄の大臣でもよいですし、責任ある立場の役人でもよいと思います。国民の疑問に答える公式の説明をわかりやすい動画の番組として編集して、NHKやインターネットの動画サイトを通じて流すようなことも行うべきでしょう。そして、一度そうした説明をやったということでお茶を濁すのではなく、国民的な理解が得られるまで繰り返し説明し続けることが大切です。そもそも、最終処分場がなかなか決まらないことも、政府による説明責任不足の側面が極めて大きいと考えるべきです。

 原発を巡るばかばかしい煽り報道をやめさせ、正しい政策を実行できるように、政府は積極的な広報を行うべきだと思われる方は、ブログランキングへの投票をお願いいたします。


政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

1. 無題

中長期的には原発依存度を下げて代替エネルギーを模索していくべきには、異論はありませんが、なにがなんでも今すぐに脱原発は無茶な無責任な話だと思います。今回指摘の放射性物質の基準についてもご指摘の通り、マスコミは無知で支離滅裂だと思います。ヒロさんのブログ、物理学者である小野会長のお話等で私もいかに放射能の事に無知で怯えていた事を知りました。特にトリチウムの事です。科学知識の事ですのでなかなか世間一般の人々に周知理解してもらうのは、大変な労力を要して厳しいとは思いますが、今回ご指摘の通り、広く知らしめる努力は必要だと思います。職業左翼的な人の妨害、扇動は心配な点ではあります。

2. Re:無題

>グラースさん
その通りで、いきなりの原発ゼロなどありえない話です。むしろ、原発技術の技術革新のすごさからすれば、原発依存度を引き下げるべきかどうかも冷静に考えるべきではないかと思います。
それにしてもかわいそうなのは、どこまで一生懸命にやっても非難される東電の社員たちです。マスコミの人たちは東電の社員たちを同じ日本人、いや人間だと思っているのでしょうか。科学的には福島に帰還しても何の問題もない人たちが帰れなくなっていることについても、日本の貿易赤字が続いていることにも、彼らの責任はまさに許しがたいレベルではないかと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!