記事一覧

フィリピン台風被害への支援のお願い


政治 ブログランキングへ

 皆さんもよくご存知の通り、台風30号によるフィリピンの被害状況がすさまじいことになっております。今回はこの台風被害への支援のお願いです。

 私はこうした大きな被害が発生した時に、ジャパンプラットフォームという団体をよく利用しています。私がジャパンプラットフォームを利用しているのには、理由があります。

 まず、いわゆる「義援金」は被災者に直接配るお金を拠出するものとなっており、被災直後の緊急支援物資の提供とか復興支援事業などの費用としては利用されていない点が挙げられます。

 実際、義援金の配布については、①できるだけ早く配るという「迅速性」、②適正に配るという「透明性」、③被災者に被害の度合いに応じて配るという「公平性」という「義援金の三原則」というものがありますが、このうちの「公平性」を重視するあまりに「迅速性」が滞るケースが多々発生しているのが実情です。

 例えば東日本大震災の時に義援金が半年経っても配られないとか1年経っても配られないという事態が発生したようですが、この時にも①戸籍抄本などの情報が津波被害によって失われ、個人の特定ができなくなったこと、②公務員削減のあおりで行政職員がそもそもマンパワーとして不足していることに加えて、行政職員も被災者であることもあって、義援金受け取りに必要な罹災証明の発行などが遅れたこと、③上記と関連してですが、被災状況の認定が遅れていること、④被害対象地域が広域で、自治体ごとにどの案分で資金配分を行ったらよいのかの調整がなかなかつかなかったことなどが、その理由として挙げられていました。

 従って、こうした点から、家を失い、水や食べ物がなく、病院での手当も受けられないという被災者の「今」を救うのに、義援金という仕組みははなはだ無力であると考えざるをえないと、私は思うのです。

 ジャパンプラットフォームは、被災地の状況に合わせて、物資・医療・衛生・生活再建・心のケアなどの、それぞれのどれに重点を置いて支援していくかを決めて、迅速に実行していく行動力があります。被災初期としばらくたった後ではニーズも変わってきますが、これに対しても柔軟に対応する対応力があります。協力してくれる民間企業も数多く、例えば、今回の台風30号の被災者支援については、ソフトバンクモバイルが衛星携帯電話の貸出を行ったり、日本郵船が支援物資の輸送協力を行っていたり、日本航空や全日空がNGOスタッフの渡航に協力するなどの形で、ジャパンプラットフォームに協力しています。

 私自身がこの団体と関わって働いているというわけではありませんから、あまり断定的に言うのはおこがましいのですが、ジャパンプラットフォームへの寄付は一般の義援金よりは遥かに早く現地のニーズに沿った展開ができるものではないかと思っています。

 他にもこのような団体はきっとあると思いますし、もっと効果的な支援ができているところもあるかもしれません。あくまで、自分がわかる範囲内ではジャパンプラットフォームがよいのではないかと判断しているにすぎないことを付言しておきます。なお、三菱東京UFJ銀行の店舗からであれば、どの店舗から振り込んでも振込手数料も取られることなく、ジャパンプラットフォームに送金できます。送金先は以下になります。

  三菱東京UFJ銀行 本店 普通 0212719
  特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム
  トクヒ)ジャパンプラットフォーム

 その他、郵便振替での寄付やPayPalを利用してのオンラインでの寄付もできます。詳細は以下のリンク先からご確認下さい。
ジャパンプラットフォームの台風30号の被災者支援のページ


政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

1. ジャパンプラットフォーム

http://blog.livedoor.jp/fjae/archives/51784956.html
このような意見についてはいかがでしょうか?

2. TPP

フィリピンはTPP参加を拒んでいたようですね。アメリカ主導が嫌だったとか。しかし、ここにきて史上最大の台風がフィリピンを襲来し、アメリカが20億円を支援。胡散臭さを感じざる負えません。

東電に1000億円の損害賠償請求をしてきたアメリカ。

この台風には確実に裏があると思います。HAARPは気象兵器として使われているんじゃないかと。

3. Re:ジャパンプラットフォーム

>ドラえもんさん
情報ありがとうございます。この団体について深く調べたことはこれまでありませんでした。ことの真偽について調べきれる力量がありませんので、教えて頂いたような批判がどの程度この団体に当てはまるのかはわかりませんが、確かに警戒心を持つべきかもしれませんね。
そこでお願いですが、私のような問題意識を持つ人間が寄付をする場合に、このジャパンプラットフォームに代わる、どこかよい団体があれば、ぜひ教えて下さい。緊急人道支援を展開してくれる団体です。よろしくお願いいたします。

4. Re:TPP

>宝船さん
フィリピン近海では、この程度の中心気圧の台風は実際にはさほど珍しいものではなく、今までたまたま上陸がなかっただけだと考えた方がよいようにも思います。日本に上陸した台風でも、沖永良部島とか宮古島とかの南方に上陸したものでは、上陸時の中心気圧が907hPaとか908hPaなど、かなり低いものがそれなりに多く見つかります。予算上限問題で身動きがとれにくくなったりもしたアメリカに、そこまでの策略を施す余裕はなくなっているのではないかと思います。
東電への1000億円の賠償請求も、米軍自体が行っているものではなく、米兵が行っているものであり、同列に扱うべきではないのではないかとも、個人的には思います。

5. Re:Re:ジャパンプラットフォーム

>朝香豊さん
ご返信ありがとうございます。このブログはぼくが大好きなブログの一つで、いつも楽しく拝読させていただいております。
ジャパンプラットフォームやアグネスチャン(陳美齡)がかかわる日本ユニセフなど(下記参照)

http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/?no=5261

ぼくらの善意につけこんだ怪しげな慈善団体が、週刊誌やネットで告発されています。テレビや新聞メディアにでてこないのは、これらの団体からメディアに対し、様々な、形でお金が流れているからです。
どの団体なら心配ないのか、ぼくもそれほど詳しくはないのですが、個人的には『ワールドビジョン ジャパン』の理念に賛同し、毎月支援させていただいております。フィリピンの緊急支援も現在行われているようです。あと国内では日本赤十字社かな?ただあまり詳しくは調べてません。

6. Re:Re:Re:ジャパンプラットフォーム

>ドラえもんさん
ご返答、ありがとうございました。教えていただいたワールドビジョン ジャパンでも、フィリピンの緊急支援を行っていることを確認しました。
ところで、私も国連難民高等弁務官事務所に対して、毎月寄付をさせていただいておりますが、もともとここに対しても100%の信頼を持っていたわけではありません。直感的なレベルでしかないですが、不信に思う部分が実際にありながら、寄付をしてます。大きなお金が動く以上、善意を食い物にする人たちが群がってくるのもやむを得ないところがあるとも思い、それでも寄付が役立てられるところがあるならば、それを認めていきたいとの思いがあるからです。
ボランティア活動家の池間哲郎さんが、国際協力の現場では、誠実なボランティアに出会うことの方が珍しく、本当に信頼できる現地スタッフを見つけ出せるかどうかが鍵だとご著書に書かれていました。また、彼自身も様々な誹謗中傷と戦ってきたことも書かれていました。池間さん自身が自己弁護で書いているのかもしれませんが、あまりそこまでは疑いたくないと、私は思っています。(甘いですかね?)
ネットの世界で言われているジャパンプラットフォームの問題は、恐らくある程度は正しいのだろうと思います。しかしそれが、信頼できると思っていた現地スタッフの突然の裏切りによって起こっているものかもしれません。この業務を進めていく中で、コントロールできない外部の問題というものもあると思うのです。何が本当なのかは外部からは見えないですし、そしてわからない中で付き合っていくしかないのではないかとも思います。

7. Re:Re:Re:ジャパンプラットフォーム

>ドラえもんさん(続きです)
ジャパンプラットフォームが税額面で優遇を受けているのは、ドラえもんさんの考えとは逆で、きちんとした実績を挙げているからかもしれません。日本の役人も中国の役人と同様に、賄賂さえ渡せば無法状態でも野放しで許されるようになっているとは、私には信じられないところがあります。そこまでは日本人はまだ落ちぶれていないと信じたい自分がいます。信じすぎた結果が裏切られるかもしれませんが。
昨今の問題としては、日本人は潔癖性になりすぎて、純粋でないこと、100%でないことを取り上げて、あれも許せない、これも許せないと人を叩く傾向にあることが、自分としては気がかりです。それが今の日本をどんどんダメにしているようにも見えるのです。
ドラえもんさんを非難したくてこのような文章を書いているわけではないのですが、不愉快に思われましたら、お詫び申し上げます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!