記事一覧

JR北海道元社長「自殺」事件には、慎重な捜査を!


政治 ブログランキングへ

 JR北海道の元社長の坂本真一氏が、水死体で発見されたというニュースが流れました。ご冥福をお祈りいたします。自殺とみられるということですが、ここは慎重に捜査を行っていただきたいところです。というのは、JR北海道の社長経験者の「自殺」というのは、2年ほど前にもあったからです。しかもともに入水自殺であり、自殺地点まで近似しているという点も気になります。

 前回「自殺」ということになった中島尚敏氏は、「遺書」の中に次のような文言を残していました。

 この度の36協定違反では、長期間にわたって協定に違反する事態が発生しており、社員の皆さんに多大なご迷惑をおかけしたことを、お詫びいたします。

 36協定(さぶろくきょうてい)とは、会社側があまりに多くの残業を社員に行わせる時に、労働組合側と書面で結んで労働基準監督署に届け出ていなければならない協定のことで、労働基準法第36条に基づくことから、このように呼ばれているものです。JR北海道はJR北海道労組(JR北海道最大の労働組合)と36協定を結んでおりましたが、36協定によって決められた上限を超えた残業を行った社員が出てしまったことを、中島氏は謝罪していたというわけです。

 ところで、なぜ36協定違反が生じていたかといえば、当時発生した石勝線脱線炎上事故以降次々と発覚する相次ぐ不祥事に、全社を挙げて対応に追われていたからです。ところがJR北海道労組はそんな会社を挙げての非常時に発覚した36協定違反について、激しく会社側を攻撃するだけの姿勢を見せました。彼らは例えばこんな主張をしています。

 「社員にコンプライアンスを求める会社が法律に違反!これが問われている体質か?!結んでも守る気のない36協定なら、締結する必要はない!4月、5月と36協定に違反しているにもかかわらず、組合を無視し続けた会社の姿勢は許されない!協定無視は組合無視の現れ!協定を無視し、社員に不法業務を強いる会社を許すな!」(『Faxひびき』2011/8/29)

 状況から考えて、会社側が36協定違反の脱法行動を悪意を持って行わせたというものではないでしょう。また、こうした非常時には、労働組合といえども労資の立場を乗り越えて信頼回復に全力を挙げるのが当然ではないかと思います。ですが、JR北海道労組にはそのような常識が通用しなかったわけです。

 JR北海道労組は革マル派との関係が以前から指摘されています。昨年(平成25年)11月7日の参院国土交通委員会では、みんなの党の和田政宗議員がこの件を質問し、警察庁の高橋清孝警備局長は、JR北海道労組の上部組織であるJR総連について、革マル派の活動家が「影響力を行使しうる立場に相当浸透している」状況が現在も続いているとの認識を示しました。
J-CASTの記事

 中島氏は、ご自身が書かれた「遺書」が革マル派の陰がちらつくJR北海道労組への詫び状の性格を帯びており、こんな遺書を残せばJR北海道労組に逆らえないムードを社内でさらに強めてしまう可能性について、考慮する頭がなかったのでしょうか。そんなことになったとしたら、JR北海道の正常化がさらに遠のくことになることについて、頭が回らなかったのでしょうか。こういう視点で見た場合に、この「遺書」に私は不自然なものを感じてしまうのです。

 捜査当局ではないので詳細なことはわからず、邪推の域を出ないものではありますが、こうした組織が「自殺」に見せかける形で2人を処分した可能性についても、警察は慎重に捜査していただきたいと思います。ことは北海道の交通の大動脈の安全性に関わる話であり、何かの非常事態に乗じてテロ行為など行われたら、その被害は計り知れない影響を持つ可能性があります。

 労働組合を相手にする捜査に対してはすぐに「弾圧」と大騒ぎされるのが常であり、腰が引けがちになるのはわかりますが、ものごとの重大性を鑑みて、徹底した捜査を行うことを希望するものです。

 ポチッとご協力、お願いいたします。


政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

1. 無題

JR北海道の異常体質については、関心を持ってニュースを追っていますが、
国鉄からJRに民営化したのは、こういう組合体質を一掃するためだったのではなかったのでしょうか。
それがJR北海道では組合の言いなりになっていて、経営体質の改革が進まないのでしょうね。
今の時代、組合が大きな顔をする時ではない、
経営者と一体になってJR北海道を立て直していかなければいけない時なのに。
残念で仕方ありません。

2. Re:無題

>コゲ亭主さん
いつも拙ブログを高く評価して下さり、ありがとうございます。
おっしゃる通りですよね。国鉄の民営化の際に、革マル派(動労)はマヌーバー路線を採用して民営化賛成に鞍替えし、国労だけを悪者にして、自分たちの組織は温存できるようにしました。恐ろしいのはこの革マル系の組合が、JR北海道のみならず、JR東日本でも最大の労組となっていることです。肚をくくって本気で彼らを追い出さないといけなんじゃないかと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!