記事一覧

中国のバブル崩壊へ


政治 ブログランキングへ

 いよいよ中国のバブル崩壊が本格化し始めたようです。中国系の反体制派の新聞社の大紀元が以下のように報じました。

 中国新聞網23日の報道によると、杭州市にある2カ所の分譲マンション、徳信北海公園と天鴻シャンゼリゼは18日と19日にそれぞれ値下げを発表した。 徳信不動産開発公司は同社が開発し販売する徳信北海公園の1平方メートル当たりの販売価格を3000元(約5万1000円)値下げし、1平方メートル当たり平均1万5800元(約26万8600円)で販売することを発表した。浙江省天鴻不動産集団が販売している天鴻シャンゼリゼについて、同社は販売価格を 1平方メートル当たり1万7200元(29万2400円)から値下げし、1万1800元(約20万600円)~1万3800元(約23万4600円)で販 売すると発表した。
 21日、値下げ発表前に物件を購入した一部の市民が天鴻シャンゼリゼ販売店の外で「苦労して貯めたお金を返せ、住宅返品させて」などの横断幕を揚げて抗議活動を行った。また怒り心頭した購入者が販売店の中の設備を破壊した。現場には警察が出動したという。
 抗議者の一人は中国新聞網に対して、19日に1平方メートル当たり1万9300元(約32万8100円)で天鴻シャンゼリゼの一つの物件を購入したが、 契約の数時間後に値下げが発表されたので、実質約50万元(約850万円)の損失を被ったと話した。この抗議者の話によると、16日に営業マンから購入催 促の連絡があり、「20日以降に5%値上げするから、今早く買うようにと言っていた。完全に騙された」
 デベロッパーがマンション価格の大幅値下げに踏み込んだ理由は、膨大な在庫を抱えていることや、銀行業界において資金緊迫が頻繁に起きているため中小企業が資金調達難に陥っていることが挙げられている。
 杭州住宅市場で大幅な値下げが行われた後、広東省広州市や江蘇省常州市などの都市でも値下げが実施された。膨らみ続けた中国の不動産バブルが今後、失速し崩壊を迎えることが懸念される。

不動産バブル崩壊を伝える大紀元(日本語版)の記事

 実は中国国営新華通信社傘下の新華網が2月8日に、「住宅価格暴落のタイムテーブル:専門家は中国不動産バブル崩壊が今年から来年の2年の間に起きると示した」と題する「上海証券報」の記事を掲載していました。国営メディアで不動産バブルの崩壊を示唆したというのは実に異例ですが、もはやどうにもできなくなっている現状を政府が追認せざるを得ないところまで追い込まれている可能性が高いのではないかと思います。

 中国は不透明な資金の存在があまりに大きく、バブルも桁違いに大きいと考えられますから、この波及効果もまた相当に大きいと思われます。グローバル化が進展した今日の世界では、危機が容易に伝播して全世界中に広がる恐れも高いでしょう。

 西南財経大の研究機関が23日までにまとめ、発表したところによると、不平等の格差を示すジニ係数が0.7を超えているとの報道もありました。ちなみにジニ係数は0.5を超えると、格差が限度を超えて社会的な不満が激増するとされ、0.6を超えると社会的動乱がいつ発生してもおかしくないとされ、0.7を超えると革命などが起こるレベルとされています。すでに極めて危険なラインに中国は入っているといえるでしょう。
ジニ係数0.7超えを報じる日経新聞の記事

 高利回りの理財商品のデフォルトも表面化してきましたが、これらを救うために政府や中国人民銀行が全面的な救済を行うと爆発的なインフレが襲ってくることが予想され、現行の格差社会のもとでは耐えきれないでしょう。危機が表面化するたびに場当たり的な救済は今後も恐らくあると思いますが、全面的な救済ができない以上は、やがて救済から手を引かざるをえなくなるのではないかと思います。

 中国経済がまさに危険水域に入ったこと、世界経済もそれにより危険水域に入ってきたことについて、私たちは冷静に意識を向けておく必要があるのではないかと思います。


政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

1. 無題

中国のバブル崩壊の危機は迫っていると思います。シャドウバンク、高配当金融商品、不動産、いつ破綻してもおかしくないですね。ジニ係数も高くて、革命になっても仕方ない状況には驚きますが、中国不動産バブル崩壊が、かつてのアジア通貨危機のように消費税増税直後の日本を襲う経済危機になることだけは、勘弁してもらいたいです。中国共産党の強権体制が終焉して、圧力を加えられている周辺諸国、弾圧差別されているチベット、ウイグル、内蒙古、少数民族、政治経済的困窮している中国庶民が自由を享受出来る革命はあっても良いかと思います。ソ連邦崩壊、ベルリンの壁崩壊をかつて見たときも強力な共産主義陣営が崩壊するとは思いもよりませんでしたから…

2. Re:無題

>グラースさん
強権的な体制が崩壊した後に安定した民主的政権が生まれるほど民度が高くないでしょうから、相当な混乱が予想されるでしょうね。日本への移民がどっと押し寄せる可能性すら、現実的には考えておくべきではないかなと、個人的には思っています。解放軍が軍区ごとにバラバラになり、それぞれの地域が独立するというのも、決して望ましくないでしょうし、どうなるにせよ、本当に大変なことが待っていそうに思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!