記事一覧

ある程度の「ムダ」を許容する考えを受け入れるべきだ


政治 ブログランキングへ

 日本で唯一と言ってもよい地政学の専門家である奥山真司氏が、ご自身のブログの中で面白いことを書かれていました。JASON HOROWITZ氏がニューヨークタイムズに書かれた "Russia Experts See Thinning Ranks’ Effect on U.S. Policy"(アメリカの対外政策におけるロシア専門家の凋落)という記事を紹介しながら、冷戦終結後に対ロシアの専門家が冷遇され、政府のスタッフのみならず学者の中にもロシアの専門家がほとんどいなくなってしまったために、今回のウクライナ危機に際して米政府は適切な対応ができないでいるというのが、その内容です。
奥山真司氏のブログ記事

 これだけを見れば、アメリカ政府もずいぶんとマヌケなんだなということで終わりそうですが、もう少しここから私たちにも役立つ教訓を引き出したいところです。当然ながら、目先の利益にとって有利と思われる学問ばかりを奨励していると、状況が急激に変化した時に、その新たな状況に適応できなくなるということが、一般論として引き出されます。そしてこのことは、財政赤字を理由として大学での学問研究を目先の利益につながりやすそうなものにばかり集中させてきた日本という国のあり方の弱点ともつながるものだといえないでしょうか。この点ではアメリカを笑ってはいられないでしょう。

 同様の反省は、過度の市場原理主義にもできるように思います。当面の効率性や競争力の優劣の競争に敗れたものはすべて市場から退出してしまえばよいという考え方だと、社会の成り立つ基盤が急激に変化した時に、その新たな状況に対応できなくなるということが、当然考えられるはずです。例えば、中東からの原油や天然ガスが何らかの原因で入ってこなくなるという事態がひとたび発生すれば、これに過度に依存している我が国の経済はそのままストップしてしまうことを意味します。

 私たちにはそうした不測の事態や状況の変化に柔軟に対応できる知恵が必要であり、目先の効率性を幾分犠牲にしながら、ある程度の「ムダ」を許容する考えを受け入れなければならないのではないかと思います。そして、どの程度の「ムダ」、あるいはどのような類いの「ムダ」なら受け入れられるのかについて、まじめな国民的議論ができる環境を、政府やマスコミは醸成すべきだと思っています。


政治 ブログランキングへ
 
スポンサーサイト

コメント

1. 無題

その通りですね

短期スパンで結果を出さないといけない、それだと後の反動やリスクを無視して行動せざるを得なくなります

これは会社なんかでもいえる事で、いかに評価するか?

正しいルール作りにおいて、正しい行動を求めるのが良いと思います

2. 無題

私も同感です!企業等での危機管理への対応策しかり、建設業での安全対策措置しかり、昨今の福島第一原発での冷却水稼働させる電源の複数のバックアップ、様々な不測の事態への対応策は万が一の事故が発生しなければ、無駄と言えてしまうところが恐ろしいことです。国家レベルでもインフラ、国防等支出を拡大することを無駄な支出と言いかねないのが、財政赤字を多大に吹聴して、緊縮財政、財政均衡主義の人だと思います。

3. 相互リンクのお願い

はじめまして!20代で不動産投資をしているじゅんと申します。いつもブログの方で勉強させていただいてます。実は、私もブログを1年半以上書いていまして、分野は不動産投資ということで、異なりますが、不動産市況と全く関係ない話ではないので、今回は、相互リンクのお願いをさせていただきたくご連絡致しました。

20代不動産投資から不動産王への道程
http://active-landlord.seesaa.net/?1394541177

が当方ブログのURLになりますので、ご検討の程宜しくお願いします!良いお返事お待ちしております。

4. Re:無題

>鼻毛《諸葛鼻孔毛》さん
日本企業が目先の利益に目を奪われる経営に転化した結果として、工場における事故なども増えているようですね。飲食店でも店員さんの数が不足しているために、来客が増えた時にうまくさばけないといったことが起こっているのをよく見かけます。歯車が違っていることを感じますよね。

5. Re:無題

>グラースさん
防犯とか防災に関わる投資は、犯罪や災害が発生しないかぎりは「ムダ」となりますものね。ある程度の余裕がないと人間社会は円滑に動いていかないという原理について、我々はよく理解しておくべきではないかと思います。

6. コメントしていきます^^

コメント残させて頂きます、東京在住36歳森和章です!検索してたら辿り着きました!せっかくなのでコメントしていきますね*僕は自分の起業活動の記事を書いていますが、ブログ記事で思いを伝えるのは難しく毎日試行錯誤しながら記事を書く努力をしています^^;また訪問させて頂きます。様々な交流が取れれば嬉しいです!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!