記事一覧

福島の避難基準はチェルノブイリの4倍というデマ


政治 ブログランキングへ

 福島の避難地域の基準はチェルノブイリよりも4倍も甘く設定されているという話が広く流布しています。チェルノブイリの避難基準は年間5mSvであるのに対して、日本は20mSvになっているから、日本政府は国民の安全をまじめに考えていないという話です。


 常識的に考えてそんなわけはないだろうと思いながらも、この基準のことについてはずっと放置していたので、今回の「美味しんぼ」騒動を契機にして実際に調べてみることにしました。井戸川前双葉町長もこの話をよく持ち出すようで、ロシアの24時間英語チャンネルのRTに出演した際にも、この話を持出していました。(8分11秒あたりからです。この箇所については、日本語字幕は残念ながらありません。)


 調べてみてわかったのは、この年間5mSvというチェルノブイリの避難基準は事故後5年経過した後の基準でしかありません。チェルノブイリの事故1年目の避難基準は100mSv、2年目の基準は30mSv、3年目・4年目は20mSv、5年目で5mSvとなりました。日本の基準は1年目から20mSvですから、チェルノブイリより4倍甘かったのではなく、チェルノブイリより5倍厳しかったというのが実際というわけです。(以下の画像をクリックしてみてください。図が拡大してみやすくなります。)

チェルノブイリと福島の避難基準

 ついでに付け加えておくと、食品に関する規制についても、福島の方がチェルノブイリよりも遥かに厳しかったのが実際です。(以下の画像をクリックしてみてください。図が拡大してみやすくなります。)

食品規制

 そもそも放射線のリスクについて、非常に過大に評価されていると考えるべきです。国立がん研究センターが出している「わかりやすい放射線とがんのリスク」には、以下のような表が記載されています。(以下の画像をクリックしてみてください。図が拡大してみやすくなります。)

わかりやすい放射線とがんのリスク

 これを見れば、毎日2合の飲酒を行っている場合の発癌リスク上昇率と1000mSvから2000mSvの放射線を浴びた場合の発癌リスク上昇率が同程度であり、100mSvから200mSvの放射線を浴びた場合の発癌リスク上昇率にしても野菜不足の上昇率ほどしかないことがわかります。このようなことを見ていくと、いかに放射能に関する恐怖というものが誇張して広まっているかがわかります。

 こうした事実を見ていくと、福島県で実施されたあれほど広範囲の移住は果たして必要であったのかという疑いを持たずにはいられません。年間20mSvなど、もはや発癌の影響すらまったくわからないレベルの放射線量ですが、そうであるにも関わらず強制移住をさせられたのが実際だと知らされたら、住民の方々は逆に怒りに駆られるのではないでしょうか。

 実際、福島の事故後より遥かに緩かったチェルノブイリ事故後の避難基準に関しても、IAEAは「チェルノブイリ・プロジェクト」(1991年)の中で、以下のように記述しています。

 長期にわたって実施、若しくは計画された防護措置は、善意に基づくものではあったが、一般に、放射線防護の観点から考えると厳密に必要であったであろうと考えられる範囲を超えている。移住と食料制限は範囲をもっと小さくする必要があった。

 世界銀行の「ベラルーシ:チェルノブイリ事故レビュー」(2002年)においても、「人々は移転により、慣れ親しんだ村の生活環境から新しい都市の生活環境に適応せざるを得なかった。これにより、社会的緊張が生じ、人々のストレスも増加した。その結果、多くの人々がふるさとへの帰還を希望したことは当然のことであった。」と記されています。

 ウクライナ大統領直轄戦略研究所のナスヴィット首席専門官は、日・ウクライナ原発事故後協力合同委員会(2012年)において、「チェルノブイリの経験からいえば、モニタリングの結果として一番不幸と感じている方々は、「何かを強制的にさせられた人たち」である。そのため、自分の家の外に強制的に住まわせることが最も負の影を与える点を強調したい。」と述べています。

 そしてこの過大な恐怖感をベースにして、国内の原発が全て停止され、電力料金が大幅に上昇するとともに、年間で4兆円程度の貿易収支の悪化要因となっているというのは、まじめに考えればばかばかしすぎる話ではないかと思います。

 メディアの歪んだ報道に問題の根源があるのは言うまでもありません。ですが、こうした事実ベースの話をしっかりと国民に語って聞かせて正しい方向に国民を導くのが政府の役割であるはずなのに、日本国政府はそれを怠って「空気」に流された政治を行ってきたといえないでしょうか。波風を立てずに「無難」にやりすごすというやり方が、南京大虐殺にせよ従軍慰安婦にせよこの原発の問題にせよ、常に国益を損なう方向に国を導いてきたという事実に、いい加減正面から向き合うことを日本政府には求めたいところです。

 なお上記記載事実については、経済産業省の以下のページをご覧下さい。
http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/pdf/130314_01a.pdf#search='チェルノブイリ+経済産業省+シーベルト



政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

1. 無題

おいしんぼのお陰で、いよいよ隠蔽出来なくなって来ましたね、よかったです。

2. Re:無題

>通りすがりさん
確かに、そういう側面がありますね。
マスコミが歪んだ情報ばかりを流してばかりいる状況にあって、どんどんと情報の歪みがひどくなり、もはやこれ以上歪みきれないところにまで達したということがいえるのかもしれません。今回の「美味しんぼ」が示した原発の問題に限らず、従軍慰安婦の問題などにおいても、同じような逆作用が働くようになってきているように感じます。そういう意味で時代はターニングポイントにさしかかっていると思います。

3. お金が生む悲劇

こんにちは。

今の世の中の真実って・・・

結局、お金がある世界では、何だかんだ言っても、利害や利権などが付いてきて隠蔽や建前が真実になってしまうことが多いと思います。

豊さんも、金銭が絡んでくると、こう言っていられないのかも・・・知れません(憶測で申し訳ないですが)

もし、この世にお金があっても平等に配布されているなら、今の世の中になっていないと思い・・・ませんか!?

話が反れますが、阿部さんは民主党の野田さんがら政権が移行するときに「政治家の数を減らす、見直す」という、約束をしましたよね!?

この約束も平気で破っています。

増税の前に、やること(これです)あったのだろうし、今回の“集団的自衛権”の前にやるべきことがあったのだろうに・・・

と、憤りを感じます。

因みに、集団的自衛権には賛成ですが・・・

真実を言うものは、お金により抹消されるか、命を抹消されるか・・・極端ですが、2者択一な世の中だと、思ってやみません。

どんなマスコミの報道よりも真実を教えてくださるブログとして、楽しみにしています。


お仕事などで大変だと思いますが、宜しくお願い致します。

アクア☆

4. イイねをありがとうございます。

いつもありがとうございます。

朝香さんのご指摘どおり福島の現状は原発周囲を除いて、それ程騒ぎ立てる状態では無いのかもしれません。

しかし、原発利権に絡む噂を見聞きするにつれ、何が真実なのか困惑しております。

これからもブログ更新お願いします。(^_^;)

5. 無題

放射線のことはなかなか世間一般には理解しづらいことと思います。私は小野盛司先生、高田純先生のおかげで不安感は一掃されましたが、小出、武田氏のような本が根拠無き不安感を煽っていることと思います。私の実体験では近所の老人が原爆投下直後の広島で遺体埋葬、瓦礫の片付けに従事したそうですがこの間に90歳で亡くなりました。100ミリシーベルトくらい放射線はあったことでしょうが長命だったことで以外に大丈夫なんだと実感しました。

6. Re:お金が生む悲劇

>アクアさん

いつも応援、ありがとうございます!

こうして間接的ながらアクアさんと会話ができるのが嬉しいです。

アクアさんがおっしゃる通り、お金が世の中を歪めている側面は非常に強いと思います。ただ、お金が単独でものごとを歪めているというよりは、別種の力と結びつきながら力を発揮しているところがあるように思います。さらに言えば、仮にお金がなかったとしても、別種の力が強ければ、かなりの影響力を発揮することができるということがあるのではないかと思います。そしてそういう別種の力のことを、意外に日本人は見ていないように感じます。

例えば、マスコミが中国に関して甘い報道を繰り返しているのは、必ずしもマネーばかりにやられているわけではないと思います。マスコミ関係者が中国のハニートラップなどに引っかかり、いわば暗黙のうちにゆすられているようなところがあるのではないかと思います。メンツの観点からとてもハニートラップに引っかかったなどとは言えない中で、何ごともなかったかのように過ごしていくためには、相手側を刺激しない報道を「自主的」に行っていくしかないということもあるんじゃないでしょうか。あたかもそれが自分が信じる正義であるかのように振る舞うことになるということがあるんじゃないかと思います。

もちろんそうした別種の力を動かすのに、お金は重要な力を発揮しますが、単にお金を使うだけでは相手を動かすことはできないということにも目を向けたいなと思う次第です。

7. Re:イイねをありがとうございます。

>丸一 高志さん

コメントありがとうございます!

実は原発の周囲でも大したことはないと思います。人間が生活するのに適さないのは、原発の敷地の中だけに限られると思った方がよいかと思います。

「利権」なんて、何においても発生するもので、「原発利権」を主張している人たちが「再生可能エネルギー利権」を獲得しようとしているというところはないでしょうか。何せ、火力発電や原発よりも何倍も高い電気料金を固定料金で20年間も無条件に買い取らせようなどというのは、正常な市場原理のもとではありえない話ですよね。こういう利権を虎視眈々と狙っている側から仕掛けられている話が「原発利権」という話だとはいえないでしょうかね。

8. Re:無題

>グラースさん

実体験に基づくお話、ありがとうございます。

世間一般に流布している放射能に対する過剰な不安を払拭するのは、政府の仕事だと私は思っています。その仕事から逃げた方が楽なのはわかりますが、「戦後レジームからの脱却」と言うのであれば、逃げないで闘ってもらいたいものです。どんな問題でもよいですから、闘い抜いてマスコミに真実性で勝利した時に、そこから「戦後レジームからの脱却」は加速するのではないかと思っています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!