記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカはウクライナ政変の黒幕である!


政治 ブログランキングへ

 ウクライナを巡る大混乱は、日本の報道ばかりに接していると、プーチン率いるロシアの方が圧倒的に悪いという印象を持ちがちですが、それは事実を正確に見ているとはいえません。むしろこの混乱を引き起こした黒幕はアメリカなのではないかという見方もあります。そしてそれはあながち間違いとはいえません。

 まずは決定的な証拠を1つ挙げましょう。

 ロシアに逃れたヤヌコビッチ大統領がまだウクライナで権力の座にあった時に、アメリカのヌーランド国務次官補(欧州・ユーラシア担当)がパイアット駐ウクライナ大使と電話で会談し、「(ウクライナの野党指導者の)ヤツェニュクが将来の政府のトップとして最適だ。(別の野党側指導者の)クリチコとチャグニボクは蚊帳の外にいるほうがよい。」などと伝えていたことが明らかにされています。これに対してパイアット大使も「もし彼らと直接話してもらえれば、三人の役割をはっきりさせることができるだろう。」と返答しています。実はこの電話は盗聴されて、YouTubeにアップされました。そして実際の暫定政府の人事もこの通りとなり、ヤツェニュク氏は暫定首相となり、クリチコとチャグニボクは要職についていません。暫定政権側はアメリカの傀儡と言ってよいような状態です。(以下の動画では、後半に証拠の電話のやり取りが日本語字幕付きで出てきます。)



 米国政府が今回のクーデターの前から米国国際開発庁(発展途上国支援の政府組織)などを通じてウクライナの反政府運動への支援を行っていたことも明らかにされています。そしてアメリカなど外国から多額の資金を受けているウクライナのNGOに対して、ウクライナ内務省がマネーロンダリングの疑いで捜査を開始するということもありました。(クーデターによって当然うやむやになりました。)

 ヌーランド国務次官補との電話会談を盗聴されたパイアット大使は、昨年(2013年)8月に着任するとすぐに、Hromadske.TVというインターネットテレビ局を立ち上げる資金援助を行いました。このTV局にはジョージ・ソロス氏やオランダ大使館も多額の援助を与えて、反政府デモを組織化するツールとして利用されました。また、このインターネットテレビを通じてヤヌコビッチの腐敗ぶりを徹底的に知らしめることが、親露的なヤヌコビッチ政権を追い詰めるのに役立つと、アメリカは考えたわけです。

 CIAのブレナン長官が、ウクライナの首都キエフを偽名を使って4月12日に極秘で訪問したこともすっぱ抜かれました。これに対してアメリカもウクライナ政府も、当初はこの事実を否定していましたが、後に隠しきれないと判断したようで、この事実を認めました。そしてブレナン長官のウクライナ訪問直後にウクライナ東部での親露派の抗議行動に対する武力鎮圧に暫定政権側が出たことから、ブレナン長官がこの暫定政権の判断に大きな影響力を及ぼしたことは想像に難くありません。

ウクライナでアメリカがどのような動きをしてきたかを説明する、以下のような動画も見つけました。ユダヤ人を敵視するような表現が多々出てくるところがありますが、感情に流されずにぜひご覧下さい。



 アメリカ側がロシアに不利な「証拠」をいかにでっち上げてきたかを解説する、RT(ロシアの英語放送局)の番組もご覧下さい。



 日本国内ではあまり報道されていませんが、 こうした情報も頭に置いた上でウクライナについて考えるようにしたいものです。一方を単純に善、他方を単純に悪として捉えるのは、事態を正確に見ることとは一致しないということを、このことからも学べるのではないかと思います。

 そしてまた、このようなことは決してアメリカだけが行っているわけではなく、ロシアであれ、中国であれ、同様のことを日頃から普通に行っているのが国際社会だというのが現実です。そうしたリアリティと、例えば「憲法九条があれば、日本は平和でいられる」という考えがどれほど矛盾するものなのかを、冷静に考えたいものです。そして我が国もそういう諸外国の工作を当然受けているであろうという現実も、忘れてはならないと考えます。


政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

1. 無題

私はアメリカのパンピーと、狡猾なトップは分けて考えていますので、日本に原爆を落としたアメリカの人達=全て敵、といった見方では勿論無いのですが

GHQ以来?アメリカのポチとしてキンタマ抜かれた日本

馬鹿な倉山などが、日本は負けて無いよ?交渉、とか言っていますが無茶苦茶

戦後レジーム満載のグローバル信者アベがトップの現日本

機能しないのは、政治家及び国民が、アメポチとして洗脳されたままだからですね

一応、ネットなどで情報が出てきた今、中川昭一みたいなのが出て来て、また殺されるんでしょうか?

そういやスノーデンとかもアメリカ

一応、自由の国ですよね、そういう意味では

2. Re:無題

>鼻毛《》さん

アメリカもロシアの諜報能力の高さに、今回は舌を巻いているのでしょうね。進歩した技術を最大限利用しようとするのは当然で、国際的なルール=条約を決めれば、それをみんな守ってくれると考えるのが、そもそもリアリティがないと考えるべきですよね。そしてそのような間違いに日本人はどっぷりと浸かっているとのご指摘は、まさにその通りだと思います。

3. 隠蔽

こんにちは♪

鼻毛さんの意見も納得ですね!!

そう言えば、私はアメリカドラマが好きで(日本のはくだらな過ぎて観ていません)

『コバート・アフェア/CIA諜報員アニー』も、楽しみに観る一つですが、こちらを全て信じていないにしろ、アメリカという国は、実際に起きていることを捩りことがある・・・お国柄なので、今回のロシアにしろ、今までのことにしろ、知りえないことに隠蔽が渦巻いているのでしょうね(-_-;)

4. Re:隠蔽

>アクアさん
腹黒い思惑を陰に陽にぶつけ合いながら駆け引きをしているのが現実の世界であり、その世界にあって日本はどのようなスタンスで臨むべきかが問われていますね。しかし、日本の目醒めを好ましく思わない諸外国が日本のマスコミや政界に浸食し、情報コントロールをしているのが実際のところでしょう。その中で「九条を守れ!」的な意見が今なお跋扈しているという構図は、きちんと理解しておくべきところですね。

5. Re:Re:隠蔽

>朝香豊さん

こんにちは。

奥ゆかしく、個性がないのが日本人の特色として、美徳と言われ、それに酔いしれている日本人ですが

只単に、自分の意見が言えない、もしくは無いってことなんですよね!?

本当に、 骨太の日本魂は消滅してしまったのでしょうか???

首相も国民が直接投票するようにしたり、

もっと危機感のある、真剣な決定をするべきだと思います(だからと言って、これで解決すると思っている訳ではないです)

政治家が選ぶのが問題だし、そもそも、立候補する基準も、当選した人間も、国民自体が真剣さに欠けることも問題だと思いますが・・・

6. Re:隠蔽

>アクアさん

過激すぎてまだまだ理解はされないと思いますが、私は国政選挙に関しては実は制限選挙論者です。選挙権を全ての国民に無条件に与える必要などないという考えです。選挙権を行使したいと思っている国民は、国内外の政治や経済について一通り勉強し、選挙権資格試験を受験して合格点に達したら、5年間の国政選挙の投票権を得ることができるといった感じのものです。

立候補者にはさらに100個くらいの政治的問題の中からアトランダムに選ばれたテーマに関して時間制限の小論文を書いてもらい、それをネット上に公開します。国内外のことについて一通りの見識ある見解を持っていることを示せないと、目の肥えた有権者からダメだしを食らうという構図です。

政治家はマスコミのプロパガンダに左右されにくい、見識の高い有権者に訴求するように行動するようになり、日本の政治のレベルがグンと高まると思っています。こんな改革を本当はやってもらいたいのですがね。

7. Re:Re:隠蔽

>朝香豊さん

こんにちは♪

なるほど~!!ふむふむ!!

ちょっと敷居の高いレベルの高い基準ですけど、無駄に投票権を与えるより、また、投票する側も真剣になるためにも、規制は必要かもしれませんね(考えたことなかったですが)

私もオツム弱いですが、最近の日本はめっきりオツム弱くなってきましたものね(^_^;)

啓蒙思想じゃないですけど、勤勉な日本に戻らねいといけないですからね!!

言うのは簡単ですが(^_^;)(笑)

8. 無題

ウクライナ事変については、私はアメリカに非があると考えてしまいます。反米思想原理主義者ではないんですが、CIAの工作等では映画アルゴのイラン革命みたいで頂けないところです。プーチンに同情的立場、心情になってしまいます。マスコミ報道は日本政府、アメリカの影響下にあるからでしょう。全く一般と乖離した感じなんでしょうか?

9. Re:無題

>グラースさん

今回の政変劇には確かにアメリカが相当な陰謀を働かしながら、さも民主主義対独裁の戦いであるかのように見せかけるということをやっていますから、アメリカの腹黒さは相当なものですよね。
アメリカが攻め側、ロシアが守り側という構図ではありますが、互いに陰謀を張り巡らせながら相手の追い落としを図っていたというのも事実ではないかとも思います。ヤヌコビッチがここまで腐敗していなかったら、ここまでつけ入れられなかっただろうということもありますし、EUとの政治・経済関係を強化する協定をヤヌコビッチにドタキャンさせたのはプーチンだということも、流れを見れば明らかだとも思います。
それにしても、諜報というのは戦争の一形態なんだということを、今回のウクライナ危機はまざまざと見せつけてくれましたね。防諜=秘密主義=軍国主義=危険という短絡発想が今なお日本で蔓延しているのが、本当に危機的だと感じさせられました。

10. はじめまして♪♪♪

ブログ見させてもらいました(*^o^*)/いろんな人とアメブロで仲良くなりたいのでまた遊びにきまーす(_≧Д≦)ノ彡☆♪私は日常のことを書いてます☆ 暇つぶしに来てもらえたら嬉しいな☆ヾ(o´∀`o)ノ☆またね~♪

11. コメント書かせて頂きました。

記事とても興味深かったです。更新楽しみにしています。また訪問させて頂きますね。

12. 初コメです(๑╹ڡ╹๑)♡

色んなジャンルのブログ巡回していたらたどり着きました(´・ω・`)♡記事とってもよかったですよ☆彡また遊びに行きますね(・ω<)私のページのも遊びに来て頂ければ嬉しいです♪では、おじゃましました~(o*・ω・)ノ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。