記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大手ブランドが地溝油利用を行っているのが中国という国である!


政治 ブログランキングへ



 皆さんは「地溝油」と聞いて、どのような油であるかは理解できるでしょうか。ここから先の話はかなりグロテスクな話になりますから、これから食事をとろうとしているような方には読むのはお勧めしません。覚悟ができている方のみ、お読み下さい。

 中国の人たちは当然ながら自宅でも中華料理を作ることが多いわけですが、そうすると必然的に食用油の使用が多くなります。こうした油は何度も繰り返し使っていると酸化も進んで香りも悪くなり、色も濁ってきますので、やがては捨てることになります。こういう場合に日本であれば、薬剤を利用して廃油を固めてしまい、燃えるゴミとして捨てるのが一般的ではないかと思いますが、中国の方はこうした廃油をそのまま水道管に流してしまうのが普通のようです。こうすれば、お金も手間もかからないですよね。そうすると、下水には廃油が大量に溜まることになります。この下水に溜まった廃油のことを「地溝油」と言います。「地溝油」の「地溝」とはドブのことだと言われると、確かに漢字の成り立ちから理解できるかと思います。

 中国ではこの地溝油を取り出して、濁りの原因となっている物質を取り除き、あたかも普通の食用油であるかのように売りに出されるということが、実は当たり前に行われています。何せ原材料は無料ですから、非常に安価に売りに出せるので、企業側には非常に大きなメリットがあるというわけです。そしてこの地溝油のリサイクル品だということは、売りに出された商品パッケージには全く書かれていません。

 なお、一見きれいに精製しても、一度料理に使った際に溶け込んだ唐辛子の成分は抜けきらないため、ちょこっとでもなめるとピリッとした辛さがあるそうです。それで中国の消費者は買ってきた油が地溝油かどうかを確かめるために、まずは少しだけなめてみるということを行っているそうです。

 やや脱線してしまいましたが、この地溝油を「金龍魚」という中国の食用油の最大手ブランドまでもが扱っていることがバレたということを、新唐人テレビが報道していました。



 日本では小規模企業でもこんなことに手を出すというのはなかなか考えられないような事態ですが、中国では大手ブランドメーカーでもこうしたことに手を染めていたりするわけです。私たちには信じられない倫理観ですが、これが現実です。

 信じられない倫理観といえば、中国の新幹線事故の時に、生存者がまだ残っている事故車両をとっとと埋めるように指図した中国高速鉄道の上海鉄道局の副局長だった王峰氏が、このたび蘭州鉄道局の局長に出世するということもありました。また、工場排水の捨て場所に困って地下水脈に捨てるということを行ったために、地下水自体を汚染させて使えなくさせてしまうということも、広く観察されています。

 このようなことを書くと「中国人を差別的な目で見るな!」と反発を受けそうですが、地続きで異民族と普通に接触し、気を抜くと自分の財産も命も持っていかれてしまう環境にずっと暮らし続け、近代的な法原理が未だに十分には発達していないために自分や家族を守るだけで文字通り必死で、ひとのことなど構っていられないという彼らの現実は、ありのままに見ておくべきではないかと、私は思っています。そしてこのような理解を持っていると、彼らが行う様々な行動や言動について、ずっと理解しやすくなります。相手が持っているかもしれない悪意についてはフィルターにかけて見ないようにし、持っていないかもしれない善意があると信じて見ていくというのは、日本人同士で人間関係を構築する際には確かに有効ではありますが、文化的歴史的背景が全く違う方々を理解するには適切だとはいえないということに、私たちは気付くべきときだと考えます。

 対中関係が絡む中で、私たちが相手にしているのは日本人とは明らかに倫理観の異なったこのような人たちなのだということを、忘れるべきではないでしょう。日本人は国と国の威信をかけた外交交渉においては、約束されたことは双方ともに守るのが当たり前だと考えてしまいがちですが、それを当たり前だとは考えないタイプの人たちが普通にいるということを、無視してはいけないと、私は考えます。


政治 ブログランキングへ 
スポンサーサイト

コメント

1. 恐ろしいですね(^_^;)

こんにちは♪

いつもレアな情報有難うございます。

日々、私が言う言葉で「人間は自分を基準に考える」です。
脳の思考回路って、一般的にはそんなものですよね!?

だから、そんな発想する、考えたことも無かったです・・・そんな日本人が多いとは思いますが!(^^)!

冷凍食品の毒物混入事件以来、母親が「中国製」を避けるようになりましたが、恐ろしいことに日本の食品産業は「中国」を避けて通れないくらい、浸透してしまっていますよね。

きっと、「日本製」と書かれていても、もしかしたら偽証もあるかな???って、私は思っていたりします。

中国に頼らなくてはいけない、そんな日本社会。
いろんな意味で、価格だけでは計れないものも、しっかり計れなければいけない、そんな時を迎えているのでしょうか・・・ね!?

本当に中国という国は恐ろしい国ですね(-_-;)

2. 無題

地溝油、下水に流された食用油を再生して、また食卓に供す。なんとも恐ろしいことを平気でする国、中国なんですね。今回も勉強させてもらいました。ありがとうございます。日露戦争のときに出征した日本の軍人が、支那人が死者の衣服を剥いで埋葬する姿をみて、これが学問で習った聖人孔子孟子の子孫の国かと嘆いた様が彷彿とさせられました。

3. Re:恐ろしいですね(^_^&#59;)

>アクアさん
「人間は自分を基準に考える」…確かにその通りかもしれませんね。中国の文化の影響を確かに日本は受けてきたのですが、受容した文化は日本的な形に変えてであって、常にオリジナルとはかなり違ったものになっていました。それもまた、自分を基準に考えてしまう人間の性質によるものなんでしょうね。

日本も中国に頼っている部分はありますが、それ以上に中国が日本に頼っている部分がありますので、一方的に危機感を持たない方がよいかと思います。

4. Re:無題

>グラースさん

食用油だけをとってみても、地溝油のみならず、屍油とか鶏肛油とか糞油とか、とにかく信じられないものがわんさかあります。

孔孟の教えについてギャップを感じる部分があるのは、日本人が知らず知らずのうちに日本的に美化して受け取りながら、それに気付いていないことも原因となっているところがあるようです。つくづく日本人はお人好しなんだなと思います。

5. 法輪功はCIAと繋がりがある

朝香様。お疲れ様です。

新唐人は法輪功がバックにあるプロパガンダ機関です。

前稿でCIAの工作に気をつけよ、と朝香様らしい鋭い指摘で注意を喚起していらっしゃいますが、ウクライナのネオナチだけでなく、法輪功(新唐人や大紀元)だってCIAの工作機関の疑いがあることは、ちゃんと気をつけていらっしゃいますでしょうか。

それと、生活用水に鉱毒や工業廃液を流すのは、百年前までの日本ではよく行われていたことで、たくさんの日本人がそのために犠牲になったことは、ご存知のことでしょう。つい最近は、福島原発の汚染水を太平洋に垂れ流し続けていますが。誰も好き好んでやっているわけではなく、経済上、止むを得ずやっているわけです。

発展段階に於ける、中國と極度に高度化し発展した、日本とを比べるのは、あんまりフェアでない気がしますし、それよりも、中國人民の福利厚生が、もっと向上するように期待しています。そのために、日本も知恵と力を貸してやるべきではないでしょうか。

知的な朝香様には、もう少し冷静な記事を期待致します。

6. Re:法輪功はCIAと繋がりがある

>maomasamaoさん
法輪功が中国で弾圧を受け、アメリカに自らの宣伝機関を用意して中国政府に反旗を翻し、そこにCIAが利用価値があると考えて接近するのは当たり前のことでしょう。そういう意味での純粋なる組織を想定することはできないのが現実ではないでしょうか。

ウクライナについては日本国内では一方的にロシアが悪者であるかのように扱われていることに疑問を呈したまでです。ロシアだって様々な工作を行っており、ヤヌコビッチにEUとの協定をドタキャンさせたり、アメリカの国務次官補とウクライナ大使との会話を盗聴したり、暫定政権内部の情報を筒抜けで手に入れたりしているわけで、決して「善」だということにはならないでしょう。互いに汚いことをやるのが当たり前だという前提を認めた上で、単純な善悪にとらわれないでリアルにものごとを見るようにしましょうというのが私の趣旨ですが、わかりにくかったでしょうか。

中国と日本とを、単純な発展段階の違いのみで理解するのは却って適切ではないでしょう。日本の環境援助でつけた集塵装置を、作動させるとカネがかかるということで作動させないどころか、集塵装置を売っぱらえば利益を上げられると言って売っぱらってしまうことを当たり前のことのように実行してしまうのは、彼らの単純な発展段階の問題でしょうか。
法輪功のメンバーを思想犯として捕まえて、臓器売買ビジネスに利用して金儲けを行い、その結果として法輪功のメンバーの命を平気に奪えるというのは、単なる発展段階の問題でしょうか。

確かに日本の戦前にはも、足尾鉱毒事件などがありましたが、国際収支の改善に取り組まねばならなかった当時の日本が国家安全保障を優先して地域住民を犠牲にしたということと、中国の現状を同列で論じるのが適切だとは、私には思えないです。

7. Re:Re:法輪功はCIAと繋がりがある

朝香豊様。おはようございます。

>法輪功が中国で弾圧を受け、

ちょっと認識にズレがあるようです(賢くて怜悧な、朝香様が、意図的に論理をズラしているのかも知れませんが)。
法輪功は共産党政権転覆活動を行っていると、認識されたから、弾圧されたのだと考えるのが理に適っています。ただの早起き健康体操だったら、弾圧されることはないでしょうね。
フツウは。

中国共産党は、カルト宗教を野放しにして、カネやらヒトやら情報やらを好きなだけダダ漏れにして、外国勢力に吸い取られている日本とは大分、異なります。

>単純な善悪にとらわれないでリアルにものごとを見るようにしましょうというのが私の趣旨ですが、わかりにくかったでしょうか。

賛同します。
ただの朝起き健康体操団体にしては、莫大な資金を運用し、海外に広がるネットワークを駆使する政治団体による、中国共産党打倒のキャンペーンの一環としての政治宣伝なのだろう、とリアルに見るようにしています。

>臓器売買ビジネスに利用して金儲けを行い、その結果として法輪功のメンバーの命を平気に奪える

由々しき人権問題には抗議しなければなりませんね。しかしそれは、確たる証拠と裁判に基づかなければなりません。一方的な決め付け、レッテル張りと政治宣伝に騙されて、「性奴隷」や「南京大虐殺」のような、冤罪を生み出さないためにもです。

>確かに日本の戦前にはも

見解の相違でしょう。私には殆ど同じようにしか見えません。
富国強兵のために、市民の幸福が蔑ろにされているのです。ここらへんは、政治思想の違いを越えて、共通の認識、お互いにより良い方向への、を作りだせるのではと思います。

8. Re:Re:Re:法輪功はCIAと繋がりがある

>maomasamaoさん

意図的に論理をずらしているとの疑いを持ち込まれるのは愉快なことではありませんし、ご返答を読ませて頂いて、議論することで互いの違いを埋めていくということができない大きな溝を感じました。これ以上論じても、議論が建設的にはならないと考え、これで打ち切りにさせて頂きます。ご理解下さい。

9. >8

朝香豊様。

本件については、CIAが各国にカルト宗教を通じて入り込み、政権転覆活動や非合法活動を行っていることを、ご覧になられる方にも、注意して、頭の片隅にでも覚えておいてもらいたいとの思いで書き込みをさせて頂きました。

中國人を憎悪する政治宣伝と、ロシア人を憎悪する政治宣伝に何かしら共通する匂いを感じた次第です。我々は、理性的に冷静に振る舞い、考えることが必要な時代に居ると思っています。

今後ともよろしくお願いします。

10. Re:>8

>maomasamaoさん
前回でもコメントに書きましたが、あなたとは議論をすることでは埋められない溝を感じています。ですので、これ以上ご自身のご意見を書き込まないでいただきたいです。
中国人の倫理性は日本人と大して変わらないけれども、単なる発展段階の違いで現状の問題を引き起こしているだけだという中国擁護論は、とても現実を見据えたものだとは考えられません。個別の例1つひとつについての中国擁護論についても、私からはどれ1つとして説得力があるものだとは、私は全く思っておりません。とにかくなぜあなたがそこまでして中国を擁護するのかは私には理解不能であり、議論では埋め合わすことのできないレベルの溝を感じています。
互いを消耗させるだけになることを避けたいので、これ以上の議論をやめましょうと申し上げているのです。なおも書き込みをされるのであれば、アクセス禁止にすることも考えます。当方の考えもご理解下さい。

11. コメントさせてください(Ο´∇`Ο)

他の記事も読んでみて共感するところがありました。ありがとうございま~す♪私のブログに役立たせてもらえると嬉しいで~す。まだまだ初心者ですが、これからもよろしくお願いします(≧∇≦)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。