記事一覧

電力会社いじめはもうやめにしよう!


人気ブログランキングへ

 「究極の生鮮品は何か」と言われたら、皆さんは何だと思われますか。考え方によっていろいろな答があるのでしょうが、「電力」という答もあるというのはご理解頂けますでしょうか。何しろ、生産と消費が同時に行われ、過剰も不足も許されないというのが電力というものだからです。

 不足が許されないというのは理解できるとして、過剰が許されないというのはどういうことかと思われる方もいるかと思いますが、過剰になると周波数上昇を引き起こしてしまうのです。電力は東日本が50Hzで、西日本が60Hzで一定に保たなければならないということになっていますが、若干の過不足によって0.2Hz程度の変動が生まれてしまうことがあるようです。家庭用の電力であれば、この程度の変動が問題を引き起こすことはありませんが、精密なものを作っている工場などでは致命傷になる場合もあります。こういうとものすごくハイテクで特殊なものが頭に浮かぶかと思いますが、例えば製紙業においても紙の厚みなどに違いを生み出してしまうということがあり、現代の工業においては幅広い分野において非常に大きな影響を与えてしまうというのが実際です。

 電力会社は需要量と供給量を両睨みをしながら、発電事業を行っていきます。需要量は当然ながら見込みを読んで調整していくことになります。気温が0.5度高いか低いかだけでも電力量は大きく変動しますから、需要量に合わせて供給量を決めるというのは口で言う程簡単なことではないわけです。例えば、ワールドカップのサッカーではハーフタイムを迎えた瞬間に電力使用量が跳ね上がるそうです。みんなが一斉にトイレに席を立つからだそうですが、こんなことまで事前に予測して電力量の調節を行わないと、周波数を整えるのは非常に厳しくなるわけです。

 そしてこの状況に太陽光発電とか風力発電が大きく加わってきた時の対処の難しさというのはどのくらいのものであるか、想像できるでしょうか。どちらにしても各地各地の天気状況を常に見張っていなければならず、トータルの発電量がどのように推移するかを集計値として把握していくのは非常に困難なわけです。微量の過剰や不足が生まれた段階で周波数は変動し、精密さが要求される工業生産には向かない低品質の電力に変わっていくということについては既に述べました。このことはものづくり立国であるはずの日本に対して致命的なダメージになりかねないということはご理解頂けますでしょうか。太陽光発電や風力発電が伸びれば伸びるほど、電気料金が跳ね上がるばかりか電力品質の低下まで引き起こし、真っ当なものづくりが日本で行えなくなっていくという笑えない現実もあるのです。

 従来我が国の電力は定常的な電力を供給できる原子力発電をベースにおいて、火力と水力を利用して調整するという形で発電を整えてきました。しかしながらこの体制が福島原発事故以降崩れてしまいました。原子力発電の停止期間は大飯原発の差し止めを認めた福井地裁判決によってさらに長引く傾向が出てきました。こうした中で電力各社の経営悪化は止まらず、北海道電力に至っては債務超過に陥る恐れさえ出てきたこと、電力各社の電力料金の再値上げがやむを得ざる状況になってきたことを、産経が報じました。
産経の記事

 私たちは電力会社を一方的に悪だとみなし、従来の電力会社が嫌がること(太陽光発電や風力発電の推進、原子力発電の停止、発電事業と送電事業の分離)なら善だとみなす単純思考から、そろそろ抜け出すべきではないかと思います。日本の電力会社という日本のエネルギー供給の基幹会社を半端なく弱体化させ、日本が誇ってきた高品質電力を放棄させ、ものづくりによって国を支えていくことができない国家に日本を変えてしまうというのは、あまりにばかばかしい話ではないかと、私は考えます。


人気ブログランキングへ
 
スポンサーサイト

コメント

1. 原子力のコスト

原発のコストが安いのは危険を度外視した制度だったためで、本来のコストは高いのでは?
過剰な深夜電気の問題もありました。
また、節電度外視で、不必要なエネルギーを消費させる制度も問題なのではないでしょうか。
自然エネルギーも太陽光や風力だけではなく、そもそも発電も集中型発電だけではありません。
そもそも、現在の集中型発電の送電ロスは無駄が多いです。
例えば、小規模分散型で地方がエネルギーを自給することで、災害時の復旧も早まる可能性があります。

確かに電力会社を叩くことは疑問ですが、果たすべき責任を追及することは「いじめ」でしょうか。
過去に戻ったり、既にあるやり方を踏襲するのではなく、過ちを認めた上で新たな道を模索することこそ、日本の技術を向上させること・世界に認められることなのではと個人的には思います。
日本が誇る高品質の技術は、むしろそちらで花開く筈です。

2. Re:原子力のコスト

>PaPさん
 送配電ロスについては50%近いなどという噂もあったりしますが、東京電力のデータでは、平成24年度で4.3%にすぎません。これはそれほど大きな問題として扱うべきものではないでしょう。
 エネルギー安全保障の見地から小規模分散型の発電を提言されるのは理解できますが、コスト・安定性・環境についても考えなければならず、海外からの輸入にエネルギー源を頼っていることや、海という豊富な冷却水の存在から沿岸地域への集中が進んでしまうのは、総合的に見てやむを得ざるところがあるように思います。
 総括原価方式で経営を守られていると言われている電力価格決定方式についても、実体面では政府から金額の抑制が指示され、コストカットの側面から原発に対する安全性が弱体化していたことが、まじめな議論の対象となって日本の中で議論されているとは私には思えません。
 世の中に完璧な企業も制度もない以上、適切な批判は当然あるべきです。こうした方がいいという建設的な議論は常にオープンになされるべきだとも思います。しかし、現在の「批判」はそのような建設的なものとはいえず、一方的に電力会社を悪者にして考える構造になっていないでしょうか。私は現在の「批判」が「果たすべき責任の追及」の単なる結果だとはとても思えないのですが、いかがでしょうか。

3. 無責任な人たち

こんにちは♪

仰る通りですよね!!

結局、電力のいろはも分からない人たち(政治家や記者)などが、あれこれ、メディアを通して言うもんだから、

それが「正」になってしまうんです。

国民も、もっと自分たちのことなので、真剣になるべきだと思います。

あの山本太郎さんも無責任に選挙のためだけに、脱原発~!!って、騒いでいたけど

今や・・・どうなってるんでしょうか!?

こんないい加減な人を責めない国民もどうかしてるって思いますが・・・(^_^;)

日本人っていい加減な国民性です。って、思います。

4. Re:無責任な人たち

>アクアさん

まったくおっしゃる通りですね。

ところでアクアさんの書き込みを見て、山本太郎が何をやっているのかを捜しましたら、「集団的自衛権=戦争」という幟を立てて、街頭演説しているようです。中国の動きをどう見ているのか、彼に聞いてみたいですね。

5. Re:Re:無責任な人たち

>朝香豊さん

こんにちは。

えっ!?山本太郎は今度は集団的自衛権のことで騒いでるんですかぁ~(笑)

あんなに選挙のときに言っていた、原発の件はどうなったんですかね~(笑)

筋の通っていない人、多いですよね(-_-;)

6. 初めまして☆コメント書かせてもらいます♪

楽しく読ませてもらいました~☆ 素敵な時間を過ごせました☆これからも更新がんばってくださいね!!!私はノマドライフをメインにブログ更新してまーす!!暇な時でも遊びに来てくれると嬉しいです♪

7. コメントさせていただきます^^

記事読ませて頂きました♪僕は脱サラをテーマに記事とか書いてます♪また見に来ますね!是非やりとり出来たら嬉しいです♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!