記事一覧

大学の国際化に断固反対する!


人気ブログランキングへ

 文部科学省がこの4月(平成26年4月)から「スーパーグローバル大学創成支援」を開始しました。我が国社会の国際化を先導する「スーパーグローバル大学」を30校を創成しようというプログラムで、文部科学省が募り、応募してきた国公立大学・私立大学の中から選定するという仕組みです。すでに本年度の応募は5月30日で閉め切られました。応募した大学名が公表されてはいませんが、少子化で学生選抜に苦慮している大学の実情を考えますと、恐らくは名だたる大学がこぞってこの支援プログラムへの応募を決めているのは想像に難くないところです。

 この「スーパーグローバル大学」の選定基準は、文部科学省の言葉を借りますと、「徹底した「大学改革」と「国際化」を断行し、世界的に魅力的なトップレベルの教育研究を行う大学や、我が国社会の国際化を牽引する大学」だそうです。世界大学ランキングのトップ100に入れそうな大学10校と、そこまでの力はないけれども国際化に向けて思い切った改革を実行する大学20校を選ぶということのようです。そして活動の進展ぐあいを確認しながら毎年補助金が交付されるという仕組みになっており、10年間で徹底した大学改革と国際化を断行させるのだそうです。

 では、どういう大学が国際化を推進している大学だとみなされるのでしょうか。それは例えば、教員に占める外国人及び外国の大学で学位を取得した専任教員の割合であったり、専任職員に占める外国人及び外国の大学で学位を取得した専任教員の割合であったり、学生に占める外国人留学生の割合であったり、外国語(主に英語)による授業科目の割合であったり、日本語を使わずに卒業できるコースの数あったり、大学の意思決定機関への外国人の参画が進んでいるかどうかであったりします。教職員に占める女性の割合で国際化を判断するというよくわからない項目もありますが、それはともかく、外国人教職員を増やし、外国人留学生を増やし、外国人に大学の意思決定に参画させ、英語だけで卒業できるコースを作っていくというのが、すぐれた大学教育のあり方だと考えているのが、文部科学省の基本的な考え方だということになります。

 さて、ここに垣間見えるのは、日本人や日本語や日本の大学に対する不信感だとはいえないでしょうか。教職員に外国人が多い方が優れている、学生に外国人が多い方が優れている、教育に日本語を使わない方が優れている、外国人が大学の運営を左右できる方が優れていると言っているわけですから。

 日本は近代化を迎えるにあたって、西洋の概念語に相当する日本語を次々と編み出していきました。そのおかげで、欧米の知的な文書を母語を通じて理解できるという、世界中では非常に恵まれた立場を確立することができました。それゆえ私たちは日本語を通じて、世界中の知性を理解できるようになるという、大変大きな利点を手にしたわけです。それゆえに英語が苦手になったという側面もあるわけですが、そのことに劣等感を感じて「抜本的改革」を行うというのは、発想の根源が狂っていると思うわけです。

 グローバル化とは、わがままなアメリカがその力を背景にして本来は自分たちの国だけでしか成立していないローカルルールを世界中に押し付けているだけのことなのに、その基準に合っていないからという理由で、私たちの社会を変革しなければならないというのは、大いに疑問です。

 日本人がいくら頑張っても、英米人に英語で勝つというのは無理な話です。日本が日本の国益を追求する立場に立つなら、日本においては日本語しか勝負できないようにし、少なくとも我が国の内部は守りを固めていくべきであるのに、逆方向に動いていることに危機感を覚えます。

 ノーベル物理学賞を受賞した故湯川秀樹博士は、洋書を原書と呼ぶことを嫌っていらっしゃいました。もともとの優れたものが欧米の方にこそあるという精神性が「原書」という言葉に表れていると湯川博士は考え批判されたわけですが、今日の大学改革の流れを湯川博士がご覧になられたらどう思われるでしょうか。

 日本の国力を高め、日本の精神文化を回復して強化し、そうした高い精神性・文化性や日本の国力に外国の方々が憧れ、日本語を身につけて日本で学びたいという気持ちにさせるというのが、本来の日本の国際化ではないでしょうか。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

1. 初コメです(・∀・)♡

どーもです♡色んなブログ巡回していたらたどり着きました(´・ω・`)とっても素敵な記事だと思います(´・ω・`)また訪問しますね♪次の記事も楽しみにしてます(・∀・)でわでわ(^^♪

2. しかし・・・

こんにちは♪

大学を国際化にする必要はないと思います。が、

日本語以外、喋れない日本人が未だ多くいるのには問題を感じます。

日本語には母音が少ないから、聞き取りが苦手で母国語以外話せなくて当たり前!!みたいな風潮があるように(開き直っている)感じます。

日本語以外話せなくても大丈夫な環境が日本にはあるからなのでしょう。

環境が人を変えますからね。

私は、英語だけでも話せないと、話したいと思いましたが、やはり無理でした('_')

現在、現役の大学生を持つ叔母としては、彼に英語だけでもマスターして貰いたいと強く願いますが、TOEICは受けているようですが、内申書には書けるほどでもないようです。

実際に、アメリカにいる教授のゼミを取っていて、そのことなので手一杯と本人はいいます。

私たちも含め、日本語以外を話さなくても良い、この日本の環境も・・・少し変えなくてはと感じながらも、

昨今、東京にアジア人など多く観光に訪れると、その国々の習慣やマナーの違いに、嫌悪感を覚える自分がいたりして・・・

大学ではなく、日本自体が、本当の意味での国際化にならないといけないのでは!?

その一環として、集団的自衛権は必要だと感じます。

3. Re:しかし・・・

>アクアさん

英語教育に改善すべきところがあるのは認めます。しかしながら、日本語で説明するのをやめて全部英語にすればそれだけ英語に慣れることができるようになるという今の学校教育の改革の流れは、発想がお粗末だと感じるところがあります。(数年後からは中1からオールイングリッシュの授業になる予定です。)

6年間学んできて英語が話せないとよく言われますが、スピーキングなんて授業でほとんどやっていないわけですから、話せなくても当たり前ではないでしょうか。スピーキングでの実践演習を徹底的に行うことを前提に文法中心に組み立てていく体制ができればいいと思うのですが、そういう方向には残念ながら進んでいません。文法を廃止して日本語を廃止すれば英語はできるようになるという今の教育改革の発想には、大変大きな違和感を感じています。

また、日本語というのは非常に独特な発音認識を持つ言葉なのですが、その点に実は日本人がほとんど気付いていないという問題もあります。例えば fine を「ファイン」と発音してきちんと発音できているつもりでいると思いますが、「ファイン」の「ファ」の音は英語の f の音と違いますし、「ン」の音も英語の n の音と違いますが、そのことに日本人は気付くことさえできていないですよね。「ハ行の音は h でなければ f になっている」と思っている方が大半だと思いますが、実は h でも f でもないハ行の音というものもあり、日本人はそのようなハ行の音も使っているわけです。「受付」の「ツ」は50音の「ツ」とは違うというのはおわかりになりますか。英語の世界で「母音」とされるものが発音されていないのです。

このあたりの甘さを克服できていないので、日本人の英語は、当人が完全な英語を話しているつもりでも、外国の方に理解してもらえないというところがあります。そしてこういう区別がしっかりつけられないから、リスニングでも苦労するところがあります。

スピーキング練習を100時間やるとかなり話せるようになるという話がありますが、コンピューター技術の進歩によって、話し相手がいなくてもこれが可能になる道筋も見えてきました。今の焦りに似た「国際化」を急ぐ必要は、そういう見地からも低いのではないかと思っています。

4. Re:Re:しかし・・・

>朝香豊さん

仰る通りで、戦後から今においても・・・英語教育に変化どころか、進化すらしていないと思います。

文法なんて話せるのには関係ないですから。

でも、今後「オールイングリッシュ」の授業とは(-_-;)

いやはや、何と!!極端な(ー_ー)!!

ここは、日本ですから(-_-;)

5. あえて言います…これからは読み書きの方が重要では?

こんにちは

もうここ20年くらいヒヤリングとスピーキングの方に英語教育は軸を移していると思うのですが…。
それって周回遅れだと思うんですよね。
日本国内で生活するのに英会話は必要ありません。
(恥ずかしながら、私は英語ができないので、今までであった様々な国籍の外国人とは日本語でしか話したことがありません。)
外国人と仕事で渡り合う人達には必要です。

今からの一般的な日本人に必要な英語力って、文章の読み書きの方だと思うんです。
これだけのネット社会ですから、外国人と英語で話はしなくても、英語配信の記事やホームページを読んだり、それらのコメント欄に書き込んだりというのが出来ればいいなとは思いませんか?

日本語もそうですけど、きちっとした文章の読み書きが出来ない人はまともな討論もできません。
母語じゃない英語を勉強するのには文法も武器になる。

そろそろ、英会話至上主義から抜け出してもいいと思うのです。
英語のできない私が言うのも説得力はないですが…。話せなくても読み書きはもっと出来るようになりたかったなと思います。

6. Re:あえて言います…これからは読み書きの方が重要では?

>ひなげしさん

おっしゃりたいこともよくわかります。私もビジネスで英文のメールをもらうことがありますが、使われている英語が文法面で問題があるというケースはかなり多く、それが相手に対する信頼を損ねる役割を果たすというのは、確かにありますね。

また、契約書などは厳密な正確性が求められるために、文法をしっかりと押さえて正確に解読できる力も大いに求められます。関係代名詞の前にカンマ一つつくかつかないかで制限用法であるか非制限用法であるかが変わり、契約内容がガラッと変わるというようなこともあるわけですが、こういう肝心なことが日本の従来の教育でもしっかりと教えられてきたかというと、かなり怪しいところがあります。文法教育を疎かにするのは、国益的見地でも問題があると思っています。私は文法教育は絶対にいい加減にするべきではないどころか、もっともっと強化すべきだとさえ思っています。

ただ、語学力を伸ばすのにアウトプット教育、特にスピーキングの重視が極めて有効であるというのは、正しいと思います。インプットの英語が不足しているから、先生による説明も英語にしてしまってインプットを抜本的に増やせば英語力がそれに応じて伸びると考えているのが文部科学省の考え方だろうと思いますが、それがずれているように感じるわけです。

正しい文法と正しい発音に基づいたスピーキングをしっかりと繰り返して行っていくのを英語教育に中心に据えていけば、日本人もかなり英語が話せるようになるのではないかと思っています。50分の授業の中で25分は英語を話しているくらいの授業が求められるのだろうと思います。現在のオーラルコミュニケーションの英語の授業では、スピーキングにはまだまだ時間が充てられていないのが実際で、スピーチ認識のできるコンピューターを相手に生徒がガンガンと英語を話し続けるような授業を組む方向を整えていくというのが、求められる方向ではないかと考えています。

7. スーパーグローバル大学(恥)。

「スーパーグローバル大学」って名前からして、薄っぺらさを感じます。なんだか恥ずかしいです(笑)。
「ただ欧米の真似をすればいい」というのは、それこそ“国際人”でしょうか?

とにかく欧米に憧れていて、特に「アメリカ大好き!」な連中が日本の中枢にいるようですね。

8. Re:スーパーグローバル大学(恥)。

>みさか明さん

本当に、名前からして恥ずかしいですよね。ところが、こいつの高校版の『スーパーグローバルハイスクール」がすでに始まっているんですよ。当然この2つは連動しています。そのことを次回のブログに書くつもりです。

9. Re:Re:あえて言います…これからは読み書きの方が重要では?

>朝香豊さん

浅香さんお返事ありがとうございました。


 ただですね、英語のような日本語と全く違う言語を本気で身に付けようとすると最低でも週20時間必要になります。
 週5日として1日4時間英語漬け。日本人が英語ができないのは英語教育に割く時間がすくなすぎたからなんですね。
 英語がどうしても必要な人間はそれでいいとして、その他の人間はその時間他の勉強をした方がいいと思うんですよね。
 限られた時間の中で、文法を取るのかスピーキングをとるのか…どちらもということになると結局今までと同じ中途半端な英語教育になってしまう。

 ちなみに日本語と英語がいかにかけ離れているか。以下引用です。
『アメリカの外務職員局が調査したデータによると、アメリカ人が習得しやすい言語はイタリア語、フランス語、スペイン語、デンマーク語など10カ国語で23から24週、575~600時間の授業で習得できるとしている。


 そして英語のネイティブなスピーカーに取ってきわめて習得困難な言語は、アラビア語、北京語、韓国語、日本語。これらの言語は実に88週、2200時間もの授業を要するのである。

 ちなみにこの調査では1週間に25時間のペースで6人以下の少人数クラスで勉強し、さらに毎日3~4時間個人的な勉強を続けた上で習得したデータとなっている。』
この習得したというのはレベル3に達した段階出そうで、そのレベル3というのが。

『・充分に正しい文章構造と語彙に基づいた発話能力を有し、たいていの実務的、社会的、専門的なトピックスに関わる会話に参加することができる。
・特定の関心事や専門分野に関して特段の苦労なく議論することができる。
・通常の速度のスピーチを完璧に理解することができる。
・ほとんど単語を探索する必要がないほど十分な数の一般的語彙を有している。
・明らかに外国人だと分かるアクセントであっても、文法はよくコントロールされ、誤りがあったとしても決して理解を妨げることがなく、ネイティブスピーカーを混乱させることはほとんどない。』
引用もとは『日本人の9割に英語はいらない』成毛眞著

10. Re:Re:Re:あえて言います…これからは読み書きの方が重要では?

>ひなげしさん

日本人が英語修得が苦手なのは、おっしゃる通りで、日本人の英語学習量が格段に少ないためですね。そこでそれを抜本的に改めないとダメだというので、文部科学省は小学校3年生から英語教育を始めようとしているし、日本語による説明も英語での説明に変えた方が英語に接する時間を増やせるからそうしようとしているわけです。ただ、メソッド部分がそんなに優れているかというと、そんな感じはしないのです。

メソッドによる修得速度の進化をあまり信じられていないかもしれませんが、Direct Method for English(DMEメソッド)とか、Jorden Method のように、非常に高い有効性が認められているメソッドもあります。(Jorden Method は英語母語の人に日本語を習得させるために開発されたメソッドです。)どちらにしても強制的に勉強を求められ、高いモチベーションを要求されますが、例えばJordenメソッドの場合では1日1時間~1時間半の勉強で2年間で通常レベルでの日本語での会話ならできるようになるくらいの効果は上げています。アメリカの大学の日本文学科では、日本の文学作品について日本語で討論するくらいのことまでやっています。つまり、大学に入ってからの2年間の日本語の授業だけで、そのレベルにまで引き上げられているわけです。

こうしたメソッドは集団授業には向かないところがあり、普及させるのが難しかったところがあるのですが、コンピュータテクノロジーの進展によってこの弱点をカバーできる見通しができてきました。この方向性に英語教育の未来を見てもいいのではないかというのが、私の考えです。

11. 無題

母国語で高度な教育を受ける事ができるのは日本の財産なのに、本当にこの政権は何を考えているんでしょうね。

12. Re:無題

>ハナコさん

構造改革をやり始めてから日本がおかしくなったのに、構造改革が足りないから日本はダメなんだと本気で考えているのでしょうね。今までの日本はダメだという自虐意識が根底にあるのでしょうね。

下村文部科学大臣の息子さんが学習障害(LD)を抱えていて、日本の在来教育ではうまく救うことができず、LD児を扱うイギリスの学校に行かせて高い成果を得たという個人的経験が、この改革の支えとして働いているようです。こういうところが、この自虐傾向につながっているところがあります。

13. はじめまして☆ちあき❤といいます♪

記事読ませて頂きました~♪ 素敵な時間を過ごせました☆これからも更新がんばってくださいね!!!私はノマドライフをメインにブログ更新してまーす!!暇な時でも遊びに来てくれると嬉しいです♪

14. 無題

文科省、省内会議に英語導入 「まず自分達から」
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG28049_Q4A430C1MM0000/

こういう省ですから.

日本人全てに英語を教える必要は無い.
日本語で教えられることを英語で教える必要もない.
英語ができたところで,技術などが生まれたり向上するわけではない.

英語ができる事が異常に称賛されていると感じます.

15. Re:無題

>見習いさん
そうなんですよね。「省内会議を英語で」って、やっていることの意味がわかっているんですかね。やらされる役人はもちろんお遊び意識ではないでしょうが、日本の国益を考えて緻密な議論をすべき話を、厳密性を曖昧にしながらわざわざ慣れない言語で行うというのは、お遊びレベルで考えていると言われても仕方ないですよね。

16. まったくそのとうり

アメリカの常識を日本に押し付けられても、困ります。
グローバル化は日本を壊すだけだと思います。

17. Re:まったくそのとうり

>ゆぅ(´Д`)君さん
ありがとうございます!
ハーバードやケンブリッジが国際化を進めて、日本語でも授業が受けられるようにしているなんて話は聞かないですよね。彼らが外国人教員を多く採用しているといっても、全部英語で授業を行う教員であり、世界中に英語が広がっているから、外国人教員の数も容易に増えるというだけにすぎないカラクリがなんでわからないんでしょうかね。彼らにとってのローカル言語である英語しか使っていないという当たり前のことを忘れるべきではないとも思います。日本を一番大切にする、日本人を一番大切にするという当たり前のことを忘れては、国は成り立たないですよね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!