記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法人税率引き下げに反対する!


人気ブログランキングへ

 「日本経済の力強く持続的な成長に向けた総合政策集2014」を自民党が発表しました。この中で、自民党は「成長志向の法人税改革」を打ち出し、法人税の大胆な引き下げを提言しています。具体的には「課税ベースを拡大しつつ、税率を引き下げる」という構造改革を行うとしています。

 さて、ここで問題になるのは「課税ベースの拡大」です。現在は国税の法人税は法人の挙げた利益に対して課税が行われる仕組みになっています。利益がゼロであれば法人税はかからないが、利益がプラスであれば課税がなされるという仕組みだと理解すればよいかと思います。この前提を変えて課税ベースを拡大するというのは、赤字企業にも法人税を支払わせる仕組みに変えるということを言っていると理解しないといけません。

 赤字企業に課税するというのはどういうことかといえば、黒字であろうが赤字であろうが国内で事業を営んでいれば国から様々な恩恵を受けているであろうから、それに対して課税を行っていこうという考え方に基づいています。電話を使って仕事ができるのも国内に電話網が整備されているからだともいえますし、商品の輸送ができるのも道路網を初めとした交通インフラの整備があるからだともいえます。そういう便益を受けているのであるから、法人が利益を上げているかどうかとは関わりなく、従業員の数とか事業所の床面積といったものをベースにして、公共の便益を受けている程度を見積り、それに対して課税を行うということを考えているわけです。これを通常「外形標準課税」といいます。この外形標準課税は地方税の法人事業税には既に導入されていましたが、これを国税の法人税にも拡大しようという提案が行われているわけです。

 ここにはいろいろと突っ込みどころがあるのですが、真っ先に考えたいのは担税力の問題です。上記に見たように、「課税ベースを拡大しつつ、税率を引き下げる」というのは、今後は赤字企業にも税を負担してもらいながら、多額の税を支払っている黒字企業の税率は軽減しましょうという話ですが、言うまでもなく赤字法人というのは収入よりも支出が多いという貧乏企業です。貧乏企業に税金を負担させながら、大きな収益を上げている企業は減税しましょうというのは、そもそもおかしいのではないかということがあります。

 そして簡単に「法人税への外形標準課税の導入」と言いますが、実質的には既に法人に対して外形標準課税が導入されていることを忘れているのではないかとも感じます。何のことかというと、消費税のことです。厳密さを欠く言い方なりますが、消費税というのは、売り上げという外形をもとにして、赤字法人であっても負担を求められる税のことです。つまり、消費税という強大な外形標準課税によってすでに赤字企業を苦しめておきながら、さらに法人税自体にも外形標準課税を導入することによって、さらに赤字企業を追い込む結果になるのではないかというのが懸念されるわけです。

 あこぎな決算対策を行って法人税逃れを行っている、「なんちゃって赤字法人」が存在するのは事実ですし、こうしたところにも課税の網をかけたいというのは理解できます。しかしながら、「なんちゃって赤字法人」と「マジの赤字法人」の区別が外形上つかない状態で外形標準課税を法人税に導入するというのは、かなり危険な行為ではないでしょうか。そもそも「なんちゃって赤字法人」にも消費税という実質的外形法人課税を課しているわけですから、すでにそれなりの負担は求められていると考えるべきだと思います。

 こうした点から法人税率引き下げはやめるべきではないかと思っています。

 法人税率の引き下げについては、まだ突っ込みどころがありますので、これについてはまた別の機会に論じたいと思います。

 ご賛同頂ける方は、ブログランキングへのご協力をお願い致します。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

1. こんな話も・・・

こんにちは♪

嫌な梅雨に入りましたね(-_-;)

日本の法人税は高いから、外国企業が余り来ないと聞いたことがありますが・・・

それにも関連してるってことは・・・ないですね(笑)

お仕事中にて(笑)

2. Re:こんな話も・・・

>アクアさん

まさにその理屈に沿って、今回の話が展開されていますが、そのこと自体が勘違いじゃないの?と、私は思っています。

3. 無題

朝香さん、はじめまして。いつもブログ拝見しています。
最近の政府の政策は、本来打つべき政策と逆を行くものばかりでほんとにうんざりしますよね。
それもこれも、彼らが見ているのは、我々国民でなく外国人投資家だからでしょうね。
まあ、100歩譲って、今回の法人税減税が投資促進の為だとしても3割しか黒字企業がない様な日本人さえ儲からないようなマーケットに投資する外国企業がどの程度いるのでしょうね。
政府は、支持率の下支えとなっている株価の維持に躍起になっているといった報道を最近よく耳にしますが、こんな事ばかりしていたら頼みの投資家からも見放されてしまうんじゃないですかね。

4. いつもいいねをありがとうございます。

なんちゃって赤字法人に対しては、突っ込んで欲しいですが、ジリ貧赤字法人に対しての課税なら、かなり問題ですね。・・・・・

国には、何でも大企業をサンプルに考えるのを止めて頂きたいですね。・・・・・ジリ貧赤字法人が零細だったら間違いなく倒産が増えそうです。

5. 無題

アベや自民党の思想が見えますね

それを支持する庶民

ちゃんちゃら笑っちゃいますね

ネトウヨはアベとアソウが作ったってなんかに書いてましたよ

6. Re:無題

>sanさん
>3割しか黒字企業がない様な日本人さえ儲からないようなマーケットに投資する外国企業がどの程度いるのでしょうね。

鋭いご指摘ですね。そこで確実に儲けられるように規制を特別に取っ払った「特区」とかPPP/PFIとかを用意して、そこに外国人投資家に来ていただこうという話になっています。

だとしたら、それを外国人投資家に開放する意味って何なんでしょうね。日本国内には投資に向かわないでだぶついている資金が山ほどあるわけですから、それを利用する方向でかんがえればいいのに、何で外国人投資家にわざわざ甘いえさを与えるのかということになりますね。

このあたりの関係を、政治家もあまりよく理解しないままに、何となく新鮮に見えることに飛びついているだけのように感じます。本気で売国なのかもしれませんが。

7. Re:いつもいいねをありがとうございます。

>夢を叶えるカフェさん

倒産が増加することを、恐らくは狙っているのだろうと思います。倒産するような企業はもともと淘汰されるべき存在で、そういう企業がいなくなった方が効率性が高くなると、まじめに考えているふしがありますので。社会の安定性というものは、人間が暮らしていく中で忘れてはいけない支店だと思うのですが、彼らの中では考慮の対象にはならないようです。

8. Re:無題

>鼻毛《アベ断固不支持・ガス抜きワロス》さん

外交政策や国防政策では支持できるところもかなりあるのですが、経済政策は本当に狂っていますね。経済利権をアメリカに差し出すからこそ、アメリカは日本を大事に思ってくれると本気で考えているのでしょうか。差し出したって大事に思ってもらえるわけではないのにです。日本が自立した意思を指し示して、真面目にゲームをしないと国益が守れないとわかってから、日本との関係を大切にしていくということをようやく考えるという当たり前のことが見えていないのではないかと思います。

9. Re:Re:こんな話も・・・

>朝香豊さん

こんばんは♪

やはり、そうなんですか・・・(-_-;)

安倍さんは、外交に力入れ過ぎてますよね!?


でも、大切なのは、

しっかりとした根をはり(日本経済など)、

そして美味しい実(他国との良き関係)を生らすことなのに


木を見ずに、森ばかり(-_-;)

どうして、昨今の首相にしても公務員キャリアにしても、極端な発想になってしまうのでしょうか・・・

10. Re:Re:Re:こんな話も・・・

>アクアさん

TPPなど許せないものもいろいろとありますが、安倍外交は少なくとも歴代の外交と比べたら遥かにいいと思います。G7でアメリカの言いなりにならないで、むしろ日本の主張を盛り込めさせたのは、日本外交において画期的な話だとも思っています。日朝についてはまだ予断を許しませんが、これについても希望は持てると思います。

しかし経済政策は狂っていますね。世界一の金持ち国がお金がないと思い込み、本当にお金のない発展途上国が苦し紛れでやるような政策にとびついている姿は、本当にこっけいです。「財政拡大=悪」だと思い込んだ上で、奇手頼みするしかないと考えてしまっているわけですが、ここにも過剰に自信を失った日本の姿があるように思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。