記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国連拷問禁止委員会に、正しい反論を記した政府報告書を提出せよ!


人気ブログランキングへ

 河野洋平氏が月刊誌「世界」の5月号のインタビューで安倍総理の国会答弁について「上から目線で接していることが少なくない。とりわけ疑問に思うのは相手の議員によって言い方や姿勢を変えているように見えることだ」と指摘し、「議員の背後にいる国民に著しく礼を失している。行政の責任者として非常に不適切だ」と批判しました。この発言を引用して民主党の江崎孝氏が「大先輩の指摘をどう思うか」と質問したのに対し、首相は「しっかり受け止め、拳々服膺(けんけんふくよう)する必要がある」とした上で、「このような批判も時には恐れず、自分の信念を述べていくつもりだ」と主張し、さらに「信念を少し丸めて、その場を取り繕っても、後々大きな禍根を残すこともある。それは政治家として不誠実ではないか」とも述べました。

 安倍総理は正論を吐いていますし、このことは高く評価したいと思います。しかしながら、だとすれば、河野談話の見直しをしないと自ら明言したこととの間には、溝があると感じるのは私だけではないでしょう。

 河野談話の流れを受けて、国連においては、「慰安婦」よりも「軍性奴隷」と呼ぶ方が正確で適切だなどどして日本を批判した「クマラスワミ報告書」が出されました。さらに、拷問禁止委員会からも①「従軍慰安婦」が「性奴隷」だったとはっきりと認めること、②慰安婦制度の当時の責任者を処罰すること、③日本政府は元慰安婦に対して、道義的責任ではなく法的責任を認め、国家として謝罪と賠償を行うこと、④性奴隷を否定するような発言を日本政府自身が反論すること、⑤慰安婦が性奴隷であったことを国民に教育し、教科書にもその旨を記載すること、の5つを求められました。そしてこれに対する日本政府の回答期限が来月に迫っています。河野談話の見直しをしないと明言しながらも、「信念を少し丸めて、その場を取り繕っても、後々大きな禍根を残すこともある。それは政治家として不誠実ではないか」と発言された安倍総理が、国連の拷問禁止委員会に対してどのような政府報告書を作成して提出するつもりなのかは大いに注目されます。

 これに関連して、「クマラスワミ報告書」に抗議する署名が行われています。こちらにもご協力頂けたらと思います。
「クマラスワミ報告書」に抗議する署名

 慰安婦問題がここまで大きくなってしまった流れを踏まえて私たちが学ぶべきは、問題が小さいうちに正しく反論しておかなかったのがいけなかったということでしょう。まさに安倍総理が言うように「信念を少し丸めて、その場を取り繕」った結果として「後々大きな禍根を残す」に至ったということでしょう。従って問題が小さいうちにその芽を摘み取っておくことが極めて重要になります。

 この点で、「日本兵は捕虜を食べていた!」と主張する本がアメリカでベストセラーになり、映画化されるという話も、看過すべきことではありません。この本の中には、アメリカ兵やイギリス兵、カナダ兵、ニュージーランド兵、オランダ兵、オーストラリア兵ら約13万2000人が日本の捕虜となったが、そのうち3万6000人近くが死んだと書かれているそうです。特にアメリカ兵の場合はひどく、3万4648人のアメリカ兵捕虜のうち、37%超に相当する1万2935人が死んだと書かれているそうです。ナチス・ドイツやイタリアに捕らえられたアメリカ兵のうち、死亡したのはわずかに1%だったのとは大きな相違を示しているのだそうです。何千人もの捕虜たちが、殴られたり焼かれたり、銃剣で刺されたり、こん棒で殴られたりして殺され、銃殺され、人体実験で殺され、人食いの風習で生きたまま食われたものもいたという記述もあるそうです。

 この本についての解説は、以下のページでご覧下さい。
森川聡一氏による解説

 映画の予告編もすでにアップされています。予告編からは日本人の残虐さがどの程度で表現されているかはわかりませんが、よければご覧下さい。(但し英語で、和訳はありません。)


 このような話を放置しておくと、一人歩きするのはこれまでの経験から明らかです。こうした話を荒唐無稽だとして笑って済ませるのではなく、日本政府自らが事実ベースでしっかりと反論することを求めたいところです。そしてそのために私たちにできることから始めていきませんか

 例えば、首相官邸への意見はこちらから行えます。よろしければ、ご協力下さい。
首相官邸への提言


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

1. NOと言える日本人

こんにちは♪

日本人は、個性を尊重しないし、自分の意見をしっかりした言葉で言うのが苦手な国民性。

人と同じでなければ、変な人と言ったりする代わりに、人と同じだと主張する人たちは、実は自分の意見すら無かったりするのである。

だからこそ、外に発信することが出来ない!?苦手になり、今回の河野氏のように、内の批判ばかりになるのではないかと思います。

要は、鎖国が招いた悲劇だとも思います。

と、また横道に反れてすみません(-_-;)

2. Re:NOと言える日本人

>アクアさん
日本人の国民性も関係しているところはあるのでしょうね。もともと争いが苦手で、「議論」と聞いても、自分が正しいと考える意見で相手側をねじ伏せようとする戦いのイメージは、日本人の中にはないですよね。互いの気持ちを尊重しながら妥協点を探し出していくような解決方法を好む、世界でもっとも平和的な民族であるのは、私たちの誇りとすべきものでもある一方で、こういう点では弱点になるところもあるのでしょうね。
ただ、明治時代の外交はどうだったかといえば、これは今とはかなり違っていたのも事実です。甘い顔をしたらつけ込まれて食い物にされるという恐怖心がきちんと働いていたからなんでしょうね。そういう危機感のようなものが、今の日本人から消失していることが問題だとも思います。

3. Re:Re:NOと言える日本人

>朝香豊さん

明治政府は・・・そうだったんですか(^_^;)

勉強不足ですみません(^_^;)

つい、鎖国が悪って思っているもので


では、もう一度、明治政府のような“凛”として、頂きたいものです。

男女平等になってから、男子が軟弱になったのは・・・気のせいでしょうか!?(笑)
セクハラとかで直ぐに問題にしたりして

私たち、女子もいけないんですけど(^_^;)

4. Re:Re:NOと言える日本人

>朝香豊さん

明治政府は・・・そうだったんですか(^_^;)

勉強不足ですみません(^_^;)

つい、鎖国が悪って思っているもので


では、もう一度、明治政府のような“凛”として、頂きたいものです。

男女平等になってから、男子が軟弱になったのは・・・気のせいでしょうか!?(笑)
セクハラとかで直ぐに問題にしたりして

私たち、女子もいけないんですけど(^_^;)

5. 時代は繰り返す

実は大正時代にも日本人を排斥する動きがあったんですよね。

高橋克彦の『霊の柩』で少し出てくるのですが、「当時のアメリカ映画における日本人像」は残虐で冷酷というもの。当時のアメリカ映画会では実際にこの残酷な日本人を演じていた日本人が存在していた。
今現在の世界情勢は大正時代から昭和初期にかけての頃と似ていると思うので、ちょっと危機感を持ってます。

6. Re:Re:Re:NOと言える日本人

>アクアさん

おっしゃる通りで、「男女平等」によって男子が軟弱化したとか、女子がオヤジ化したというのは、間違いなくあると思います。西欧では女性が社会進出しない段階では、妻は夫の奴隷的な立場に甘んじることが多かったので、両性の平等ということをわざわざ謳って女性に男性の役割を果たせるようにしないとこの問題が克服しにくかったということがあります。日本にももちろん経済力によって妻を暴力的にっコントロールしようとする夫もいたのですが、その割合はさほど高いわけではなかったので、自然な形で分化してきた男女の性別による役割の違いを相互に尊重しやすい社会を築いていたといえます。働きたい女性が働きにくかった状況は改善されるべきだったのでしょうが、妙に形式論理ばかりが強調される世の中になって、日本の社会は退化したと感じることは多いですよね。そういう点でコンプライアンスとかが大きく取り上げられる社会は困ったものだなと感じます。

7. Re:時代は繰り返す

>ひなげしさん

日露戦争における勝利によって、日本に対する恐怖心を西洋の人たちが抱いたのは自然なことだったのでしょう。ロシアの海軍力をゼロにした日本と太平洋を挟んで向かい合っているアメリカには、その気持ちは特に強いものとしてあったことは、今からすれば想像しやすいですが、そのような感覚について鈍感な日本人は、なぜアメリカに嫌われるのか、当時は意味がわからなかったのだろうと思います。日系の移民がまじめに働き倹約をすることで、アメリカの土地をどんどん買って財産を作っていくことに対しても、侵略を受けているような恐怖心を感じていたところもあるのでしょう。そういうところに歴史の悲劇を感じるとともに、おかしな流れに対する警戒心を適切に持ってその状況をコントロールしようと全力を挙げることもやらざるをえないのだなと感じます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。