記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

構造改革が私たちにもたらした現実を整理してみよう!


人気ブログランキングへ
 
 ここ25年ほどの間に日本において構造改革がどんどんと進められてきたはずですが、日本経済に勢いがない状態が続き、「失われた10年」がいつしか「失われた20年」と呼ばれるようになり、さらにそうなってからもすでに何年か経過したかと思います。そこでこの間にどのような変化が生み出されているのかを概観しておくことも、実は大切なのではないかと思っています。

 まず、日本の雇用者報酬(労働者の取り分)がどう推移していっているかを見てみましょう。


 1997年を頂点として、それ以降は雇用者報酬は低迷していることがわかります。企業はグローバル競争に打ち勝つために合理化を進めてより筋肉質に変わっていかなければならないということで、様々なコスト削減に取り組みました。そしてその中には労働者の給与を低く抑えていくために、アウトソーシングを活発化して正社員の人数を絞り込むとか、非正規社員の割合を高めるといったことが行われていきました。さて、この状況は日本経済を向上させるのに役立ったのでしょうか。

 個別企業についてみれば、企業体力を向上させる構造改革が進んだと見ることはできるかもしれませんが、日本社会全体で考えれば、雇用者報酬が低迷したことで、GDPの6割近くを占める民間最終消費支出(日本に住む人が日本国内で消費に使ったお金)を抑制させてしまったといえないでしょうか。実際、企業の売上高の推移を見ても、当たり前ですが伸びていないわけです。


 では企業は利益を増やせていないのかというと、それもちょっと違うようです。以下のグラフを見ればわかる通り、日本企業の経常利益は1997年の2倍以上で、ほぼ60兆円に達しています。経常利益率も1997年当時の2倍以上で、4.5%を超えてきていることがわかります。


 では、企業はそのように稼いだお金をどうしているのでしょうか。以下のグラフは企業の内部留保の推移です。2012年にはついに300兆円を突破しました。そしてその増加スピードは日本経済の拡大ペースとは比べるもなく高いことがわかるかと思います。2011年度末において、日本の上場企業の過半数が無借金経営になりました。企業の経営体力は非常に向上していることがわかります。


 企業が借金に依存しなくなった中で、一般の家庭の貯蓄はどうなっているでしょうか。以下のグラフをご覧下さい。


 日本の家計貯蓄率は1992年段階では15%程度あったのに、現在では2%程度にまで下がってしまい、浪費傾向が強く将来設計を考えないと揶揄されるアメリカすらをも下回るようになっています。では、日本人の中に浪費家が増えたのかといえば、そんなことはないはずです。かつて若者の乗り物だと思われていたオートバイは、今やおじさんの乗り物の扱いとなってしまいました。若者が無理してローンを組んで車を自分のお金で買うことも聞かなくなりました。ワタミの決算が赤字になったように、居酒屋にも大きなお金を落とさなくなってきました。生活水準はむしろかなり慎ましやかになってきたのに、雇用者報酬が減ってきたために貯蓄もできなくなってきたといった方が適切でしょう。

 高度経済成長期であれば、一般家庭が将来設計を考えて貯蓄を行い、企業は自己資金では足りない資金をこうした貯蓄を借り入れて利用しながら旺盛な投資を行い、経済を拡大させていくということが行われました。ところが現在では一般家庭が貯蓄を行うことが難しくなり、企業は一般家庭の貯蓄をあてにしなければならない状態から抜け出してきました。

 これを経済成長との観点でさらに考えてみましょう。雇用者報酬の低迷によってGDPの6割近くを占める民間最終消費支出の伸びも抑え込まれました。さらにGDPの2割を占める政府最終消費支出とGDPの5%程度を占める公的固定資本形成(公共事業に回る政府支出)も、国家財政が危機的であることを理由として抑え込まれてきました。要するにGDPの85%ほどを占める項目を抑制することを「構造改革」として押し進めたわけです。その結果、需要が伸びない国内マーケットを対象にしては設備投資を行っても利益が見込めないことから、GDPの残りの15%ほどを占める民間企業設備投資も低迷するという事態を招いてきたわけです。大企業はこうした環境の中でも確実に利益が上げられるように構造変革し、売り上げが伸びなくても利益が確保できるビジネスモデルを確立してきたということがわかるでしょう。

 この全体構造を見た時に、法人税を減税して企業が内部留保をさらに蓄えやすくすることが、日本経済の起爆剤になるのでしょうか。これまで進めてきた構造改革がまだまだ岩盤規制によって阻まれることが多くて徹底していないから、日本経済は伸びないのでしょうか。その理解は違うのではないかということがわかるでしょう。構造改革の流れをストップさせることは、私たち日本人の生活を守る上でも、日本の経済力を高めるためにも必要なことだと、私は考えます。


人気ブログランキングへ

追伸
 目下アベノミクスによって、経済が回復しているように見えますが、これは実はアベノミクスのせいだとは思わない方がよいと思います。アベノミクスによって株価が上がったことも好景気には影響していますが、20年ほど本格的設備投資を怠って日本国全体の供給能力が衰えてきたことによって需要不足が解消してきたのではないかと思います。このような経済の流れにおいて大きな転換点が出現したように、私には感じられます。このような時代の反転によるものによって経済が伸びてきているのにすぎないのに、アベノミクスによるさらなる規制緩和によって経済が伸びていくように錯覚する時代になってきたように感じられます。このことに、私は却って危機感を募らせています。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

1. マインドコントロール

こんにちは♪

私は単純に アベノミクスで景気が回復したという感じはありません。

株価だけを見れば、平均株価が上がれば「景気回復」と、言いますが

地に足が付いた、景気回復とは全然感じられません。

それよりか、景気が回復したであろうところの、氷山の一角だけを、メディアに報道させて

国民をマインドコントロールしようと・・・そう感じます。

日本国民は、いつしか腑抜けになってしまったから、直ぐに一喜一憂するのです(って、思います)

口先だけでなく本当に未来の子供たちが大切で、良き時代を引き継ぎたいと、そう思っているなら

今のようなことはしていないと思います。

茶番です!!(笑)

2. 無題

小泉政権が良かったという人は現在少ないと思います。しかし当時は多くの人が熱病にかかったように指示していたのも今は昔ですね。竹中平蔵、大田弘子、宮内義彦等が重用されて構造改革、規制緩和で日本に閉塞感をもたらしたと思います。私は当時完全な反小泉でした。変わり者だったと思います。安倍総理は小泉政権路線の継承者だと感じます。清和会は新自由主義的だと思うと嫌悪感を覚えます。

3. Re:マインドコントロール

>アクアさん
そうですよね。私たちの生活実感の中には、なかなか契機回復している実感は薄いところがあるとは思います。ただ、その一方で失業は大いに改善してきていて、平成21年7月に5.5%だった完全失業率は、この4月(平成26年4月)に3.6まで低下してきました。すき家が人手不足のせいで大量の店舗を閉店せざるをえなくなったのもニュースになりましたし、トヨタでさえ破格の条件を出して求人を行いだしたことが6月10日付けの日経新聞の記事にもなっていました。日本企業が人手不足を実感するようになってきたというのは、大きな変化だと思います。

4. Re:無題

>グラースさん
当時から反小泉派とは、さすがですね!
おっしゃる通り、安倍総理は小泉改革の継承者ですね。外交・安全保障については評価できるところも多い一方で、経済についてはこの流れを止めないとまずいだろうということを次々とやっていますね。政権交代後にもとに戻せるようなものであればやらせてもよいかもしれないのですが、TPPのようなものになると引き返せませんよね。こういうものだけは絶対に阻止してもらいたいと思います。

5. 無題

正党さんのところからのぞきに来ました
結構読み応えがありこれからも読ませてもらおうと思っています
ーーーーーー
>経済が回復しているように見えますが、これは実はアベノミクスのせいだとは思わない方がよいと思います。アベノミクスによって株価が上がったことも好景気には影響していますが、20年ほど本格的設備投資を怠って日本国全体の供給能力が衰えてきたことによって需要不足が解消してきたのではないかと思います。
>ワタミの決算が赤字になったように、居酒屋にも大きなお金を落とさなくなってきました。生活水準はむしろかなり慎ましやかになってきたのに、雇用者報酬が減ってきたために貯蓄もできなくなってきたといった方が適切でしょう。
ーーーーーーーーーー

実感としてとれも共感できます

自分の現状認識としてはメディアも政権もアメリカに乗っ取られたような感じなので先の望みは無いような感じです

ただどうしたら良いかが全くわからない
安倍さんになんとかやめてもらいたいんですが
その先が見えない

ここのブログで勉強して正しく知るということが次への道筋につながるような気もします
時々来ます

6. Re:無題

>mibuさん

ありがとうございます。

「公共事業=悪」のイメージも以前よりは随分薄くなってきましたし、従軍慰安婦の嘘についてもかなり知られるようになってきました。5年単位くらいで見ると、結構大きく変わってきているようにも感じます。正しい認識は少しずつですが広がっていると思います。そこに未来を見たいと思っています。

7. 無題

>朝香豊さん
第二次安倍政権の誕生のときは、増税に依らない復興財源を確保する活動の実績、瑞穂の国の資本主義の話等で、安倍氏は小泉構造改革路線から反省して訣別したのではと淡い期待を抱いたものですが、完全に新自由主義的で、小泉政権の継承者で緊縮財政と増税の実行者だと思うと、なにやら騙されたように感じます。まあ私は地元の選挙区では自民党議員とは疎遠なもので投票は生活の党の候補なんですが…、朝香さんが当初から指摘していた通り、安倍政権は緊縮財政政策の新自由主義だと完全に確定して、積極財政はないんですね。嫌気がさしてきます。

8. Re:無題

>グラースさん

現在進めている政策が日本を壊すことになるという政権批判を、安保改訂によって日本が壊れると言われた岸内閣時の政権批判と同様のものだとしか、恐らく安倍総理は考えておられないのだろうと思います。
経団連の新会長の榊原氏は経済財政諮問会議の民間議員でもあるのはご存知かと思います。議事録を見ますと、榊原氏は法人税減税を行わないと日本への投資は経営者はなかなかできないといった発言をしているのですが、こうした発言を安倍総理は真に受けているのではないかと思います。
マクロの話とミクロの話の切り分けは非常に難しいところで、私は榊原氏にしても単なるポジショントークなのではなく、マクロとミクロの区別を付けられない中での印象論を述べているにすぎず、安倍総理も同じレベルにいるにすぎないと考えています。
不十分ながらもデフレ不況論や国土強靭化必要論が受け入れられるようになってきたように、このブログのような理解が社会的に広がりを持つのかどうかによって、政権の動きにも変化があるかと思います。そこがポイントではないかと思います。

9. はじめてコメント残します!

せっかく読んだのでコメントさせていただきますね(´∀`)LINEネタをたくさん書いてるのでよかったら遊び来てください♪また覗ききます~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。