記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中韓の真の狙いを見間違えるな!


政治 ブログランキングへ

 昨日の河野談話に関わる話はわかりにくかったかもしれませんので、またちょっと別の観点から話を進めてみたいと思います。

 近年日本を非難する中国や韓国の姿勢が強まっているのは、皆さんもよく感じられるところだと思います。慰安婦や「南京大虐殺」のことのみならず、戦前の「強制労働」に関して日本企業を提訴する動きも広がってきました。そして実際日本企業に対して賠償を言い渡す判決も相次いでいます。戦前の船の賃貸料の支払いに関連して、商船三井の船が中国において差し押さえられるという事件もありました。

 これらに対する我が国の反応はどうだったでしょうか。例えば韓国人が起こした「強制労働」に関して、我が国はどのような論拠で反論したでしょうか。日韓基本条約締結時に同時に締結した日韓請求権協定(日本国と大韓民国との間の財産および請求権に関する問題の解決ならびに経済協力に関する協定)に、「両締約国は、両締約国及びその国民(法人を含む。)の財産、権利及び利益並びに両締約国及びその国民の間の請求権に関する問題が、1951年9月8日に サン・フランシスコ市で署名された日本国との平和条約第四条(a)に規定されたものを含めて、完全かつ最終的に解決されたこととなることを確認する」と書かれており、この段階で決着済みではないかというものだったかと思います。

 法律論としてはまさにこの通りであって、韓国の裁判所や被害者を名乗る韓国人が何を主張しようとも、この条約により個人が関わる請求権もすでに決着はついているわけですから、主張の妥当性など一切問題にする必要はないというのはまさに正論でしょう。

 しかしながら彼らが狙っているのが日本から受け取れるお金だけではないことに私たちは気付いておくべきだと思うのです。すなわち、日本人というのは権力を握ると、弱い立場の人間の弱みに徹底的に付け込んで、道徳的に許されない行為を平然とやってのける下劣な奴らなんだというイメージを国際社会に定着させることも、彼らの狙いなわけです。というよりも、それこそが彼らの真の狙いだと考えるべきだと思うのです。「自分たちの行った非道徳的なことにほおかむりして法律的な技術論で逃げてしまおうと考える奴らが、いかに正義ヅラをした主張をしようが、どうせ胡散臭い話なんじゃないの?」と世界中に思わせる中で、自らの優位性を確保したいというのが、中国や韓国が狙っていることであるわけです。尖閣諸島や竹島の我が国の領有権の主張についても、「日本の言うことを頭から信用したらいかんよな」と世界の人たちに思わせるように仕向けていこうというのが、彼らの狙いなわけです。

 そしてそれが真の狙いであると理解した場合に、日本側の反論がいかに間の抜けたものであるかがわかるでしょう。「過去の人権無視の強制労働の賠償をせよ」と訴えられて、「それはすでに時効ですよね」とか「条約において解決済みなので、現在は請求権は消滅していますよね」とだけ応えるのでは、人権を無視した強制労働をさせたということがあたかも事実であるかのように映し出されてしまうという結果をもたらすからです。そしてそのイメージが国際社会の中で広がることこそが、彼らにとっての狙いそのものであるのにです。

 日本は相手の主張を取り上げることが法律論的に筋が通らないことを主張しても当然よいのですが、そこに留まらずに、我が国は言われるような非道徳的な行為を行った事実はないということを、しっかりと主張すべきなのです。日本政府は日本という国に対する国際的なイメージが「日本こそ道義国家である」というものとして確たる位置付けが得られるようにすべきです。そして、これを傷つけるような国際宣伝に対してはその兆候が見てとれた段階で潰していくために十分な努力を払っていくというのが、日本国政府の基本的な方針となるべきです。この基本的な位置づけが明確になっていないところに、日本外交の根本的な弱点があると、私は考えます。


政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

1. 敗戦後日本の事なかれ主義

結局今だに歴史問題から抜け出せずにいるのは、すべてを金で解決を図ろうとした政府(自民党)の事なかれ主義も大きな原因になっているように思います。日韓基本条約以外にもあまり知られていない日韓の様々な問題に対し、政府は金での解決を図っていたようです。韓国もそのようにすっかり飼いならされてしまったのであり、今更正論で対抗してもなんの効果もないでしょうね。その意味でブログ主さんが仰るように、淡々と事実を積み上げて間接的に論破してゆくことは大変有効な手段の一つだと思います。
おまけに安倍首相が欧米でソフトファシストと影で真面目に語られてしまうくらい中韓のプロパガンダは恐ろしいほどの成果を発揮している状況ですから、政府も気合い入れて日本の名誉回復に努めてもらいたいものです。

2. Re:敗戦後日本の事なかれ主義

>さむらいさん
 おっしゃる通りですね。「真実が何か」よりも「対立関係を小さくすること」を優先する日本的な問題解決姿勢が、グローバルスタンダードとあまりに違っているということに、ずっと気付かずにきたところもあるのでしょうね。
 我が日本国は過去も現在も道義国家であるということを、事実をきちんと示していく中で世界に向けて発信していくということを、面倒くさがらずにやることが大切ですね。本当は宣伝相まで置いてプロパガンダ戦に負けない戦いをすべきなんですが、今の国内状況では無理でしょうね。

3. 金で解決・・・

こんにちは♪

正に“さむらい”さんが仰るように「金で解決」の結果が、こういうものになったのでしょう。
勿論、それだけじゃないのは理解していますが、
大きな要因であるのでしょう。

小さな社会の家庭でも、金で解決の結果、金で解決されている人が成長しないこと、又、いつも物品を要求すること・・・小さな社会の家庭とは 我が家庭なのですが(^_^;) 

金で解決が、一番短絡的な行為で、一番簡単な解決策であるのには・・・間違いありません。

また、横道に反れてすみません<m(__)m>

4. まさに

読みが深いですね!!!議員や害務省は馬鹿ばかりか!!!日本も思慮の浅薄さを反省すべしですね。

5. 無題

中韓に特別な狙いがあるとは思えませんが
実はこの問題は日本自身が引き寄せたもの
謝罪外交が無ければ起こらなかった問題でしょう

中国も韓国も謝罪謝罪に翻弄される日本を見て学んだのです

日本の政治家が中国や東南アジアに行けば必ず日本軍の残虐行為に対しての謝罪を繰り返し繰り返し行ってきました
そうすることが日本国内のマスコミや国民受けが良かったわけです

従軍慰安婦も南京大虐殺も日本側がお願いして騒いでもらったもの

それを見て学んだのが江沢民
そこから中国の反日教育が始まったわけです

日本に比べれば中韓の方が国益を考えてますな
少しは中韓に学んで欲しいものです

もし戦う気があるなら
日本国内で南京大虐殺や従軍慰安婦を広めた勢力と戦って欲しい
中韓は関係ない

6. Re:金で解決・・・

>アクアさん

そうですね。日本人は文化的な特質として、相手と対立関係が続くことに耐えられない民族性があって、簡単に妥協する傾向がありますよね。その点を彼らはうまく利用してきたところがあるように思います。

7. Re:まさに

>Uさん

相手が引けば、自分も引くということが成り立つ間柄では、真偽をはっきりさせるのは「偽」とされた側のプライドを傷つけることで野暮なことと考え、目先の対立を感情の融和によって解決しようとするのは、うまく機能するものでもあったと思います。しかしそれは日本文化の中だけでしか成立しないものなのだという理解がなかったのでしょうね。日本的思考の枠組みで他民族をも理解しようとすると、中韓のやり口は理解できないことになるのは、仕方がないところもあったのかなと思います。

8. Re:無題

>mibuさん

おっしゃる通り、はじめは日本側の対応がおかしいことによって引き起こされたものだったと思いますが、日本が日本的な価値観で愚かな対応を取り続けることに味をしめて、そこを国家戦略的に利用することを考えたという流れがあるのではないでしょうか。
中国に特別な狙いがないなら、ユネスコの記憶遺産に「南京大虐殺」と、「中国人従軍慰安婦」の登録申請などしますかね。
反日日本人と中国が連携行動をとっているところもありますよね。中国にとって都合の悪い情報がなかなか表に出てこないのも、中国の情報工作がそこまで進んでいることとも関係するのではないでしょうか。中国の能動性を過小評価されているように感じますが、いかがでしょうか。

9. 習朴密約

中国の習国家主席と韓国の朴大統領の間でこんな密約が交わされたんじゃありませんか。

北朝鮮の核武装により北朝鮮による朝鮮半島統一を恐れた朴は,習に韓国による朝鮮半島統一を支持してほしいと要請した。朴の申し出に対し,習は韓国による統一は在韓米軍が国境まで押し寄せることになり容認できない,中国としては北朝鮮による朝鮮統一で別に問題がないと告げた。焦った朴は中国が韓国による朝鮮半島統一を認めるなら,朝鮮半島を中国の一部として構わない,そのかわり自分を朝鮮エリアの中国人民解放軍司令官に任命するよう,さらに日本が中国領になった暁には日本も朝鮮エリアとするよう提案した。
この朴の提案に興味を示した習は,朴にその決意の証拠をみせるよう指示した。具体的にはアメリカ(その他カナダ,オーストラリアなど環太平洋の西側の国)において,従軍慰安婦,東海運動を議会に働きかけるようにというものであった。法案が通ることは,すなわちそのエリアに韓国人が多いことになる。慰安婦像が立ったエリアにひそかに解放軍を送り込む。その後,在米韓国人にアメリカからの分離独立を議会に提案させ,地元民が抵抗するようであれば,中国人の同胞となる韓国人の安全確保のため解放軍が鎮圧するという計画である。そうすればアメリ国内に中国の軍事拠点を打ち立てることができる。ロシアがクリミアで行ったことを中国は韓国を利用してアメリカでやろうというのである。
また慰安婦,東海運動がアメリカの議会を通れば通るほど日米同盟を弱体化することになる。来るべき中米戦争に対し,韓国は中国の先兵として戦うべしと習は朴に指示を出した。
習の指示に朴はにこりと笑い,「私を韓半島(日本を含む)の司令官にすることをお忘れなく」と答えた。

10. Re:習朴密約

>倍返しさん

中国と韓国の間で実際にどんな交渉がなされているのかは窺いしれないところがありますが、それぞれの国がそれぞれの国民性というものを無意識のうちに背負い込んで動いているところがあるように、私には感じられるところがあります。その意味で、いずれの国家も明確で合理的な決定を下せる存在ではないようにも思います。仮に中国が経済や環境の面で明らかに崩壊するのが見えてきて、一方で日本が経済的にも軍事的にも復興してきたとしたら、そうした背景に基づいて韓国が今とは真逆に動き始めることも、ありえるのではないかと思います。
 我々としては、日本を真に強い国にすることと中国を潰すことにエネルギーを傾けていけばいいのかなと思っています。

11. Re:Re:習朴密約

>朝香豊さん
朝香さんのおっしゃる
「日本人というのは権力を握ると、弱い立場の人間の弱みに徹底的に付け込んで、道徳的に許されない行為を平然とやってのける下劣な奴らなんだというイメージを国際社会に定着させること」が敵の狙いだとすれば,こちらも敵の下劣なイメージを定着させることを狙えばいいのではないでしょうか。

慰安婦,東海問題も日本への攻撃ではなく,アメリカ攻撃の一手段とアメリカに思わせればいいのかと考えた次第です。

12. Re:Re:Re:習朴密約

>倍返しさん
私たちは正しい側にいるわけですから、彼らと同じレベルにわざわざ立つ必要はないと思います。これまでの問題は、日本がきちんと反論してこなかったこと、自己主張をしてこなかったことにこそあり、彼らは日本のそうした「性質」を悪用してきたにすぎないともいえます。我々の正当性が見えてきた時に、彼らの下劣さは自ずと明らかになることで、彼らのレベルに我々から合わせていくようなことではないのではないかと、私は思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。