記事一覧

漁業の抜本的な転換を目指せ!


人気ブログランキングへ

 今年のうなぎは豊漁であるとのマスコミ報道が相次いでいます。例えば、6月9日付けの日経新聞の見出しは「ウナギ高値一転、卸値1~2割下落 稚魚豊漁で 土用の丑に向け「運賃なしで売り込みも」」というものでした。

 確かに昨年5.2トンだったシラスウナギ(ウナギの稚魚)の漁獲量が、今年は10トンを超えるということで、ほぼ2倍に伸びているということからすれば、「豊漁」という表現も理解できないわけではありません。しかしながら、もっと長期の漁獲量データからすれば、現在が危機的な状況にあることは、疑う余地はないでしょう。




 危機的状況にあるのは、ウナギだけではありません。以下は北海道におけるニシンの漁獲高の推移です。



 ニシンは北海道での水揚げが日本全体の水揚げの99%以上を占めますので、これはそのまま日本全体の水揚げ量と同じだと考えてっもよいかと思います。明治30年頃と比べると比較にならないくらいに漁獲高が下がっていることがわかります。千島列島が日本領であった戦前と現在を単純に比べるわけにはいきませんが、戦後においても年間20万トン以上の水揚げがあった頃と現在では雲泥の違いであることは理解できると思います。水揚げ量が2000トンを超えたら「豊漁」だと報道しているのはどうなのかというのは、うなぎの場合と同じです。

 サバの漁獲量も見てみましょう。残念ながら全国での水揚げ量の推移を示すグラフを見つけられなかったので、福井県での水揚げ量のみですが、ご覧下さい。




 マイワシの漁獲量も見てみましょう。これも福井県での水揚げ量のみのグラフです。



 ここまで示すと、何だか特殊なデータのみを集めて示しているように感じられる方もいるかと思いますが、必ずしもそうでもないということをご理解いただきたいのです。世界銀行が2030年の世界全体の水揚げ量を予想したデータをご覧下さい。


 この表を見ますと、2010年から2030年までの20年間で、世界全体としては23.6%の増加を見込んでいることがわかりますが、唯一水揚げ量の減少が予想されている地域もあります。一番右の列をずっと見ていくと、-9.0%と記されているところがあるのがわかるでしょう。そしてそこがどこかと対応する行の一番左を見ていくと JAP と記されているのがわかります。つまり世界的に見て、日本だけは漁獲量が下がっていくと評価されているわけです。

 日本だけが漁獲量が低迷するのは何故でしょうか。それは資源管理がいい加減であるためです。世界の標準は、船ごとに年間に捕れる漁獲量が決められ、それを超える漁獲はできないという仕組みですが、それでは働き者も怠け者も同じ扱いになってしまうということで、日本の漁業関係者にはなかなか受け入れてもらえないのです。大漁旗をなびかせて「今日はたくさん捕ってくるぞ!」と意気込んで出漁したい日本の漁業関係者には、年間で捕れる漁獲高があらかじめ決められるというのは堪え難いというところがあるのでしょう。また、すでに漁業資源が枯渇してきているため、割り当てられる漁獲量があまりに小さくならざるをえず、そんな割当量ではとても生活できないという実情もあるようです。しかしそのために、たくさん捕りたい漁業者が、普通の成魚だけでは十分な量が確保できないために、幼魚や産卵間近な親魚にまで手を出してしまうということまで行うようになり、今日の危機的な状況を招いてしまったわけです。

 しかしながら、従来のやり方が資源の枯渇につながっており、抜本的な転換が求められているということについては、国内でもっと知られるようになるべきだと感じます。

 資源管理がうまく行っている国では、安定して高い収入を稼げる産業として漁業が位置づけられ、若い人たちもたくさん入ってきます。船も大型化し、居住性のよい中で安定した漁業が行われるようにもなっています。こうした実績が積み上がっている経験から、日本は真摯に学ばなければならないと私は思います。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

1. 学歴社会???

こんにちは♪

ちょっと前に大学運営のことで問題になりましたが、

猫も杓子も大学に進学する風潮があり、それに付随していろんな大学を作りました。


どんな大学に行こうが、大学に行ったことで就職の場が分散されず、

汚い仕事や肉体労働の就く人が減ってしまっているのもあると思います。


わんさわんさ大学を作らせた政府にも問題があると思います。


何故こんな国になってしまったのでしょう???

頭が痛いです。

2. Re:学歴社会???

>アクアさん
アクアさんのおっしゃりたいこと、よくわかります。私も同じような考えを持っています。しかし、教育再生会議の人たちは全く違った考え方を持っていて、日本の大学進学率はまだまだ低いと考えているんですよ。以下のグラフは文部科学省が用意したものですが、こんなグラフを使いながら、日本の大学進学はまだまだだなんて、本気で思っているようです。
www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/html/hpab201301/detail/__icsFiles/artimage/2013/09/09/c_pbl_14_4/1339467_002.gif
実質的には日本ほど「きちんと」大学進学している国民も珍しいんですが、そんなところはまともに見ていないようです。
postsecondaryanalytics.com/wp-content/uploads/2013/05/OECD-EdAttain-Rate-2010.jpg
欧米側が「俺たちの方が優れている」と持出してくるデータをありがたがって、それを追っかけようとしているんじゃないかとしか思えないんですよね。自分の国のあり方なんて、諸外国がどうかなんて全く関係なく、自国の条件にもっとも合ったシステムをただひたすら作っていけばいいだけのはずなのに、自分の国に自信を失った結果として外国の基準に左右されるという悲しい姿になっているように、私には感じられます。

3. お久しぶりです

久しぶりにアメブロゆっくり見てます
今、日本に必要な急務事案は人間形成と学ぶということかもしれません

4. Re:お久しぶりです

>初護ちゃまさん
人間形成とか学ぶということは、とても大切だと私も思います。

5. はじめましてー(^^)

アイドル目指して上京してます(@3@)アメブロあまり詳しくわからないんで、いろいろと教えていただけたら嬉しいです♪いろいろやっているので、情報交換できたらいいなーと思います ♪

6. こんにちわ^^

ブログ読ませて頂きました^^僕も情報発信者として自分なりの生き方など書いてます♪これからもブログ読ませて頂きますね!!それでは~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!