記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカとイスラム国は実はつながっている??


人気ブログランキングへ

 「事実は小説よりも奇なり」ということが時々言われますが、今話題のイスラム国とアメリカとの関係にもこれは当てはまるかもしれません。

 ヒントになるのは、本日(平成26年9月30日)のNHKの報道です。以下はその一部の抜粋です。
リンク先はNHKの報道

 アメリカ国防総省は、イスラム過激派組織「イスラム国」の壊滅を目指す軍事作戦は長期的なものになるとしたうえで、空爆だけでなく地上で「イスラム国」との戦闘に当たるシリアの穏健派の反政府勢力への支援を拡大する必要性を強調しました。(中略)シリアでの作戦を巡ってオバマ大統領は、アメリカ軍の大規模な地上部隊を派遣する考えは否定していますが、地上で「イスラム国」との戦闘に当たるシリアの穏健派の反政府勢力およそ5000人を今後サウジアラビアで訓練する予定です。

 『「イスラム国」との戦闘に当たる穏健派』とは、言葉をもてあそぶのもいい加減にしろといいたくはなりませんか。政府を武力で転覆しようとしているわけですから、過激派と呼ぶべきだと思います。

 この報道から透けて見えてくるのは、実はイスラム国を叩くという建前を利用して、シリアのアサド政権を倒すことが、アメリカの真の狙いではないかということです。

 ところで、公開されたジェームズ・フォーリー氏等の処刑ビデオですが、やらせではないかとの疑いが持たれているのはご存知でしょうか。

 そんな話を持ち出すと、よく出てくる陰謀論に引っかかっているのではないかと言われそうですが、このやらせ疑惑については、イギリスを代表する新聞であるデイリーテレグラフも実は取り上げています。
リンク先はデイリーテレグラフの記事

 International Business Times も、処刑がやらせである6つの理由というのを取り上げています。
リンク先はInternational Business Times の記事

 ここで取り上げられているのは、①ナイフでのどを最低6回掻き切っているのに血が吹き出ないのはおかしいのではないか、②残忍さで知られるイスラム国側が肝心の首の切断場面を動画で見せないのはおかしいのではないか、③殺害を正当化するのにコーランの引用が行われるのが通例なのになぜないのか、④画像の画質が良すぎる上に複数のカメラで撮影してプロの編集がなされているというのは不自然ではないか、⑤砂漠にいるはずなのに黒装束でマスクをしている男の服も靴も砂や埃で汚れていないのはおかしいのではないか、⑥息子の首を切り落とされて24時間も経っていないのに、両親が笑みを浮かべてマスコミの前に登場するとは異常ではないか、というものです。

 他にもいろいろと疑惑が浮かぶ映像で、こんな動画を簡単に信用するのはどうなのかと思うわけですが、当のアメリカ政府はいち早くこの動画を本物だと認定して、イスラム国への攻撃をする決定を下しました。ということは、アメリカ政府とイスラム国は表面的には敵対しているように見えながら、実は裏でつながっているのではないかとも考えられるわけです。

 そもそも、イスラム国が自らの存続を最優先して行動するとすれば、アメリカ人の処刑の公開などという愚かなことは恐らくしないのではないかとも思うわけです。サダム・フセインがどう倒されたかをよく知っているはずの彼らが、世界最強の軍事力を誇るアメリカを挑発することを進んでやるとも、私にはどうも考えられないわけです。

 私にはまだ全体像が見えておらずもやもや感が漂いますが、裏では予想外の謀略が動いていると考えるのが合理的なのではないでしょうか。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

1. ウクライナと同じ構図

ウクライナ問題の発端もプーチン失脚を狙った米国(資源メジャー)のマッチポンプだったことが明るみになっていますから、イスラム国についてもなんらかの謀略があるという見方は間違っていないと思います。それにしても世界はきな臭いことばかりですね。

2. Re:ウクライナと同じ構図

>さむらいさん
ありがとうございます!
「憲法9条がありさえすれば平和でいられる」というのとは全く違った世界が現実であり、謀略と謀略のぶつかり合いの中で世界が動いていることを感じます。

3. Blogを拝見させて頂きました(*^^*)

私もブログを書いているんですが内容が偏っちゃって(´ー`*)
私は最近、ハマっているバイナリーのブログを書いてます(人´∀`)
私のブログも「こうした方が良いんじゃない?」って事があればレクチャーお願いします★

4. 無題

日本国内にもアメポチ売国奴がいますからね

あり得ますよね

5. Re:無題

>鼻毛《アベ不支持会員No.2》さん

 イスラム国を叩くのであれば、イスラム国に国土を蹂躙されているシリア政府の支援をまずすべきなのに、シリア政府の反政府勢力の肩入れをするというのですから、とにかく論理が無茶苦茶ですよね。アメリカとは怖い国だと、改めて思います。

6. 訪問させてもらいました★

ども!勉強のためおもしろそうな記事を探していた所です(=^・^=)とってもユーモアある記事だと思います♡伝え方は人それぞれの方が楽しいですよね☆ブログ続けるのって大変ですよね汗。でも頑張りましょうね(。・・。)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。