記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソニーの Xperia に中国のスパイウェアが混入している疑惑あり!

 
人気ブログランキングへ

 ソニーの Xperia に中国のスパイウェアが混入している疑惑があることは、皆さんご存知でしょうか。内部ストレージになぜか中国でインターネットサービスを提供している百度(Baidu)のフォルダが生成され、この baiduフォルダを削除してもOS起動時に自動的に復活するという現象があります。



 さらに Xperia が中国のサーバーに謎の通信を行っていることも確認されています。以下の画像の通信先の国家として、Country:China Region:Beijing City:Beijing ISP:China Unicom Beijing などと表示されていることをご確認下さい。なお Beijing というのは北京のことです。



 ソニーが中国での営業強化のために中共側に媚びた結果なのか、ソニーに紛れ込んでいる中国系の技術者が組み込んだものなのか、中国で販売する機種と日本で販売する機種との区別をつけないで製造してきた結果なのか、中国で仕事をすることの多いビジネスマンの利用を想定して設計したものなのか、はたまたそれとは別の要因なのか、よくわかりません。ソニー側は、baiduフォルダは MyXperia(と一部のサードパーティアプリ)の動作に必要な機能によって生成されるけれども、ユーザーデータを集収して勝手に中国サーバに送信することはしていないとの説明を行っていますが、額面通り信用するのは難しいでしょう。日本で利用するのにBaiduに依拠しなければならないサービスがあるとは思えません。また、ソニー自体も今後においてはBaiduプッシュ通知システムは中国市場向けのモデルでのみアクティベートされるよう変更する方針だそうです。

 既に中共側は日本に対して戦争を仕掛けており、また中共側は伝統的に情報戦を極めて重視していることに対して、我々はあまりに無頓着ではないでしょうか。このXperiaに関わる話はこのことを明瞭に示しているように思います。

 すでに多くの国がスパイ行為疑惑の観点から、中国企業をインターネットサービスの分野から締め出している中で、日本では今なお華為(ファーウェイ)などが普通に浸透しています。

 海外勢への情報窃取に対して厳しい罰則を規定し、国内企業にも正しく注意喚起を行うべき時ではないでしょうか。


人気ブログランキングへ

なお、本記事は主として以下の記事を参考にいたしました。
http://smhn.info/201410-xperia-spyware
http://getnews.jp/archives/692519


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

1. はじめまして。ヨウコです(^^ゞ

アメブロ検索でヒットして面白そうだったので記事を読ませてもらいました。とても参考になります(^^)是非、お互いに情報交換できたら嬉しいです。暇があれば 私のブログも覗いてみて下さい★ 失礼します(^_-)-☆

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。