記事一覧

次世代の党に経済政策は期待できない



 衆議院が解散となり、来月14日に投開票が行われることになりました。今回の選挙ではどの政党に投票すべきかは、非常に難しい選択だと感じています。

 安倍自民党が外交・防衛において大きな仕事をしてきたことについては疑う余地はありません。こうした分野においても不十分だと思うことは多々ありますが、安倍総理以外の方が総理になったとして、この状況がより好転したとはとても思えません。こういう点においては、安倍総理を支え、自民党を応援するというのは1つの考えだとは思います。

 とはいえ、自民党の中にも未だに親中派・親韓派=反日派が多いことから、自民党よりも次世代の党を推すべきだという考えの方もいらっしゃるでしょう。親中派・親韓派がほとんどいないという点では、次世代の党への期待を持つのは素直な気持ちとしては理解できるところです。

 ただ、私のように安倍自民党の経済政策に対して極めて厳しい見方をしている立場からすると、その安倍自民党の経済政策に対する不満から次世代の党を支持する側に回るというのは、ありえない選択肢だというのが私の考えです。

 次世代の党のウェブページに飛んで、基本政策を確認してみて下さい。
次世代の党の「基本政策」


 基本政策の3番目に「財政制度の発生主義・複式簿記化による「賢く強い国家経営」への転換」という見出しがあり、ここに7つの項目が列挙されています。これを見ていけば、分厚い中間層を日本国内に作り上げていくという発想が全くないことに気がつきます。

 まず7つの項目のうち最初の2つを見てみましょう。

財政健全化責任法の制定による政府の国家経営に関する責任の明確化
② 中長期財政計画の策定と予測・実績対比による戦略的な財政運営


 国家財政はその増減が民間消費や民間投資に与える影響まで含めたマクロの視点でみなければいけないものであるのに、国家財政単体を他から切り離してミクロの視点でのみ捉えようとする狭隘な視線に陥っていることを、はっきりと示しています。

 次の2項目を見てみましょう。

③ 次世代への負担の先送りを防ぐため、ムダとバラマキの温床となっている移転支出(H26一般会計・特別会計予算純計31兆9,095億円)を大幅削減した上で、直間比率の見直し等、税制の抜本改革を進める
④ 所得課税の軽減・簡素化(フラットタックス化


 生活保護などの移転支出を「ムダとバラマキの温床」だと断じています。不正受給の対策は考えなければならないにせよ、移転支出を原則「悪」と見る見方には私は賛同できません。「直間比率の見直し」とは、所得税や法人税などの直接税の割合を低下させ、消費税などの間接税の比率を高めるという政策です。お金持ちの人たちの所得税が支払う所得税を小さくして消費税の比率を高めていけば、税の逆進性(所得が小さい人ほど収入の中で支払う税金の割合が高くなること)が強まることは明らかです。このことは④のフラットタックス化と合わせてみると、より明確になります。

 次に5番目の項目を見てみましょう。

⑤ 世界中から資本を集めるため、法人実効税率を大幅に引き下げる

 世界最大の債権国=世界最大の資本供給能力を持つ金持ち国であるはずの日本が、どうして世界中から資本を集めるために法人実効税率を大幅に引き下げる必要があるのでしょうか。上場企業の半数以上が無借金経営を誇っているように、本来外部からお金を借りてでも投資を行うべき立場の企業に、わざわざ借りるまでもなく儲かると見たら投資に向けたいお金が山のようにあります。国内資本が不足していて外資頼みにしないと国内投資が進まない発展途上国とどうして同じ政策を採用する必要があるのか、さっぱり理解できません。

 ここから浮かび上がってくるのは、アベノミクス第三の矢に示される構造改革路線を、次世代の党も明確に賛成しているのではないかという疑念です。実際、基本政策の4番目の「世代間格差を是正する社会保障制度の抜本改革、徹底的な少子化対策」の中にも、例えばTPPで大問題になっている「患者の選択肢を広げるための混合診療の解禁」とか「より付加価値の高い産業に労働力が円滑に移動できる流動性の高い労働市場を形成」といった文言が並んでいます。

 しかも基本政策の5番目は、既得権益の打破(規制改革)による成長戦略と「賢く強い政府」の実現」なのです。この5番目の項目には「経済成長を阻害してきた岩盤規制の打破、「農業」「医療・福祉」「エネルギー」等への新規参入の促進」とか、「自由かつ公正な市場を守るために必要最小限度の規制・ルールへの転換」とか、徹底した競争政策(②補助金からバウチャーへ、②新規参入規制の撤廃、③敗者復活を可能とする破綻処理制度)による競争力の強化」とか、「国益を踏まえた自由貿易圏の拡大とか、徹底的な行財政改革、政策立案体制の向上と国会議員定数の削減 」という項目が並んでいます。ここには、国民生活を守るために国家が経済に介入することをそのまま悪だとみなす新自由主義の主張がそのまま表れています。

 基本政策の6番目の「安全かつ安定的なエネルギー政策(新エネルギーの開発・原子力技術の維持)、電源多様化による脱原発依存」にも、発送電分離を含む市場改革を通じた自然エネルギーの活用の拡大」が盛り込まれ、電源の安定供給よりも市場原理主義を優先する考え方を採用し、自然エネルギーに対する現実離れした高い評価を行っていることが見て取れます。それは同じ6番目の項目の①に、「メガフロート上の洋上風力発電等により水素を生成し、燃料電池のエネルギー供給システムを構築」にも表れています。

 基本政策の8番目には「地方の自立、「自治・分権」による日本型州制度の導入」が謳われ、「中央集権型国家から地方分権型国家へ」とか、「内政は地方・都市の自立的経営に任せる」とか、「日本型州制度への移行、国の役割を外交・安全保障・マクロ経済政策等に絞り込み強化」といった項目が並んでいます。日本の各地方がそれぞれの繁栄を求めて競争し、勝ち組と負け組が生まれていくのを、「競争の結果」として容認する考え方がこの底流にはあります。

 ここまで過激な改革を指向する政党が果たして「保守」なのでしょうか。反日的ではないという点では評価できるにせよ、新自由主義(資本主義原理主義)の立場から人々の暮らしを支えてきた社会基盤を「岩盤規制」と位置づけてその打破を目指すような考え方が、日本古来の美しい伝統を守り復活させようという立場と両立するとは全く思えません。党首が郵政民営化に反対して自民党の離党を余儀なくされた平沼赳夫氏であることから、その政策をきちんと検討もしないまま、勝手な誤解が生まれているのではないかと思わずにはいられません。

 このような点で、次世代の党を応援していこうという考えには私にはなれないということを表明しておこうと思います。

スポンサーサイト

コメント

1. 参考になります

自民党か次世代か、或いは白紙投票か悩んで、いろんな方のブログで情報収集しています・・。

今回の記事、たいへん参考になりましたm(_ _)m。

2. 私も軌道修正です。

私も今朝、この記事を読みました。

全くなっていません。
中韓に強く出るだけで、経済の軸となるのは
改革マニアの松田まなぶでしょうか?

白紙は自民党に呼び水ですでダメでしょうが、
「次世代の党」の選択肢も無くなりました。

今は、候補者が立ってくれれば「維新・新風」
でない場合は「共産党」に投票の考えです。

3. “次世代“、がっかり

次世代の党の経済政策について調べようと思っていました。
わかり易い解説をありがとうございます。

次世代・・・ほぼ“維新の会“ですね?がっかりです。
あぁ、どの党に投票すればいいのやら・・・。

4. 無題

アベ自民に対して、賛成か反対の選挙でしょ?

自民は当然、連立の公明もそう

細かいイシューが問われるのは、勝つであろう政権与党のみ、まあ勝ってもやらないけどねw

変な話、野党は何でも売国アベ自民に文句を言えば言い訳

その辺が解っていない気がしますね、今回の記事は

三橋さんもそうですし、朝香さんも、細かい事を知り過ぎて、おおざっぱに考えられなくなっている気がします

そこまで細かく考えても、現実は動かない

アベの売国を許すか、許さないか

それだけなんですよ

5. ふらりと寄りました

どこから舞い込んでしまったのかは分かりませんが、初めましてニートです。素敵なブログを書かれるんですね。きっと充実した毎日を送っていらっしゃるんだと思います。私のはゆるいブログですが良かったら見て下さい。

6. Re:参考になります

>らんだあさん
悩みますよね。どこにも投票すべき先が見つからず、私も本当に困っています。

7. Re:私も軌道修正です。

>YUUYAさん
そうなんですよね。生活を守るという見地だと、共産党というのも選択肢に入らざるをえないですよね。反日政党であることに加えて、国土強靭化に反対し、積極財政を押し進めているわけではないことなどで、今ひとつ推す気にはなれないのですが、安倍自民党への抵抗勢力として最も信頼に足るという見地では、選択肢になりますよね。
「維新・新風」にしても、仮に候補者を擁立したとしても、議席を取れる力が比例区でもまだないのも投票しにくいですよね。政策的にも、「直接税から間接税主体の税制に」とか「相続税・贈与税廃止」とか「小さな政府」とか「地方分権」とか「国債依存財政からの脱却」とか「規制緩和の促進」とか「家制度の見直し」を前提とした「社会保障制度の再編成」とか環境政策での「京都会議の方針厳守」とかを掲げているところでは、私は自分と同じ考えとは到底思えないと感じるところがあります。

8. Re:“次世代“、がっかり

>みさか明さん
まさにその通りで、こんな政策を掲げているのであるなら、どうして維新と分かれたのかと思うような政策内容なんですよね。なんでまともな政策を掲げた政党が1つもないのか、頭を抱えざるをえません。

9. Re:無題

>鼻毛《アベ不支持会員No.2》《自民党不支持会長》さん
安倍自民党が売国であるのとは違う意味で民主党にせよ、共産党にせよ、売国ですよね。維新とか次世代にしても新自由主義政党である点で売国政党だといえるでしょう。最終的な議席として配分された場合に、現在よりも相対的にどの政党の位置が大きい方が弊害が相対的に小さくなるかを考えて、それに近づけるように投票行動を考えるしかないと思っています。

10. Re:Re:私も軌道修正です。

>朝香豊さん
返信有難うございます。
維新・新風はそんな政策を掲げていたのですか!
知りませんでした。

私の中立・中道路線…
(これは他人に説明するのが難しいです。
日本人は極論に振れ過ぎる為でしょうか?)
とはかけ離れています。

維新・新風は政府発行紙幣を政策に出していた記憶があるので、積極財政派か?
と思っていました。

私は、共産党に入れる事を検討しています。

11. Re:Re:Re:私も軌道修正です。

>YUUYAさん
YUUTAさんと私の指向性は似ているんでしょうね。
私も共産党に入れることを悩みつつ考えています。実は前回の参議院選挙の時には共産党に入れました。反日・偽イデオロギー政党でさえなければ、残りの違いは無視して共産党を応援しますね。
日本の財政規模は対GDP比で見た場合、先進国中ではかなり小さい方であり、この20年間の財政の伸び率では世界182カ国中最低=世界最大の緊縮財政採用国だということさえ知らずに、バラマキによって財政が悪化したとどの政党も考えているようです。どの政党もマクロ的な発想を持っては財政を見ることができないようで、実に残念です。

12. ☆☆☆

ども♥日本のブログ探していたらここまでたどり着きましたとっても面白い記事だと思います。私もブログやっているので参考になりました!私はヨーロッパを旅しながら書いているのでよかったら遊びにきてください。

13. コントしに来ました!

優香といいます。はじめまして。いろんな人のブログを見ていると、勉強になることがたくさんありますね!時間があれば私のブログにも遊びに来て下さい ☆

14. 管理通貨制度

はじめまして。

わが国は、管理通貨制度ですよね。

ということは、無担保無制限に通貨を発行できるのですから、財政再建は愚か財政という概念自体存在しないも同然ですよね。

要は、どんなに借金しても(通貨の発行)お金を回すことによる、物やサービス、インフラや設備が充実することそのものが、国益であり税であり、本来の目的ですよね。

ですから、税金を取るということは、お金が無いからではなく、莫大に所得や資産を持っている者が、買占めなどによる実体経済の悪影響を未然に防ぐ為と理解しています(だから直接税>間接税の方が良い)。

ものすごく巨大な権力です。

新風の話題が出ましたが、どうも「半固定相場制」を目指すとか。現状ドルとの本位制に移行することとなるでしょうから、その権力を捨てようとしているのではないでしょうか。

経済が疎いのではなく、確信犯なのではないでしょうか危惧しています。

15. Re:管理通貨制度

>Suraさん

コメントありがとうございます。

物価上昇のコントロールは決して金融政策だけによるものではなく、財政政策も担っていると考えます。また、累進課税などの財政手段はそれ自体が景気の調節弁や富の再分配の機能もあり、これを制度的に弱めることも、おっしゃる通り不合理だと思います。

財政問題の全体像は確かにわかりにくいものだと思います。ニューディール政策についても誤解があって、均衡財政主義のフーバーに対してニューディール政策を掲げたルーズベルトが勝利したかのように言われますが、実はルーズベルトにしても就任当初は財政均衡主義で、不況の原因の一つは政府の出した赤字のせいだとして、歳出を減らす政策を押し進め、マスコミもこの政策を大絶賛していました。「安易」な財政を非効率だと避難し、「ムダ」をなくすことで経済が効率的となり、経済の活力が回復するのだという考え方は、単純素朴なものとして常にあるのではないかと思います。

16. 初めまして

久しぶりにアメブロを見ていたらこのブログに行き着きました。ブログの世界感が私と違って面白いと感じました。私のところにも来ていただけるととっても嬉しいです。また、お会いしましょう。ありがとうございました。

17. ぬるま湯は好きですか?

ここでの分析を読むと、次世代の党以外の、自民党・共産党・その他党の思う壺に感じられますね。
当選させたくない人、当選させたくない党、その辺が鍵かな。ゆで蛙の日本人はヤバイかもしれない。

18. Re:ぬるま湯は好きですか?

>ピョンピョン丸さん
ひとそれぞれの考え方があるということではないでしょうか。
私はもともと国民生活の安定のためには経済に国家が介入する必要は当然あるという立場でして、純粋な資本主義であるほどよいという考え方ではありません。厳しい条件に置かれた方がハングリー精神を発揮するのだとか、真のアニマルスピリットは追い込まれた時ほど発揮するものだという考えがあるのは承知していますが、現実はそうは動いていないのではないかというのが私の考えです。社会主義的に見えることはろくなものではないという立場もあるかと思います。しかし私はそこには組していないということです。その前提が違っている以上、考え方が平行線を辿るのは致し方ないかと思います。

19. お初です☆

初訪問です☆今貴方の記事色々みさせてもらいました☆とてもお上手ですね☆私もブログ書いているので大変勉強になりました☆ブログに関してはまだまだ未熟者ですが仲良くしてください!おじゃましました♡

20. どうもニートです

色々総合して「自民党」には入れられないです。
やっぱり外国人への生活保護の割合が日本人
に比べて大きいと言う点。

そしてこれが日本の財政を困らせているという現実、更に「働く人達」を馬鹿にしていると言う現実です。
アルバイトもできるのに、生活保護減らされたりするから親から働くなと言われてる人は実際にいます。年齢は30代の女性です。
ネットでコッソリ物を売ってるそうですが、バレたらやばいと思いますね。
それをしようともしない自民党では今後、怠惰な日本人ばかりが増えるだけでしょう。
彼らの多くは「共産党や公明党の支持者」になるからです。

生活保護を受けられない人が彼らの支援を受けるだけで受けられるからです。

自民党「移民」やってますよね。「外国人研修生・実習生・留学生→半分が行方不明・帰国せず・犯罪に手を染める」

安倍さんが国会で「外国人参政権は断固反対」の言葉を口にしなくなったのも、不法滞在外国人らを移住させるつもりなんですよ。竹中に洗脳されたんですかね。

次世代の党を駄目だと言うのは構いませんが、では「代案」は?

批判するだけなら民主党()でもできますよ。
親中・親韓派が日韓議連等に名を載せている限り、弱い日本のままですよ。

自民党は殆ど「ヘイトスピーチ賛成」です
民主党案なので罰則は無い物の、デモは許可されなくなります。すると嫌韓の人は声をあげる事すら禁止される事になります。ネットで「韓国嫌い」が規制されれば、情報発信もできなくなります。

人権擁護救済法
人権救済法
人権擁護法

をかなり弱くしたものだと思いますよ。

維新の党の中にも
次世代の党の中にも
「ヘイトスピーチ規制反対」
「憲法9条改正賛成」
「河野談話見直せ、村山談話も見直せ」
ってのはいます。

政党ではなく、議員個人を見て投票してください。
お願いします。

21. Re:どうもニートです

>横田賢次さん

 私も自民党の政策について賛成できないゆえに、次世代の党に期待を寄せていたところがありました。しかしながら、その次世代の党の政策を見て、現在の自民党の進めている方向のうち止めてもらいたいものがほとんど入っていないことに気付いてしまったというのが実際です。さらに言えば、妥協することすらできないほど違和感のある政策項目がずらっと並んでいることに、心底落胆したというのが実際です。

 私は最終的な議席がどうなりそうかを考えて投票します。現在安倍政権が押し進めている、格差拡大・弱者切り捨ての新自由主義的改革を止めるためには、どこの勢力が大きくなるのが好ましいかという判断も、1つの判断でしょう。

 次世代の党が新自由主義的政策を掲げたことを、実に残念に思っています。

22. 次世代の党は、経済政策綱領を見直し党内の市場原理主義を一掃して国民経済主義に立脚した新しい経済綱領を打ち出すべし!

次世代の党は、維新の会やみんなの党などといった市場原理主義政党から流れてきた人達が多いせいか、経済政策は、新自由主義的な空気をかもし出している!
しかし、それらは自民党の第三の矢をなぞるモノでしかなく、反国家、反国民、国家解体の一里塚、道標を示すものでしかない!自民党のアベノミクスが本来の意義を捨て去り、巨大独占企業体(グローバル企業)の走狗となり下がろうとしている現在、この流れを押し留め、世界でもっとも健全でまっとうな日本の資本主義を守り、国体を維持して行く事こそが、真の保守政党の努めであると考えますが?いかがでしょうか?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!