記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日新聞の「知る沖縄戦」の偏向ぶりを許すな!



 朝日新聞社「知る沖縄戦」という教材を作成し、教材として使用することを希望する学校に無償で配布していたことに関連して、大阪府松原市の小学校が授業で使用した後で記述内容を「不適切」と判断して回収していたことがあきらかになったとのことが、産経WESTに掲載されているのを見つけました。

リンク先は産経WESTの記事

 私はこの「知る沖縄戦」という教材を見たことがありませんが、産経WESTによると「昭和20年の沖縄戦について、県内の戦争体験者らへのインタビューを交えて解説。日本軍が沖縄住民を虐待する場面が繰り返し登場する」ものとなっているのだそうです。『授業後に児童の一人が「日本の兵隊が沖縄の人を多く殺したとか、日本の悪いことばかりが書かれるのはなぜなのか」と保護者に相談』したとも書いてあり、この教材は完全に自虐史観に染まったものなのでしょう。

 ところで、歴史を冷静に振り返ってみたいのですが、敗戦後の日本の統治を考えた場合に、アメリカの立場にしてみれば、沖縄を日本から独立させた方が日本の弱体化につながり、当時の戦略的目的に合致していたと言えるでしょう。そして当時の沖縄戦で朝日新聞が主張するように日本兵による沖縄の人たちに対する残虐行為が一般化していたならば、沖縄における独立の機運は極めて容易に高まっていたことでしょう。

 ところが実際にはそれと真逆の動きが沖縄ではありました。1950年の末頃に「アメリカの対日平和条約に関する七原則」が公表され、沖縄が日本から切り離されて米国による「信託統治」の地域となることが公表されると、翌1951年には「日本復帰促進期成会」が結成され、このもとで日本復帰の署名運動が開始され、3ヶ月で有権者の72.1%に達する署名を集めたのでした。

 もし日本軍が沖縄の住民を盾にして自らの身を守ろうとしていたといったことが一般化していたならば、沖縄県民が日本からの独立を志向するのは当然であり、そこにアメリカは容易に入り込んで自分たちの戦略目的を容易に達成させることができたでしょう。それが全くできなかったところにこそ、朝日新聞の作ったこの教材がいかに偏向したものであるのかが窺い知ることができるのではないかと思います。

 以下に沖縄県公文書館におさめられている資料2点を掲載させていただきます。第1点は1952年の「国旗掲揚に就いての請願書」であり、日の丸を掲揚するのを認めてもらいたいとの文書です。(残念ながら全文は掲載できていません。)もう1点は1953年の「沖縄諸島祖国復帰期成会趣意書」であり、当時の沖縄の人たちの心情がよく伝わってくる文書です。(活字がぼけていて読みにくい点はご容赦下さい。)

 こうした文書との整合性と照らし合わせて、朝日新聞の「知る沖縄戦」を読むならば、如何に朝日新聞が偏向しているのかが明らかになるのではないかと考えます。



国旗掲揚に就いての請願書

沖縄諸島祖国復帰期成会趣意書

スポンサーサイト

コメント

1. 歴史認識として

確かに、朝日新聞の記事の取り方には偏ったものがあるとは思います。しかし、この朝日の記事に書かれていることが、「嘘」ではないことも事実です。
もちろん一人ひとりの軍人を見れば、沖縄に対して悪意を持っていたとは思えません。でも、証言者の方々の「思い」は一つの事実です。
さて、このブログ記事について、私見を述べるなら、戦後の沖縄は「独立」という選択肢は与えられませんでした。つまり、戦後処理の中でかかわったどこの国も「新たな領土を手にしない」ことを前提として処理がされたので、沖縄はそれまで属していた「日本」にもどることは既定の事実であり、それまでの間アメリカの信託統治下におかれていたというだけです。
沖縄の人たちが日本への復帰を望んだのは、「日本人」なら当然でしょう。アメリカ支配下の沖縄が決していい状態でなかったのは歴史的にあきらかです。アメリカにとどまるか、日本に戻るか、その選択において日本が選ばれただけです。「復帰運動」はそこに希望を感じていたからです。現実には「基地なし本土並み」という思いもむなしく復帰が行われたわけですが、それでもなおそのことと、戦中戦前の日本本土(の指導者)が沖縄にしてきたことに対する沖縄の人たちの思いは決して相反することではありません。
朝日の新聞記事が一側面しか伝えていないのは事実ですが、それは全否定されるべきものではありません。社会全体の意見寮からいけば、現在の教科書の有り様を見れば、教科書の記事に書かれていない情報を提供するものとして、副教材としての意味は十分に果たしていると思います。

2. Re:歴史認識として

>命どぅ宝さん
コメントありがとうございます。
私自身が本文で記載したように、この教材を実際には読んでいませんので、「嘘」に関してはあったかなかったかは単純にはわかりません。ただ、例えば、渡嘉敷、座間味両島で起きた集団自決を軍命によるものだと断言するような、いわゆる左側の人たちの思い込みを何らの検証も行わずに正しいとし、それ以外の考えや事実や証言を最初から排除するような姿勢があるのではないかとの疑いは、普通に持ってしかるべきではないかと思います。
戦中において沖縄で壮絶な犠牲が生まれたことは当然否定できません。方言に対して過剰ともいえる反応を生み出したことも事実でしょうが、それも戦争という極限状況の中ではやむを得なかった側面も私はあると思います。同様にして、極限状況の中で自分の命の保身に走って住民を犠牲に追いやった本土の軍人もきっといたことでしょう。しかしながら、それを日本軍が組織的にそのような行動を行ったというのとは、明らかに区別すべきところではないかと思います。このあたりを敢えて意図的に混同し、旧日本軍が残酷非道な軍隊だったと結論づけるのは、フェアな立場だとは思えないのです。
「親米保守」の人たちが、アメリカによる統治が行われた時代が「善政」だったことを高く評価する点には、私も違和感を感じます。彼らが日米地位協定の抜本改定にも消極的であることには怒りも覚えます。と同時に、沖縄側を一方的に被害者、本土から来た日本軍を一方的に加害者のように位置づけるステレオタイプのものの見方にも大きな問題があると考えます。オスプレイ配備反対も本当にオスプレイの危険性を冷静に見たものではなく、極めて感情的な議論にしか立脚していない点も不愉快に思います。
沖縄に関する現代における悲劇は、冷静に事実を丹念に見つめる冷静さを許さなくなっているところでしょうか。そのことに朝日新聞をはじめとする本土のマスコミや沖縄タイムスや琉球新報に大きな責任があるとは言えないでしょうか。

3. 国体護持の為の捨石となる事勿れ

>「存立事態」明記の法改正検討 集団的自衛権行使向け:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASH195TZ4H19UTFK00J.html

>安保関連法案、「イスラム国」に適用困難との認識 首相:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASH225HT2H22UTFK00G.html

白虹日ヲ貫ケリ~♪(プゲラ)(#`▽´)y-゚゚゚ ウケケケケケ
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
お~い! アベちゃ~ん♪ ( ̄▽ ̄)ノシ

日本国にとって大事なのは、天皇家の血筋なんかぢゃないぞお~♪ (*´m`)=3

日本国にとって大事なのは、国民の保護だぞお~♪ ( ̄▽ ̄)b

国体の護持(プゲラ)なんかの訳が無いぢゃん♪ ┐('~`;)┌

あっ! そ~だ♪ ヽ(´ー`)ノAHA
天皇制が無くなったら、国体護持も必要無くなるんぢゃないかニャ?(ニッコリ)m(ΦωΦ)/ > 安倍晋三ちゃん♪

m9(゚∀゚)Идиот!> номенклату́ра
נומנקלטורה עמלק
Ceterum autem censeo, Nomenklaturam esse delendam.

4. Re:国体護持の為の捨石となる事勿れ

>春九千(chunjiuqien@infoseek.jp)さん
「国体」というのを、単なる君主制と考えるならばなくてもよいということになるでしょうね。しかしながら、権威として上に立つものが権力や財力を有しないという国のあり方、権力や財力の濫用を戒める社会体制の象徴として陛下が存在するということには、意味があると私は思います。国民をていのいい労働力としてのみみなす考えでなく、「おおみたから」と考え、大切にしていくというのが国体の基本精神ではないでしょうか。それに沿った政治が行われていれば、国体を大切にしていると言えますし、それに沿った政治になっていないならば、国体を疎かにしているということになるのではないかと思います。

5. 白虹日を貫く

pdf版(*^ヮ゚)σ(http://www.age2.tv/rd05/src/up8840.zip.html)
白虹日を貫く
^^^^^^^^^^^^
沖縄の皆様
二度と再び国体護持のための捨石にされない為に、
以下の二枚のカードを利用されてはいかがでしょうか?
□基地カード
□独立カード

□基地カード
憲法改正により、日本国憲法から天皇に関する条文を全て削除する。
これを、普天間基地の辺野古への移設受け入れの条件にする。
ということが考えられます。

□独立カード
国体護持の為の捨石にされるくらいなら、
むしろ日本国から独立する。

独立を実現するにあたって、参考となるのがスコットランドです。
マッサンで知名度が上がったスコットランドは、昨年2014年、独立の賛否を問う住民投票を行いました。
沖縄も、住民投票により、日本国からの独立を図られてはいかがでしょうか?

ただし、独立の際に、以下の条件を残留の為の条件にする案も考えられます。
憲法改正により、日本国憲法から天皇に関する条文を全て削除する。

国体護持のために沖縄の皆様が犠牲になった
沖縄戦の悲劇を繰り返さない為に、
天皇制を廃止しましょう

そして、沖縄の皆様
天皇制を廃止するために
一緒に戦いましょう

m9(゚∀゚)Идиот!> номенклату́ра
נומנקלטורה עמלק
Ceterum autem censeo, Nomenklaturam esse delendam.

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。