記事一覧

安倍総理をヒトラーに見立てて批判するのは不見識だ!


人気ブログランキングへ

 昨今、安倍総理をヒトラーに見立てて批判することが随分増えてきたように思います。例えば、日本共産党の池内さおり氏は共産党の赤旗祭りの会場で安倍総理をヒトラーになぞらえるように加工した写真をドラムにはりつけ、そのドラムを盛んに叩きました。この池内は今回の衆議院議員選挙で当選し、現在衆議院議員となりました。



 紅白歌合戦でもサザンオールスターズの桑田佳祐氏が付け髭をはやして安倍総理をヒトラーになぞらえて、間接的に批判しました。TBSのサンデーモーニングでも「群衆」をテーマにしながら、ヒトラーが群衆操作のために経済政策を使っていたなどとして、ヒトラー政権と安倍政権との類似性を打ち出すような番組作りをしていたようです。

 他にもいろいろとあり、マスコミにもこうした論壇がよく登場しますが、こうした批判はフェアではないと言わざるをえないでしょう。

 まず第一に、日本においてはこうした反体制的な意見が国内で自由に表明することができるだけでなく、メジャーなマスコミにおいても普通に取り上げられているということがあります。そしてそのような批判を行った人たちの社会的地位が剥奪されたといった話は皆無です。これに対してナチスは1933年1月に政権を取った後、直ちに社民党系の官吏を追放してゲシュタポ(秘密警察)を組織し、同年中にゲシュタポが行政訴訟の対象外として、際限がないといってよいほどに自由な行動をゲシュタポに与えました。こうしたことにより、国民の言論を徹底的に監視できる制度をナチス台頭の初期段階で築き上げたわけです。こうしたナチス的な行動が安倍政権成立後に日本で行われたのでしょうか。むしろそういうことが行われることが絶対にないことに安住したうえで、安倍総理をヒトラー呼ばわりするという倒錯した事態が発生しているのではないでしょうか。彼らマスコミは特定秘密保護法が成立したら、日本の言論の自由は壊滅すると騒いでいたはずですが、今なお首相をヒトラーと同一視するような現実離れをしたことをやってみせても、何らのおとがめもないのが実際ではないでしょうか。

 第二に、安倍政権は政敵を暴力と強権によって追い払うような所業は全く行っていないという点です。ヒトラーは政権奪取後に政敵を逮捕しては「国家緊急防衛措置」として、裁判を省いてすぐさま処刑するということを繰り返していました。ドイツ国会議事堂放火事件を共産党のせいにし、さらに事件の規模を実際よりも10倍も拡張して報道させるなど、謀略を用いて野党を弾圧することを相次いで行いました。そして緊急令を発令し、共産党の国会議員全員を含む野党の多くの議員を逮捕して国会に出席できないようにしておいて、国会が内閣に立法権を委譲する全権委任法を成立させました。これに類似したことを安倍政権は何一つやっていないでしょう。

 第三に、安倍政権には民族差別的な発想がないという点です。ナチスの親衛隊になるためには、単にナチスが好きだというだけでなく、血統が極めて重要な働きを持っていました。親衛隊を率いたヒムラーは「品種改良をやる栽培家と同じだ。立派な品種も雑草と交じると質が落ちる。それを元に戻して繁殖させるわけだが、我々はまず植物選別の原則に立ち、ついで我々が使えないと思う者、つまり雑草を除去するのだ」と述べています。金髪で青い目をしている長身の北欧人種でなければ入隊できず、1750年までさかのぼって血統的に問題のない者だけが選ばれたのです。親衛隊員には婚姻条例に基づいて親衛隊員の婚姻に問題がないかを調査する「親衛隊人種及び移住本部」まで用意されていました。

 他にもナチスと安倍政権との違いにはいろいろとあるわけですが、こうして見ただけでもヒトラーのナチス政権の異常さが際立っていたことに気付くはずです。これほどまでにヒトラーとは違う安倍総理をヒトラー呼ばわりするのは、あまりにも現実から乖離していると言わざるをえません。

 念のために言っておきますが、私は安倍政権の経済政策は全く支持できません。格差を拡大し、日本をウォール街の金融資本の草狩り場にしたがっているとすら感じるその政策は、ある意味で私の考えているものと真逆ともいえるものです。また、国会を軽視し、経済財政諮問会議などの諮問機関により大きな価値を置いている政治運営の手法にも、民主主義を形骸化させる危険を感じています。しかし、その程度はヒトラーとは雲泥の差と言ってよいほどに大きいものであり、安易に同一視することは許されることではないと考えます。

 ヒトラーやナチスとなぞらえるべきはむしろ中共政府の方であり、さらに言えば中共政府の方がナチスよりもさらに陰謀的で徹底しているとさえ思われるのに、なぜか日本の主要マスコミは中共政府をナチス呼ばわりすることは一切ありません。この日本のマスコミの歪んだあり方こそ現在の日本の姿を象徴的に表しているものだと、私には感じられます。


人気ブログランキングへ
 
スポンサーサイト

コメント

1. こんにちは~

経済~(・・?))私も支持しません

とんでもない政治家が結構、今回の選挙で当選しちゃってますよね~不思議です

2. Re:こんにちは~

>初護ちゃまさん
本当に経済政策が狂っていますね。介護報酬を引き下げにしても、日本人が介護しにくい状態を作って、安価でも仕事に就く移民を受け入れる方向に持っていこうとしているんじゃないかと勘ぐりたくもなります。外交・安全保障においては評価できる面も多いのですが、経済については本当にひどいなと思います。

3. Re:Re:こんにちは~

>朝香豊さんへ
そうですね~今朝の新聞にも介護職員を外国人で増員と書いてありました
何でも技能実習制度の7割が中国の方だそうですよ
尚更、私はこの仕事辞めれなくなりました

4. Re:Re:Re:こんにちは~

>初護ちゃまさん
閣議決定した『日本再興戦略』では「国際貢献を目的とするという趣旨を徹底するため、制度の適正化を図るとともに、対象職種の拡大、技能実習期間の延長、受入れ枠の拡大など外国人技能実習制度の抜本的な見直しを行い、所要の法案を提出する。」って書かれていますが、本音と建前の乖離が甚だしすぎますね。日本の労働者の賃金がどんどん下がって貧しくなることこそ、国際競争力を強化する道だと本気で考えているのでしょうね。家計の支出額は年々下がっているのに、にも関わらず貯蓄率がマイナスになるまで国民窮乏化が進んでいます。いつまでこんなことを続けていくのか、本当に腹立たしいです。

5. 今年も宜しくお願いいたします。

“ずっと反抗期”みたいな議員ですね。(権力者に立ち向かう私ってスゴイでしょ?!)というような感覚もあるのでしょうか?幼稚だし、甘えていると思います。
“まともな安倍政権批判”をする野党議員が、早く登場して欲しいです。

朝香様、今年も宜しくお願いいたします。

6. Re:今年も宜しくお願いいたします。

>みさか明さん
コメント、ありがとうございます。
さて、日頃「ヘイトスピーチだ!」と騒いでいる割に、安倍総理の人権を無視した徹底的なヘイトができてしまうところに、彼らの本質的な人権感覚のなさが反映していますよね。
おおげさに騒ぎ立てないと、左が崩壊してしまう危機感を募らせているという側面もあるのでしょう。もう一歩で意外にもろくも崩れさるようにも感じています。(とはいえ、あと5年くらいは生き延びそうですが。)
こちらこそ、本年もどうかよろしくお願い致します。

7. 安倍政権とナチスの違い

マスゴミは安倍政権を右傾化していると批判しながら、ナチスにもなぞらえていますが、ナチスの正式名称は国家社会主義ドイツ労働党であって極左ですね。右に行ったり左に行ったり、安倍総理も大変ですね(^^;;

8. Re:安倍政権とナチスの違い

>さむらいさん
そうですね。確かにナチスの党名はおっしゃる通りで「国家社会主義ドイツ労働者党」です。ただ、公平に言えばですが、ビスマルク時代のプロイセン王政期に政府により充実した社会政策の実現を要請したラッサールの流れを汲んだ政党で、革命主義的な共産主義政党ではなかったというのも覚えておきたいところです。むしろヒトラーは共産主義政党を徹底的に嫌い、非道な弾圧を加えて非合法化しています。社民党ですら消滅に追いやられました。今日存在するネオナチが極右と呼ばれるように、いわゆる社会主義政党とは随分違いがあるように思います。私の意見では単純に右とも左ともいえない政党で、捉え方は本当に難しいなと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!