記事一覧

サザンオールスターズへの手紙


人気ブログランキングへ

 サザンオールスターズの年末ライブでの紫綬褒章の取り扱いや、歌の歌詞についての批判がネット上で盛り上がりました。これに対してサザンの桑田佳祐氏はラジオ番組を通じて謝罪を表明し、一応幕引きがなされた格好となりました。

 しかしながら、恐らく彼らは表面的な謝罪とは裏腹の感情を今でも持ち続けているのではないかと思います。強い抗議を発することで、彼らの本音をあからさまに表に出しにくくするということにももちろん意味はあるでしょう。ですが、芸能界という社会的影響力の強い舞台で、中韓が取り込み工作を当然活発化させているであろうことにも、私たちは目を注いでおくべきだと思います。サザンオールスターズというグループも周りへの影響力の強さから恐らく工作対象とされてきているのだろうと思います。

 この点から見た場合に、例えば桑田佳祐氏に対して在日認定というレッテルばりを安直に行うことには、私は賛成できないです。彼の出自がそうであるのかそうでないのかは、私にはわからないことです。また在日の方であっても、日本で生まれ育ってきたことに感謝の気持ちを持たれている方もいます。レッテル貼りを行って、どんどんとサヨク陣営の方に彼らを追いやってしまうのは、実に愚かなことだとは思わないでしょうか。

 この閉ざされた情報空間の中で生活をしてくれば、サヨク的な思考に染まるのは普通のことであって、彼らにしても何か特別な陰謀の一端を意図的に担おうとしているわけではないでしょう。すでに染まった思考を持っている人たちに対して話してみたり情報を提供してみたりしてもわかってもらえるかどうかはわかりませんが、わずかであってもその可能性があることを信じて、働きかけを行うことが大切なのではないかと思います。

 今回の事件について、私はA4で7ページにもわたる長い手紙を彼らに書きました。メンバー一人一人に宛てて5通の手紙としました。(文面は同一です。)

 結論を押し付けないで、彼らが恐らくこれまで疑いもなく信じてきたであろうことに対してそれを覆すようなヒントを載せて、そこから先は彼らに考えてもらったり調べてもらったりすることを促してみました。5人のうちの誰かでも心にひっかかりを持ってくれる人はいないかと期待して、今回手紙を送ったわけです。そしてまた、時間を置いて第二弾も第三弾も送ってみようと思っています。

 こういうことを繰り返していく中で、もし彼らが従来と真逆のメッセージソングを歌うようになったとしたら、それは歓迎すべきことではないでしょうか。

 もちろんその可能性は決して高くはないでしょうが、そこを信じて行動していくことにも意味があると思っています。

 私と同じような問題意識を持たれた方が、同じような行動を行って下さることも期待しています。


人気ブログランキングへ
 
スポンサーサイト

コメント

1. 『サザンが歌った「拉致問題」 有田議員が絶賛した理由』

最近、また↓このような嫌なニュースを見ました。

サザンが歌った「拉致問題」 有田議員が絶賛した理由
ttp://www.j-cast.com/2015/04/06232345.html?p=all


・・・解釈によっては拉致被害者およびその家族の皆様を虚仮にしているようにもとれます。
これはもはや「確信犯」と言わざるを得ないと思いました。
(さらに言えば、「アミューズ」という所属事務所の出自についても調べた方がいいかもしれませんね。)

2. Re:『サザンが歌った「拉致問題」 有田議員が絶賛した理由』

>とおりすがりさん
私も歌詞を確認しましたが、平和ボケしている人なら違和感なく受け入れられるものだと思いました。彼らが平和ボケしているのであれば、確信犯とはいえないんじゃないですか。軍事力を背景にできない外交の限界を理解できない素人の発想としてごく自然なものだと感じるのです。むしろ、そうした素人ながらも拉致問題を歌詞にした歌を歌い、拉致問題を広報してくれている点は、評価してよいとも思います。甘いですかね?

3. コメント返しありがとうございます

 なるほど、確かにサザンオールスターズっていうのは、その時々のタイムリーなネタ(いわゆる時事ネタ)を歌詞に入れてくることがありますよね(曲名は忘れてしまいましたが、以前には小渕総理(当時)の所信表明演説の一部を歌詞に入れた曲もありました)。まあ、要は(良くも悪くも)「軽い」ということでしょうか。
 この辺のことはもう少し様子を見ることにします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!